「芸術」カテゴリーアーカイブ

芸術映画

芸術映画と言っても、映画自体が芸術作品・・・というわけではありません
いや、ある種芸術作品なのかも知れませんが、
ここでは芸術家を扱った映画・・・ということにしておきましょう

今日、名古屋のセンチュリーシネマで「草間彌生~インフィニティー」を観てきました

草間彌生のこれまでの活動や思いを赤裸々に表現した作品です
今や1人のアーティストでこれだけの集客ができるのは草間ただ一人ともいわれる芸術家
その草間彌生の苦悩や挫折、耐えながらも日々作品を作り続けた経緯や成功の功績を観ることができます

今ではポップな作品で知られる草間彌生
私は「彌生ちゃん」と呼んでいますが・・・
彌生ちゃんの作品の中には暗いものもたくさんあります
心の中の悶々とした思いがそういったものを作らせたのでしょう

まだ女性芸術家や前衛芸術家が認められなかった50年、60年代
彼女は世界の中で一人で戦っていました
布で作ったナマコのようなもの(ソフト・スカルプチャー)をたくさん集めた作品や鏡の部屋の作品も、
世界で初めて作ったのは草間彌生です
しかしながら、明らかに草間を模倣し後に同じような作品を発表したクレス・オルデンバーグや
アンディー・ウォーホールが認められていく・・・

そんな日々が続く中、彌生ちゃんの心は壊れていくんです
このあたりは初めて知った内容で、彼女の気持ちを思うとやり切れないと同時に
彼女の人としての深さを感じました
この映画で明るくなれたのは後半の30分
草間彌生という唯一無二の芸術家が世界に認められ、
今もなお力強い、そして希望あふれる作品を作り続けていることが知らされます

* * * * * * * * * * * * * *

先週の日曜は「永遠の門 ゴッホの見た未来」を観てきました

ちょっと寂しく切ない内容ではありますが、これもとてもいい映画でした
私は少しはゴッホについて知っているので大丈夫でしたが、
ゴッホの映画を観に行く前に予習をしていくとよりわかると思います
特に弟テオやゴーギャンとの関係を知っているといいです
映画ではそのあたりがサラッと描かれているので・・・

* * * * * * * * * * * * * *

さて、二週に渡って芸術家を取り上げた映画を見たわけですが、
二人に共通して言えることがいくつかあります
それは純粋であるがゆえに人にうまく認められず心が壊れていく
しかし更に他人と思いを共有したいと強く願いそれが作品になる
その思いに計算や打算は無く、平穏や平和を願っているのだと感じた!!
そしてそれが、大して芸術に詳しくもない私すら虜にする二人の魅力なのだと思う

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋の街は、もうすっかりクリスマスの装いでしたよ
もちろんグルメもありますが、そちらはインスタグラムでお楽しみください
IDが不明な方は、「インスタグラム」というページでご確認ください

今年の高島屋のクリスマスはこんな感じ

クリスマスでは無いですが、14周年を迎えたラシック(三越)では・・・

22日(金)に公開になったばかりのアナ雪

そして、ボタンを押して「14ね~ん、いうよね~!」(はるな愛の口調で)

ラシック裏通りの大津通りもイルミネーション

年末が近づいたこの時期に、素晴らしい映画にめぐり会えてとても幸せです
来月には上野のゴッホ展へ行ってきます!!

今年の締めくくりも気持ち良く終われそうです!


秋の大阪①~太陽の塔②~

昨日、一昨日と大阪へ遊びに行って来ました
いろいろと目的はありましたが、その一つに”あべのハルカス”へ行くことがありました

今現在、日本で一番高いビルが「あべのハルカス」

300メートル以上ある、日本初のスーパートールです!!
ぜんぜん知らなかったんですが、2014年開業なのでもう4年も経ってます
近鉄関係のビルですね~
隣には以前からあった近鉄百貨店本店があり、もちろんハルカス内にも入ってます
あとはオフィス、ホテル、展望フロアに展望ショップ、そして16Fに「あべのハルカス美術館」があります
今回はそこに行きたい理由があったんです


これを見て来ました

現在、万博公園にある「太陽の塔」は内部を一部修復して公開中です
その公開に合わせて、先日見た映画やこの美術館での展示が開催されています

内容は太陽の塔内部に関するものを中心に、レプリカやジオラマで説明展示されています
フラッシュ無しの撮影OKだったので、その一部をどうぞ!


