人生は私に何を求めているのか

12月9日
じゅうろくプラザ(JR名古屋駅から19分)

8月頃に山岡氏の講習を聞き
すぐに弊社のスタッフ、協会の方々に聞いて頂きたいと
依頼し、快諾を頂きました

山岡氏=魂の人

ひとは
少なからず
順風満帆ではない

波の大きさの違いはあるが
何事もなく人生を過ごしている方はいない


人は
話しをする事で
理解ができ

話しを聞く事で
信頼ができ

その繰り返しで
繋がりができる

そして
絆ができる

山岡氏の
人生は
驚きと感動
そして
感謝


今まで
深く話をしたり
深く話を聞いたりする機会は
なかったが

勝手ながら
今回の
私の心では
山岡氏との繋がりが深くなった
感じています

ありがとうございました


そして
今後ともどうぞよろしくお願いします

 

 

協会マスター&メッツスタッフ共同研修

12月1日・2日と二日間
一般社団法人 日本からだワーク協会マスタートレーナー
株式会社メッツ スタッフ ※1日目だけ

合同研修を開催いたしました

1日目は
岡野氏 成長マインドセット

 

書籍は何度も読んでいましたが
実際の研修の受講は圧倒的な深みの違いがありました

協会の代表として
会社の代表として
とても学ぶ事が多い研修でした

 

 

こういった事を
知る
わかる
できる
続ける
教える

これによって
強い組織になっていくのだと
実感を致しました

 

マスターしかり
スタッフしかり
そして
代表しかり

所詮
個人の集まりである

その個人が
チームとなり
組織というスタイルで
個人の力を発揮しながら
組織を強くしていく

 

言うのは簡単
しかし
なかなか厳しいのが実態

 

ただ
成長マインドセット
MSマトリクスを知り
実行に移すことで

チーム力
組織の力
個人の力

これが圧倒的な力となり
成果に繋がる仕組みを理解できました

このチームで
この組織で
圧倒的な努力を源泉に
フィットネスの価値を創造し革新をさせていきます

全てに100%です

岡野さんありがとうございました
そして
協会マスター
メッツスタッフ
共にやったりましょう!

 

 

 

 

第3回BBWA 挑戦と成長

2018年11月23日
名古屋大須のレジェンドホールにて

運動指導者の祭典
ビジネススピーチコンテスト
第三回ベストブレイン®ウエルネスアワード

この企画には
私自身の個人的な想いもあります

現役だったころ
周りの運動指導者は、収入が低いから
食えないから、生活ができないからと言って
転職をされていった方々を多く見てきた

そこに私は腹が立った
『運動指導者という仕事のせいにしないで頂きたい!
収入が低いとか生活ができないとかは
運動指導者という仕事にせいではない
あなたが、自分の価値(商品)をお客様に伝える(対価を得る)為の
勉強や努力をしなかっただけである』

と強く思っておりました


そういった中
運動指導者へのサポートをしていくという思いで
今の株式会社メッツを設立致しました

BBWAの開催にあたって
当初、様々なご意見を頂きました

冒頭の挨拶でもお伝えしましたが(笑)
1回目は、思い付きと悩みながら開催致しました
2回目は、1回目の終わりの挨拶の時に感極まって
来年もやります!って言っていまい、その勢いで開催致しました(笑)

そして
今回の3回目は・・・
自らの強い意志での開催です

ここまでくるのに3年かかりました(泣)

今回、開催させて頂き一番驚いた事がひとつありました
主催者の私が言うのは可笑しいのですが

エントリー者の質がグンと上がっていました
これには驚きましたが逆に嬉しさとワクワク感が満載でした


何故、急にそうなったのかはわかりませんが
1回目、2回目と重ねてきたひとつの成果かもしれません

どちらにしろ、かなりの期待感でした

エントリー者129名から1次書類審査で
男性19名女性19名が通過致しました


その後
男性・女性を別々に
2次審査として実際に7分間のプレゼンをして頂き
同じエントリー者が評価をし
各5名選ばれた方々がファイナリストに進みました
※補欠2名で合計7名

あまり公表しておりませんでしたが
※秘密していた訳でもありません
女性のみ2.5審査を致しました

それは、
女性の場合、男性と比較すると
共感型のビジネス展開が多く
数字の落とし込みや
その根拠などが全体的に不足を感じたからです

このままあの舞台にたっても
男性と比較されて
やっぱり女性だから・・・といった
評価をされるのは目に見えてわかっていたからです

7人の方々に1人約30分~1時間ほど時間をとり
数字の不足点などアドバイスをし
再度、プレゼン内容を見直して頂き
最終的に私が審査するといった
男性にはなかった審査を致しました

締切が決まっていたので
かなりハードだったのではないでしょうか?

しかし
こういった事も乗り越えていかなければ
経営をしていくにあたって
対応できなくなるので

今回のような経験は
疑似としていい経験になってのではないかと
私は思っています
当事者は思ってないかもしれませんが・・(笑)

惜しくも選ばれなかった各2人は残念ではありますが
こういった努力の仕方や経営に対する考え方を
これからのリアルな経営で生かす事ができると確信しています

こういった経緯を踏まえた中で
当日を迎えたわけですが

運動指導者として普段パワポを作る事もあまりないですし
ビジネスに関して明確に伝える事も皆無ですし
しかも7分でまとめなければいけない状況は
かなりの準備と練習をしてこないと
できません

一見、そういった事がすぐに売上に反映されるわけではありません

通常、日常業務があるので
ここまで集中して自分のビジネスを考えて考えて
カタチ(文字・図)にし
それを人に伝える、いや、伝わるために
話し方、表情、しぐさなどを練習する事は
まずないかと思います

経営をするにあたって
緊急なことではないが重要な事をいかに
やっていくのかが、そのビジネスにおいて未来へ繋がっていくと
確信しております

今回の
1次審査通過者の方々も含め
緊急ではないが重要な事に対してやりきったのでは
ないでしょうか?

