[腸内環境] ダイエット

前回「腸内環境とは?」
とお話しました。

腸内環境には、いくつか効果というのが
あるのですが
今回は「ダイエット効果」
に関してお話します。

まず腸内フローラ というのがあります。

 

これは、腸内の善玉菌悪玉菌のバランスのことです。
そして、もう一つ日和見菌といって
多い方に加担する菌があります。

善玉菌とは乳酸菌やビフィズス菌などです。
効果は悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動をうながしたりします。

悪玉菌とはウェルシュ菌(多いと食中毒の原因になる菌)などで、腸内で有害物資を作ったりします。
悪玉菌は、脂質、動物性たんぱく質を好み、悪玉菌を増やします。

 

もし、善玉菌より悪玉菌のほうが腸内で増えたらどうなるか?

日和見菌が悪玉菌に加担し、さらに増殖します。
そして、便秘や下痢などを誘発し、お腹の調子が悪くなります。

そうすると、当然小腸からの吸収率が下がります。
なので多くの食べ物をとり、栄養素の吸収を補おうとします。

いわゆる、食べ過ぎです。
食べ過ぎるとカロリーオーバーしますから、太りますよね。

でも、善玉菌が優位になるとどうでしょう?
まず日和見菌が善玉菌に加担し、同じような作用に働きます。

そうなると、消化もよくなるので、
消化できにくい食物を身体によい栄養物資へ作り替えたり、
食べ物の栄養素を無駄なく吸収できるようになるため、
少量でも満腹感がでるので、
食べ過ぎを防ぎます


また、腸の動きが活発になると…..
今まで腸内に溜まってた老廃物を排泄
↓ 
腸の内側からキレイになる

肌トラブルが解消に向かう

免疫力高まる

健康的になり、アクティブに。

適度な運動をし、新陳代謝がアップする

脂肪燃焼しやすい身体になる

余分なカロリーを消費する

という風になり、
ダイエットに対して追い風になる
ということです。

なので、皆さん、腸内フローラを考えて、ビフィズス菌や乳酸菌摂取を心がけてみて下さいね。

関連記事一覧