水中毒について

今年はコロナから始まり、長い梅雨、
40度になる猛暑とハチャメチャですね。

こう暑いと、温度調節のためのクーラーと
水分補給が大切になりますね。

私事ですが、最近疲れやめまいが発生してました。
理由は…今回の話しにつながります。

前回、水分補給の大切さについて話しました。

今回は水分補給でも気をつけないといけないことを話します。

みなさん「水中毒」って知ってますか?

これは水を大量にとることで、
体内のナトリウムが減り
健康を損なう症状です。

水分補給は大切です。

しかしながら、特に夏は汗を大量にかきます。

大量に汗をかいて乾いた肌をみると白い粉が
ついてることがあります。

これは身体から出た塩分です。
舐めるとしょっぱいです。
(子供のころ舐めてました)

汗ととも塩分がでます。

となると体内の塩分が減少します。
ここに大量の水のみを摂るとどうなるか?

体内の塩分濃度が下がります。

味噌汁で水を足しすぎた薄い汁みたいなものです。

身体の塩分(ナトリウム、水分を体内に保持)は
カリウム(余分な水を排出する役割)と協力して
体内の水分バランスや細胞が常にいい状態の
水分保持できるように調節したり
筋肉の収縮、神経の情報伝達、
栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。また、水分を保持しながら
細胞外液量や循環血液の量を維持し、
血圧を調節しています。
そのほかに、胆汁、膵液、腸液などの材料でもあります。

そのナトリウムが減りすぎるとどうなるか?

めまい、頭痛、頻尿、疲労感、むくみ、下痢などです。
もっと重症化すると、
嘔吐、意識障害、呼吸困難、けいれん、心不全
と、命の危険にさらされます。

ではどうしたらよいか?

・スポーツドリンクを薄めたものを摂る
・水分補給するときに塩飴や梅干しを食べる
・一気に水を摂らないでこまめに摂る

です。


「水分補給は摂らないといけない、でも
摂りすぎてもダメ、難しいな」
と思いませんでしたか?


そういうときは、決まりごとをつくればいいですよ。


私は、
外に出たら塩飴をなめる
と決めました。

スポーツドリンクだと、
糖分摂りすぎてしまうかもしれませんからね。

参考までに…

あ、でも、
水分補給一日2リットルはしましょうね。

関連記事一覧