人間の身体って凄い‼️

こんにちわ!
私は40代半ばにして柔道整復師になろうと専門学校に入学したのですが、
その時点でフィットネス業界は20年いたので身体の仕組みなんて知ってるつもりでした。
でも、入ると私はなんと知らないことが多いのかと気づかされました。
その中で生き物って凄い!特にヒトはと思ったのが恒常性(ホメオスタシス)です。
ホメオスタシスとは何かというと
生物の体内環境(内部環境)を一定に保とうとする性質のことです。
ちょっと難しいですよね?
例をあげると
・気温が高くなる→沢山汗をかく→体温を下げようとする
・食事をとる→血糖値があがる→血糖値を下げようとホルモン(インシュリン)出る
・病原菌が体内に侵入→病原菌を倒すために白血球が集まってくる→病原菌を撃退
などです。
 
これでわかるように、人が生きていくには体内環境が常にある範囲で維持できるように精密に動き続けてるんですね。
これをコンピューター制御して同じ機構を作ろうとすると、果たして今の人のサイズで収まらないと思います(^-^;
そして、ホメオスタシスはダイエットにも関連する事項があります。
それは、体重を減らそうとして食事制限やそれまでしていなかった運動をするようになると、
はじめはどんどん体重が落ちますが、ある程度のところで体重が落ちなくなってしまうことがありませんか?
場合によっては、元の体重にもどってしまう(リバウンド)なんてこともありますよね。
(私も経験してます)
これらは、急激な体重変化が生じたことで、
身体がホメオスタシスを発揮し、体重を一定に保とうとしてるからです。
ではそれを乗り越えて体重を落とすためにはどうすればいいのでしょうか?
それは、急激な体重の減少を起こしてしまうような過度なダイエットよりも、
ゆっくりと体重を減らしていくような、長期的なダイエットのほうがいいでしょう。
減少した体重に身体を慣らしながらダイエットを行うほうが、ホメオスタシスや生理学的な観点から考えても合理的です。
ただ、長期的ダイエットでも、ずーっと食事制限かけっぱなしも困りものです。
摂取するカロリーが常に少ない=それが普通と思われてしまい、
それにともなって消費カロリーを抑えるのがホメオスタシスとしてみなされるからです。
なので、食事制限する期間とチートする期間をうまくやることで、それらを回避できます。
またそれらを使ったプログラムもあります。
ご参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