ウイルスから守る身体とは?

皆さん、こんにちは!
今日はタイムリーな話をしますね。
昨今、急激コロナ感染者が増えましたね。
重症の方も増えて、冷静にみても
「夏のコロナと違うな」と感じれるものですね。
色々思うことありますが、今回のテーマはそこではありません(^-^;
インフルエンザウイルスであれ、コロナウイルスであれ
どうやったら重症化しないか?
かからないかを考えていきましょう。
ウイルスは体内の【免疫】によって防御されるわけですが、
まずどうやって【免疫力】をあげるか?
体外から体内へ細菌やウイルスがやってきたとき、
白血球や単球(マクロファージ)が防衛してくれます。
でもね、もしその防衛隊以上のモノが体内へ侵略してきたら、
防御できますか?
だからマスクや、手洗いうがい、除菌でできるだけ減らしてあげることが 大切なんですね(^-^)
次、今度は防衛隊自体が活性が低く元気ないとしたらどうでしょうか?
当然ウイルスや細菌に負けてしまい、侵入を許してしまいます( ノД`)…
で、
感染→発症
となるわけです。
では、その防衛隊を強くするには?
まず、基礎体温をあげる!
です。
発熱してと言ってるわけではありませよヾ(・д・`;)
朝起き抜けに体温測ってみて下さい。
何度ありますか?
平均は36度台
でも35度前半の方もなかにはいらっしゃいますね💦
体温が低くなると体内の活性が低くなります。
そうすると血流もよどみ、そのなかを流れてる白血球も活性が下がります。
いわゆる免疫力が低下するわけです。
体温が一度下がると30%の免疫力が落ちてしまい、
ウイルスの侵入をゆるしてしまいます。
そして、発病に至るわけです。
なので、やはり適度な運動し、睡眠時間をしっかりとるなどし、
血流が滞らせない、自律神経を乱れさせないことが必要ですね。
あと、口に入るものも大事ですね。
良質なたんぱく質の摂取は、免疫細胞、免疫物質に多大な寄与があります。
またたんぱく質もエネルギー源なので、体温維持にも貢献します。
また、ビタミンA,C,Eは抗酸化作用を高め免疫力アップに貢献しますし、
発酵食品や食物繊維摂取することで腸内環境がよくなり、
これも免疫力アップになります。
このように、行動面、食事面の2つを両軸にして免疫力をアップさせるわけです。
是非参考にしていただき、このコロナウイルス蔓延拡大を乗り切りましょう❗

関連記事一覧