【水分補給】効果 その②

【水分補給】シリーズも最終回となります。
前回の続きの効果です。

5.むくみ解消
むくみは体内の水循環の悪化がその原因のひとつです。
細胞内の水の代謝はナトリウムとカリウムの働きに左右されます。
ナトリウムは体に水分を溜め込む
カリウムは、余分な吸い分を体外に排出する
と思ってください。
となると、むくみがある場合、
カリウム不足があるとも考えられるので
ナトリウムが少なくてカリウムを多く含む
ミネラルウォーターを飲むのもいいですね。



6.疲労回復
体内に栄養や酸素を運ぶのは血液です。
水分が不足しているとドロドロ血液と
なってしまうので、血液の流れが悪くなります。水分を多く含んだ血液はサラサラなので
全身の疲労回復につながりますね。

また炭酸水に入ってる炭酸ガスは
酸性のものをアルカリ性にする
働きがあるので、疲労感を和らげてくれます。
ただし、選ぶときは糖分入ってるソーダー水
ではなく、無糖の炭酸水
飲むようにしましょう。
(糖分については過去の記事を見てください)

7.ダイエット効果
肥満になる原因のひとつとして
新陳代謝の悪さがあります。

代謝が悪くなると体内に老廃物が排出されずに
たまっていき、便秘や脂肪が蓄積され
肥満の原因につながります。

水分補給を積極的に行い、体の活性度を高めるのが重要です。
水には胃酸を薄めることで
食欲を抑制する効果が、あります。
ダイエット中は食事制限することで
体内に入る水分が不足しやすいです。

ふだんから水分補給としてお水を飲むと、ジュース類を飲む機会も必然的に減り、摂取カロリーが下がることになります。



ダイエットにはミネラル成分が多い
硬水がオススメです。


特にマグネシウムとカルシウムが重要です。マグネシウムは腸に水分を集めて便通をよくする働きあります。
またカルシウムは水分を各器官に運んで
臓器を活発に動かす働きがあり、
ダイエット中のイライラを
落ち着かせてくれます。


全7項目ご紹介しました。

いかに水分補給が大事かわかりますね?

効果というか予防になりますが
今年は特に熱中症の危険が高いです!

理由は長梅雨、温度変化、コロナによるマスク
そして世の中の状況による精神不安です。

不安になると息を吐くことが少なくなり
(だからタメ息が増えます)
水を飲むことすら減る傾向にあります。

なので、上の効果だけでなく、
熱中症予防のためにも
水分補給を心がけましょう❗

関連記事一覧