ホントは横に光の波がにょろにょろっと付いてます
それが「地底の太陽」


この三つがテーマ館にありました
塔内部にもある人類の進化を表しています
部屋のように見えますが、実は小箱の中のジオラマ
これはなかなかの出来でしたよ~

実際に万博ではどの位置あったかも、縮小模型で展示されています

奥の赤い部分が「太陽の塔」の足元
その手前は今は埋め立てられ?芝生で覆わていますが、当時はテーマ館の地下展示室でした
先ほどの写真の順で、赤の手前、右前、左前です


これは「地底の太陽」の10分の1の模型
なぜ作られたかは・・・


これは岡本太郎が太陽の塔試作の縮小版を作ってる写真から作られた彫刻


岡本太郎がスペインに旅行中にホテルの便せんに書いたデッサン

もう一枚
金の顔の部分


太陽の塔内、よく覚えておいてください



これも覚えておいてください

この展覧会の見どころは、まさにコレでしょう!!


初代黄金の顔
今乗ってるのは1992年から93年にかけて改修された時のもの
倉庫に眠っていた初代をこの展示会の為に組み立て直されました
そして私がどこに写ってるかわかりますか?
鼻筋上の右あたりに、プチっと黒いものが写ってるでしょ?!
それが私です
その証拠にアップで見ると・・・

見応えのある展示会でした
ホントは更に展望エリアに行けば、大きな黄金の顔の前で記念撮影できるとこがあったらしいですが、時間が無く展望エリアには行きませんでした

展望エリアでなくても、16階あたりでもいい景色です

美術館の一階上、17階には喫茶があります
その中の「CIAO PRESSO」は窓際に席があって、上のような景色を見ながらお茶をのみゆっくりできますよ

美術館もそうですが、みんな展望へ行くのかこの階あたりは日曜でも割と空いてます
こんなの飲みました


太陽の塔のカプチーノ&モンブラン

順番あっちこっちですが、お茶を飲む前に食事しました
美術館の下、13、14、15階はレストランエリアです
15階の「竹葉亭」にしました

うなぎと言ったら関西風に限ります

さすがにまあまあの値段です
特丼は鰻が多すぎるので、次のランクの「松」を注文
わがままでわさびを付けてもらいました
もちろん美味しかったです
タレの甘辛がたまらん!!

そして、なんと私は美術館200万人目の来場者・・・風
画像の看板をよ~く見てください

ハルカスの地上からは、肉眼で通天閣も見えました

まあ、ハルカスは天王寺ですからねー

真ん前のビルには彌生も発見

またゆっくり来たい街です

展示会は11月4日まで
あべのハルカスと合わせて、お出かけください!!

P.S.私は近鉄から何ももらっていません


初めての松本③最終

コーヒータイムは、宿泊を予約した時から行ってみたかったホテルの喫茶
旧館の1階にあります
おそらく、昔はフロントとロビーだったであろうこれまた民芸調の作りです
「八十六温館(やとろおんかん)」

コチラが新館側の入口
旧玄関って感じでしょ?!

この他に、道路に面した入口とホテルの中側から入れるところがあります

モーニングもやっていて、ランチもあります
様子を見ていたら、どうやらランチは朝食会場だったレストランからの出前方式
でも特製カレーのバーニャカウダ・サラダ付きとか、特製たまごサンドなど、
カフェらしいメニューが揃ってました

私は・・・
ホントは一杯立てのネルドリップを飲みたかったのですが、
さすがに暑くてアイスコーヒーにしてしまいました
もちろんデザート付で~

シフォンは例のレストランで作ってると思います
他にもチーズケーキや昔ながらのプリン、コーヒーゼリーなどがありました
シフォンはふわふわ過ぎず食べ応えがあって、でもサッパリとした甘味で美味しかったです

アイスコーヒーもさすが、アルプスの水で入れたのでしょう
サラサラッと苦味は少なく、でもしっかりとした味でなかなかイケます

もとコーヒー屋の私がうんちくを言うなら、
ホントは日本の軟水よりも硬水の方がコーヒーに合うらしいです
それは軟水で入れると比較的サッパリとした味わいで、
硬水で入れると苦みが際立つと言われているから

私は苦いのが好きですが、サッパリ派なので難しいですね
でも八十六温館のコーヒーは好きですね!

