「音楽・コンサート」カテゴリーアーカイブ

ホイットニー・ヒューストン

本日より公開の映画「ホイットニー・ヒューストン I  WANNA  DANCE  with  SOMEBODY」
本人は亡くなっているので、俳優が彼女を演じています
「ボヘミアン・・・」の時もそうでしたが、よく似た俳優を探してくるものだと感心します
この映画も「ボヘミアン・・・」を書いた脚本家が脚本を手掛けているようで・・・
今日の今日で、まだ観に行っていないですがすごく楽しみです

ホイットニー・ヒューストンと言えば、あの「I  Will  Always  Love  You」が最も有名でしょう
言わずと知れた「THE BODYGUARD」の主題歌

私はもともと友人にコンサートに誘われて行ったのがホイットニーとの出会い
1990年1月の名古屋レインバーホール(現在のガイシホール)でした
持ち歌もあまり知らずに行ったのですが、歌の上手さに圧倒されたのを覚えています
それ以来の大ファンなのです
来日の際は必ずコンサートへ行ってました
映画の副題「I  WANNA  DANCE  with  SOMEBODY」は、初期のヒット曲
彼女を象徴する明るくてPOPな、かつ伸びのある歌声が印象的です

クイーンほどマニアックなファンは少なそうなので、
そこまでのヒット映画となるかわかりませんが、
映画の中に出てくる歌の数々はきっと人々を魅了するに違いありません
是非、映画館へ足を運んでみてください

また先日、シングルベストも発売になりました


こちらも合わせて聴けば、ホイットニーにハマること間違いなし

そして、なんと来年2月には、この中部地区にホイットニーのホログラムコンサートが来ます
「ホイットニー・ヒューストン ホログラムコンサート」
あの感動を再び味わえるかと思うと、今からワクワクです
それにホログラムコンサートも初めてなので、
未来型最先端コンサートをじっくり味わいたいと思います
もちろんプレミアム指定席でチケット購入済みです

80年代、90年代を魅了した歌姫・ホイットニーの全てを満喫します!!♡


CD整理

久々にCDの整理をしました
・・・と言っても仕事用のみです
趣味で持ってるCDはたぶん1000枚はあるので、
今回は整理はお預け

データ時代の現代で「何言ってるの?」と思われるかも知れませんが、
私はいまだに音源がモノ(CD)でないとダメなんです
ジャケットを見ると何となく中の音楽も思い出す
今までに使った曲を視覚的に記憶しています
その記憶を元に、秋ならこのCD、冬ならこのCDが合うかも?と準備するんです

グループレッスンのインストラクターにとって音源は重要なツールのひとつ
音楽の良し悪しでレッスンの出来が決まると言っても過言ではありません

音楽プレイヤーに音源を入れておけば、持ち運びも便利ですし
CD類をカバンごと忘れる・・・なんて危機も訪れません
しかし、私はあくまでもモノ派です

そのモノが意外に厄介
月替わりに大抵CD(音楽)も替えますが、前月分をついポーンと置いてしまう
それが毎月毎月重なって・・・

どこに何があるやら、わからない状態になってます

一応、エアロ用、アクア用、ラテン、ボクシング、J-popなどなど
ジャンル別やBPM(音楽の速さ)別に整えてます

整理するのにけっこう時間かかりました
3時間くらい???
ただ並べ替えるだけでなく、ケースの破損は交換したり、
時代や自分の現在のレッスン状況に合わせて分類しなおしたりしました
これでまた、当分の間は「コレ!」と思ったCDがパッと取り出せます

動きの練習や内容作ったり覚えたりだけでなく、
こんな努力もイントラはしてるんですよ

今月の音楽も気に入ってもらえるとうれしいです!!


またまたフラゲ~


今月二度目のフラゲ~
実に31年ぶりのオリジナルアルバムです
原由子の「婦人の肖像」10月19日発売

桑田佳祐もそうですが、サザンの曲と個人名義の曲ではどこかちょっと違うんです
作詞作曲と歌い手が一緒だったとしても、何かが違う
それは、私たち受け手の思い込みかもしれないし、作り手の意図したものかもしれません

原由子で言うなら、私個人の感じ方は”サザンより、もっとふんわり”でしょう
サザンの時点でも、とても柔らかい感じがする原坊
個人名義ではその柔らかさが、更にパワーアップする
でも・・・そのなかにある種の力強さもあって、とても癒される
そして、ときどき面白い曲も歌ってる♬

さあ、今から封を開けて、しばしの癒しタイムです♪♡


フラゲ~


テレビCMも始まりました
明日10/4発売 松任谷由実の50周年記念ベスト
「ユーミン万歳!」

一日早くフライングゲットしました!!



残念ながら500枚限定のゴールドディスクではありませんでしたが。。。
ジャケットが超ゴージャスでしょ?!
こんな格好はユーミンでしかモノにできません
来年から始まる50周年のコンサートでも、きっと豪華なシーンを見せてくれるはずです

プロデューサーの松任谷正隆が、「今聞いて欲しいミックスで・・・」ということで、
楽器や歌声のバランスなどをリミックスしています
なので、いくつかベスト盤を発売してますが、同じ曲でもまた違った味わいがあるようですよ

そして、新曲が1曲追加されています
AIで作った荒井由実と現在の松任谷由実がコラボした楽曲
「Call me back」
歌詞はまだしっかり聞いてませんが、
これから秋深まる時期に雰囲気がピッタリの1曲です

今からじっくりと50年、51曲を聞きたいと思います♪

 


11年ぶりの発売です!

専用の段ボールで届きました

山下達郎のオリジナルNEWアルバム「Softly」
初回生産限定盤で、昨年末行われたアコースティックライブCD付き
本日、6月22日発売

ジャケットは・・・写真ではないです
肖像画!!
テルマエ・ロマエで有名なヤマザキマリ氏の作品です
マルチな活動をする彼女ですが、実は肖像画などを得意とする画家なんです
肖像画家になるためにイタリアへ渡り、肖像画専門の修行?をしたのですが、
肖像画家では食べていけず漫画家になったようです

昔から親交のあった山下達郎はそのことを知っていて、
今回のジャケットを決める際にハッと思いだし依頼したとか・・・

タワーレコードの特典はポストカード

この地区のアルバムと連携したツアーコンサートは9月
もうチケットもゲットしています♡

さあ、今から新しい”ヤマタツ”の世界に浸ります♪