ダイエットと関節痛(肩こり、腰痛など)

こんにちわ!
今回は治療家らしく、関節痛もからめて話します。
この2つ、かなり密接な関係にあります。
ダイエット(ここでは減量のほうです)は
ヘルシーな食習慣、運動、マインド(願望、やる気など)の三つが大切なんですが、
膝が痛い、頸肩が痛い、膝が痛いなど
特に腰や足系が痛いと動きにくいし
動くのも嫌になりますよね?
それに特に痛いと安静にしたくなるのは
生物本来持ってる自己防衛&自己治癒力だからです。
そうなると、運動しなくなり、消費するカロリーも減りますし
筋肉量も落ちるので代謝もおちてしまいます。
肥満一直線です。
そうなると、気持ちも諦めてしまい
食べるものも気にしなくなり、
食べたいものを食べて….
供給(摂取カロリー)が需要(消費カロリー)をうわまってしまい…
おデブ一直線です。
私はこれを「負のスパイラル」と呼んでます。
また、膝痛や腰痛は医師も言ってるように
太りすぎ、体重過多からきてるものがほとんどです。
ではこのように陥ったらどうすれば良いのか?
それは、
①食事管理
②治療
③運動療法などの改善
です。
①は自分でできることと言えば
糖質取りすぎてないか
過度な減食、絶食してないか
ヘルシーなものを口にしてるか
です。
②は言わずもがな、接骨院や整形外科などで
現状把握し、治療ですね。
③はネットで調べて自分でやるのもいいのですが、
リハビリ、治療院での運動療法
信頼するセラピスト、トレーナー、
インストラクターなどに
相談したりみてもらったほうがより確実です。
「いや、面と向かって聞くのは恥ずかしい」方、
近くにスポーツ施設や子育て、仕事でそこまで時間外割けない方
他にも実は方法があります!
それは
SNSなどを使って色々なセミパーソナル的な
ダイエットプログラムです。
私も以前からダイエットしてるんですが、
確実にヘルシー習慣や、運動習慣が完全に身に付き
なによりも前より
身体も思考もアクティブになりました!
それが
ウエイトロスチャレンジ!
SNSを使って食事指導や課題が出て
コーチと常に相談できる
毎日のように運動プログラムがくるなど
その期間が終わってみれば、
ヘルシー習慣、運動習慣、
なりたい自分へ近づくための自信もついてりします。
どんなものか興味ある方は
↓↓↓
※下のURLをコピーして、プラウザで開いてもらえると、見れます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/weightlosschallenge

関連記事一覧