食べるときはいつも油断している私
店内は松本民芸家具がたくさん使われてます
まさに私の座っている椅子がウィンザーチェアで、私の左後ろに写っているのがビューロー机です
この時は人も少なくジャズか何かがかかっていて、すごく落ち着けました

一休憩してエネルギーも復活したところで、いよいよ今回のメインイベント松本市美術館です


駐車場から車を出し、ホテルを後にしました

でも美術館まで行ってみたら、意外とホテルから歩きでもギリギリ行ける距離でした
ちょっとまずったかな?と思ったのは、松本市美術館は駐車場が少ないんです
案の定、満車で近隣のイオンモールの駐車場に停めることに・・・
結果的にはよかったということになるんですよ~

今は松本市制110年、松本市美術館15周年の
「草間彌生ALL ABOUT MY LOVE私の愛のすべて」を開催中です

まず近づいていくと、デコレーションされた建物がバーンと目に入って来ます

どんどん近付くと・・・

正面には巨大オブジェの作品

草間彌生は松本市出身ですから、もしかしたらこの辺りの作品は常時あるのかもしれません

さあ、館内へ

逆光で顔が歪んでます

館内の展示も撮影可能なものがありました!!

チケット売り場の横に展示されてました


展示室入口までにも、巨大オブジェ
草間彌生とペットの犬らしい


彌生ちゃんと私
もちろん写真です!

展示室入口にはこんなものも・・・


ココは東京の時と同じ作品でした
東京より少なかったかな~


展示されてる中で一番好きなものを選んで撮影
後で作品名を見たら「太陽と平和」
私が望むものでした!!

他の部屋もまずまずでしたが、東京の展覧会の方が数も作品的にも見応えがありましたね
あと、先日の京都も良かったです
京都は既に展示が変わったので、夏のうちに行きたいと思ってます

中庭にも有名な作品「黄色いかぼちゃ」がありました

左隅のベンチに座ってるのが私
かぼちゃ一人占めです


その後、ぞくぞくと人が・・・

グッズ売り場に続く通路にこんな部屋が~

さしずめ「彌生の部屋」といったところでしょう!
本人いないのでゲストのみ

展覧会を全て見終わって掲示物を見ていると、
松本市内の何カ所かで他の展示をしてるではないいですか!
もちろん一点のみですが、もう終わってるところもありました
そんな中で、ラッキーにもイオンモールで展示されてたんです
駐車場が少しだけ遠くなりましたが、結局行くことになったので同じでしたね

でも美術館から5分とかかりません
イオンモールに近づいて行くと、駐車場からは見えなかったショッピングモールが見えて来ました
イオンモールの中でも、作りが最新です
昨年出来たばかり!
パッと見、銀座シックスでも通用するような入口に水が流れるオシャレな作りです
残念ながら画像はありませんが、飲食街も超が付くほど充実してましたよ
美味しそうなもの、いっぱいです
「イオンモール松本」

三つの建物に分かれているのですが、映画館と飲食店の入った空庭エリアに展示がありました


あんな近くで展覧会やってるのに、見に来てる人一人もいませんでした
画像撮り放題です
イオンの中にも自然と溶け込んで、いい感じです

飲食店でタコ焼きとドーナッツ買って帰路につきました

ここで①の「いい旅でしたが・・・」になるのです
そして食べ物買っといて、ほんとによかった~

なんと帰りの中央道が飯田の手前まで事故の為通行止めで、通れなくなってました
4時にイオンを出て、市内を抜けるのに1時間
みんな通行止めで下道帰りです
主だった道は19号線しかなく、飯田まで5時間のろのろ運転です
でも高速上で1ミリも動かない車よりましだったかもしれません
寄ろうと思えばコンビニがありますから、トイレも大丈夫です
なるべく限界まで止まらないようにして、買った食料で腹を満たしがんばりました
飯田から高速乗った時には、なんと通行止め解除
まあ、世の中そんなものです。。。
大きなSAで休憩を入れ、夕食・・・でなく夜食を済ませ、再び帰路へ
自宅に到着したのは12時過ぎでした
久々に疲れました~~~

過ぎてしまえば、いずれきっといい思い出に変わります
今はまだ、当分長野はいいかな?!

おでかけ三昧の2018年
まだまだ私の旅は続きます!!


