体型種類別 ダイエット(各種別編)

こんにちわ❗
お待たせしました。
それでは体型別で説明していきますね。
【内胚葉型】(肥満型)
特徴
頭や顔の特徴は、大きさが標準で丸顔、
皮下脂肪が発達しており、
骨が目立たずに頬がふくよかで
顎は曲線に富んでいます。
また消化器系が発達してることが多いので
食べたものをすぐに身になる
(脂肪を蓄えやすい)傾向にあります。
こんにちわ❗
お待たせしました。
それでは体型別で説明していきますね。
【内胚葉型】(肥満型)
特徴
頭や顔の特徴は、大きさが標準で丸顔、
皮下脂肪が発達しており、
骨が目立たずに頬がふくよかで
顎は曲線に富んでいます。
また消化器系が発達してることが多いので
食べたものをすぐに身になる
(脂肪を蓄えやすい)傾向にあります。

なので、運動習慣をつけることが重要です。
また、代謝が低下気味なら
代謝を上げる食材を積極的に取り入れてみましょう。
トレーニングにおいてはHIITや
クロスフィットなど、高強度のものが
おすすめです。
食事においては、良質な脂質とタンパク質を
中心にした食事。
炭水化物の摂取量はできるだけ抑えておくと
いいですね。
また、血糖値が急上昇しないように、
1日三食を五食など2〜3時間おきに
間食などを摂るなど、
食事に気をつけましょう。
【外胚葉型】(痩せ型)
特徴
手足が長く、特に筋肉質ではないです。
比較的体重は軽めできゃしゃだけど、
体脂肪が多い”隠れ肥満”である可能性が高い。
代謝がいいため体重が増えにくいタイプ。
そのため、つい食べ過ぎたとしても
あまり体重に影響がないことが多く
内臓脂肪が知らず知らずに増えてることも。
筋肉量が増えにくい体質なので、
体力をつけるレジスタンストレーニング
などがおすすめです。
食事面では良質な脂質に、25〜30グラムのタンパク質、
そして体にいい炭水化物を毎食摂るといいですね。
トレーニング前におなかがすいていたら
消化によい、エネルギーにすぐ転化できるものがいいです。
【中胚葉型】(筋肉質タイプ)
  特徴
このタイプは、体重が落ちたり増えたり
変動が激しいけれど、筋肉がつきやすいため、
しなやかな体形を持ち合わせた人が多いです。
基本的に胴長で、手足が短い。
さらには体力があります。
特に体力やスピードが鍵となる
スポーツでは大活躍することが多いです。
というのも、「中胚葉型」は
速筋線維(そっきんせんい)の割合が
どのタイプよりも多く、
体質的に筋肉がつきやすいからです。
なので、難なく体力をつけることも
できるといわれています。
おすすめのトレーニングは、
持久力を試す適度な運動や、
高強度インターバルトレーニング(HIIT)、プライオメトリクスなどです。
食事は良質の脂質に、ある程度の炭水化物(ほどほどにですが)を加えるといいですね。
タンパク質は摂るタイミングにこだわり、BCAAの摂取もよいです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