今の私



17年前に通ってた整体の学校の教材です。
今おもえばほんと薄い知識でした(^-^;
でも、今までやってきたこと、学んだことは一つも無駄にはなってない。
治療家として医療従事者として、パーソナルトレーナーとして、今の私を作ってくれた。
有りとあらゆる視点で患者を、クライアントをみることができてる(と、自分では思ってる(笑))
「こいつ、生意気な!」「なにひよっこが粋がってるだ!」とか言われそうだけど、ここ数年で一つ胸を張れることがある。

それは、「整形外科にいって診てもらってください」、「それなら、専門の他のトレーナーさん紹介するので一度みてもらってください」
です。

要は自分の限界を認め、患者、クライアントの利益(改善)を最優先に考えるということです。

これ、できてる方、あまりいないように思います。

以前の私も「うちでなんとかしてあげますよ」とか言って囲ってましたね。
自分の知識、能力を過信し、背伸びしてたんです(ー_ー;)

他にクライアントとられたくなかったんですね。
これ、エゴですよね。

本当に患者、クライアントさんを考えるなら、自分の限界、できる領域を認め、専門家に託すべきだと思います。

もちろん、託す相手も自分で「この人ならぱ託せる」と思える人を紹介しますけどね。

私は、クライアントさん、患者さんの利益(痛み緩和、機能改善など)を最優先に考え、自分の能力、領域を踏まえて他へ託せること、「見極める」ことができる治療家、トレーナー、セラピストが増えたらなあと個人的に思います。

同じ思いの方がいたらいいなあ。

関連記事一覧