初めての松本②

二日目は早めに起きて、まず朝食会場へ
ホテルの2階(ロビー階)にレストランがあり、朝食時のみビュッフェ会場になります

ビュッフェの内容は和食
そんなに品数は多くないですが、焼き鮭や煮物など
ひとつひとつはとても質の良い感じです
ただし、味噌汁がぬるかったのが残念です
朝の味噌汁はやはり熱いのがいいですね~

飲み物はお茶も数種類、コーヒーや紅茶、フレッシュジュース、
牛乳は地元の濃厚な甘味のあるものです
最近の朝食ビュフェでよくありますが、
コーヒー持ち帰りできるように発砲のカップが置いてあります
一杯もらって帰りました!!

腹ごしらえも済み、チェックアウトまでまだまだ余裕があったので、
その足で昨夜発見した神社へ参拝に行きました

ホテルから5分くらいでしょうか?
神社の名前は「四柱神社」
目の前に小さな川が流れていて、水がとても綺麗です

そうそう、そういえば松本市内至る所に水が湧き出ています
さすがアルプスに囲まれた街です
もちろん、そのまま飲めるんですよ
けっこう飲んでる人いました!!

コチラが「四柱神社」


手水舎で両手と口元を清め、参拝です

ココは結びの神
願い事が成就するということです
私の願い事は秘密です!

ちなみに通常の神社では願い事をするのでなく、
まず日常のお礼を自分の住所とともに言うって知ってました?
目上の人に対する礼儀と同じですね
まずは自分の身分を明かし、日々のお礼を述べ、
そしてようやくお願いごとを聞いてもらうわけです

よく出くわすのですが、今回も結婚式の新郎新婦がいました
門出を祝うのに、とてもいい天気です
神様も二人味方をしてくれたのでしょう
神社のいろいろなところで写真撮影していました
親族の方々もにこやかに幸せそうです

さて参拝を終え、鳥居前のこんなものに気付きました

もちろん飲みましたよ~

爽やかな朝の参拝も気持ち良く済み、ホテルへ戻りました
途中、私の大好きな焼き立てパンの店を見つけましたが、さすがに食べられない
どうやらモーニング営業をしてるようです
次回訪れることがあれば、そのパン屋で朝食もいいかもしれません

身支度を済ませ、チェックアウト
こういう観光地ではよくありますが、同じ階の人たちはもう誰も居ません
みなさん出発が早いです

駐車場はまだ24時間経っていないので、車は置いたまま松本城へ向かいました

まずは城に入らず、堀沿いをまわってみることに・・・


今はもう堀も浅くなっていますが、昔は深かったんでしょうね~

私の立ってる位置に基準点と言うのがありました

拡大すると・・・

ここを基準に松本城の測量などがされてるんでしょうね~

写真撮ってる時は、「ココから撮るとキレイに撮れる場所」なのかとバカなことを思ってました

堀にはたくさんの鯉も泳いでいて立派でした

そしてこの基準点のあたりからだと、逆さ城が写ります

この日は天気がものすごく良くて、キレイに写ってます

城の回りは今は公園になってるので、堀が池のように水辺になって心和ませてくれます

堀のまわりを半周したので、いよいよ天守へGO!

私が立っている場所は本丸跡
かなり広いです


今は都合上まっすぐな道になってますが、
本来はここも本丸だったのではないでしょうか?!

天守に入るには入場料がいります
そして、ホントに・・・ホントに急な階段がたくさんあるので、
行かれる方はステップ運動でで足腰鍛えて行ってください(笑)
あと女性は、ロングでもミニでもスカートは避けた方がいいです
滑りそうな靴下やストッキングもやめといた方がいいと思います
小さなお子さんもたくさん来てましたが、親御さんが抱えないといけない場面もあるので
荷物は少なめに入場されるか、ロッカーに預けられるといいと思います

5階ほど上がりますが、途中いろいろな展示物があったり
鉄砲や弓を射る窓から外が見えたりします


コレが上から見た、あのまっすぐな道と本丸跡です


コチラは堀側


まだココで3階あたりです


さあ、天守まで上がって来ました
一番上には神様が祀られています

国宝指定書もあります

では、国宝からの眺めを見てみましょう

山に囲まれた松本市


見事なアルプスの山々を、見入る私

次から次へと人が来るので、天守にずっとはいられませんが、
まずまずのんびり、まわりの人を気にすることなく景色は眺められます
まさに絶景とはこのことです!!
” ブエナビスタ ”

上がるのも大変ですが、ホントに気をつけないといけないのは下り
山登りと一緒です
二段目がガクッとなりやすいので、慎重に降ります

そんな中でも、帰りの広間でこんなことしてみました
ちょっと武将風

天守を一通り見終わって、約40分くらいです
混み具合や子供や高齢の方がいるかで多少変わってくるかもしれません


改めて天守を見入る私


いや~公園も含め、実に見事な松本城でした
また行きたいです

そうこうしてるうちに昼時
昼食は蕎麦にすることにしました
信州といえば、やっぱり蕎麦です

昨日おきな堂の帰りに、閉まった店の散策中に見つけました
「弁天 本店」

おきな堂の目の前の橋の、一つ山よりの橋のところにあります

本店となってますが、支店があるのかは定かでないです


創業明治十年とか言われると、食べたくなりません?


横にも入口がありますが、「正面から入ってください」と書いてありました

注文は王道の「天ざる」

店としての味もいいのでしょうが、やはり水が違うと思います
何だか蕎麦を食べてても、つるっつるっとみずみずしいです
美味しかったですね!!
違う店も食べてみたいですが、ここも行きたいです

蕎麦ですから、満腹というほどでもなかったのでコーヒー休憩することにしました

では、午後の松本は③で紹介します


初めての松本①

先週の土、日で長野県の松本市へ行って来ました
長野は地獄谷の野猿公苑まで行ったことがありますが、
何だか今回の方が遠く感じました
今回もとてもいい旅になったのですが・・・

6月2日(土)昼までの仕事を終え、長野へ出発しました
最近は良く出掛けるので、なるべく代行立てないようにしてます

途中休憩なども含め、松本市街まで約4時間
この季節は陽も長いので、到着してもまだ明るかったです
松本に近づくにつれ、アルプスの山々がとても綺麗に見えました

宿泊先を探す時点でいろいろ候補はありました
「ブエナビスタ」というホテルが大きくて有名のようでしたが、
私は老舗とか伝統と言う言葉に弱いので、今回はココにしました
ちなみに「ブエナビスタ」とはスペイン語で絶景という意味ですが、
このホテルからも松本城が見えましたよ


松本ホテル 花月

ホントは旧館(右、白い建物)に泊まりたかったのですが、
予約がいっぱいで新館になりました
新館も基本は所々に木を使った重厚な感じで、THE松本と言った感じです

松本には「松本民芸家具」という有名な家具屋があり、
ミズメザクラという木を使用して味わい深い家具を作ります
ミヅメザクラは独特の木目があり、それを十二分に生かしているのもこの家具の特徴です
代表的な商品にウィンザーチェアとビューロー机があります
どちらもきっと目にしたことのある代表的な民芸家具でしょう
そしてその家具たちが、この松本ホテルにはたくさん配置されているんです


とりあえず受付だけ済ませ、駐車場へ車を止めに行きました
ホテルの駐車場は数台分しかなく、
到着順や車の大きさなどで歩いて1分のコインパーキングになります
しかし、24時間分停めれて800円なのでお値打ちです
松本城やこの後紹介するいろいろなところへ歩いて行くことも可能です

仕事後に出発で、昼御飯もコンビニで済ませたのでさすがに腹ペコです
事前に調べておいた喫茶レストランへ行きました


「おきな堂」

ポークステーキが有名と食べログで発見したので、それを注文しました

名前は忘れましたが信州豚を使ったステーキです
パインソースが付いてましたが、好きではないのでそのまま食べました
ちょうどいい塩加減で、柔らかく脂身がとても甘味があって美味しかったです

他にも牛ヒレカツやハンバーグなど、
店の雰囲気通りのおいしそうなメニューもたくさんありました

店内はこんな感じ
2階のみですが・・・

そして、ちなみに昼間の「おきな堂」

ホテルからは歩いて5分くらいでしょうか?!
帰り際に目の前に神社を発見したので、次の日の朝に行ってみることにしました
やはり神社仏閣は午前に参るのが基本ですからね~

もう閉まってはいましたが、ちょっとしたお土産屋や骨董店、何軒もの蕎麦屋など
松本らしい街並みも味わいながらホテルまで帰りました
ぐるっと回って帰ったので、ライトアップされた松本城も堀の外から見ましたよ

二日目は帰りの時間のこともあるので、スケジュールが詰まってます
早めに寝る為に楽しみのひとつ大浴場へ行きました
広さは保養所くらいの大きさです
温泉ではありませんがやはりアルプスのおひざ元、水はとても綺麗です
気持ちのいい1日目を終え、床につきました

②二日目に続く