今回優勝した
女性部門 中川麻衣子氏
総合部門 郡 勝比呂氏

 

おめでとうございます

そして
2位 時野谷光弘氏
3位 池本誠知氏

おめでとうございます!って言いたいけど
優勝をがっつり目指してした2人からしてみれば
悔しさも大いにありかと思います

そして
代打要因として各2人の方々
伊藤勇矢氏
岩田光昭氏
下名迫真澄氏
井出由起氏

複雑な立場だったかもしれません
ファイナリスト5名の方が
当日までに何らかの事情で出場できなくなった場合
の代打要因なので
出場できる可能性は0%ではありませんが
現実的に低い可能性であるのは事実である

しかし
そういった状況にでも
可能性がかなり低かったとしても
いつでも代打として準備をする事が
今後の力になります

微妙な立場で苦しんだかと思いますが
そういった感情をリアルな事業の為に
パワーとして変換し使って頂きたいと思っております

1次審査通過者の皆様の
二次審査のプレゼンの為に多大なる時間と想いを
使ってきたのだと思います

こういった事を
今後の事業展開に必ず役に立つと私は確信しております
私は永遠に応援しております

今回、開催するにあたって

ご協賛社の皆様
協賛ありがとうございます

中には日ごろ殆どお会いしていないのに
協賛金だけ頂いて恐縮です

審査員の方々

お忙しい毎日をお過ごしの中ありがとうございました

 

お手伝いをして頂いた
MCの山田祐子氏、狩野順子氏
初めての大役に十分な、いや、それ以上に力を発揮して
頂き感謝です

協会発表に協力して頂きました
灰方淑恵氏、自分のプレゼンがあるに関わらず
テクニカルアドバイザーとして説得力のある説明を
ありがとうござまいます

からだバー®グランドマスターである
木田麻美氏、中島均子氏

身体を張って、そして想いをもって
からだバー®の良さを見せつけてて頂きありがとうございました

その裏方でPC操作をして頂きました春田詩織氏
いろいろな準備をありがとうございました

そして、会場設置や片付けなどを
率先として手伝って頂きました1次通過者の皆様

こき使ってごめんなさい(笑)

皆様のパワーがあってこそ
時間通りに開催ができました

ありがとうございます

北海道から裏方である役割を担当して頂き
とてもきめ細かい対応で審査員の方々からも
かなり好評でした
梅澤未来氏、ありがとうございます

急遽、音声を担当して頂きました
高橋躍氏
協賛社として協賛をして頂いているのですが
協力を依頼したら快く引き受けて頂き
本当にありがとうございました

審査員の皆様
お忙しい中審査員を引受けて頂きまして
本当にありがとうございます。
皆様の鋭い指摘や愛情感じるアドバイスをありがとうございました

そして
弊社、スタッフの皆さん
ありがとうございます

また、日を改めて
食べ放題ではない焼肉で御礼をします(笑)

 

最後に私が皆様にお伝えした
熱いメッセージをお伝えして
2018年BBWAを終了したいと思います
ありがとうございました

お問合せ先
umemura@fit-i.com

からだバー®については
こちらをご覧ください

 

本物ピラティスメソッド

2018年11月16日
会場:ザ テンダーハウス

ピラティス真髄の伝承者
第二世代マスターティチャーである櫻井淳子氏
『ピラティスバイブル』書籍出版パーティー
株式会社コアクラッシック設立

2018年7月設立 株式会社CORE CLASSIC 設立
本物を継承する

私が櫻井氏を知ったのは、
業界誌であるNEXTでインストラクターオブザイヤーとして
櫻井氏が選ばれた時である

沼津という場所で頑張っているな~という印象でした
その時は、ピラティスというモノがまだまだ今より認知されて
おらず、私自身もヨガとピラティスの違いは?というレベルの
認識しかありませんでした

 

弊社は、様々なジャンルのDVDを製作していますが
ピラティスだけは制作していなかったのです
その理由は、ピラティスそのものに興味がなかったからです(笑)

しかし
彼女の出現でピラティスに少しずつ興味をもち
ピラティスDVDを製作する時は、櫻井氏に依頼をしようと
決めておりました

理由は・・・なんとなくです(笑)

そういった経緯で作ったのがこれです

実は、撮影依頼をさせて頂くときにメッセージで数回やりとりしただけで
会った事はなかったのです(笑)
撮影当日に初めて会いました(笑)

そこから約8年
櫻井氏の怒涛の日々が始まったのが記憶に残っています

私は、櫻井氏に出会ったお陰で本物のピラティスを知る事ができました

櫻井氏からピラティスの歴史、関わる方々の熱意、そういった
普通ではなかなか知る事ができないような事を櫻井氏から学びました

今回の出版や会社の設立は
ピラティス業界の王道だと私自身も認識しております

16時から始まった
櫻井氏の『ピラティスバイブル』出版講演

18時30分~
ピラティスインストラクターとして
これからの時代を生き抜く3つのセミナー

『コアクラシックが創る、ピラティスの世界』
講師:櫻井淳子氏

『わたしらしくを価値にする』
講師:田中有紀子氏

『あなたから感動がはじまる』
講師:嶺井祐美子氏

そして
ご参加の皆様

 

とても素晴らしい空間で
とても素晴らしい方々でした

やはり、そういった場から感じるのは
真髄のエネルギーです

今後の櫻井氏と(株)コアクラシックの活動に
大注目です

 

弊社も含めて梅村も影ながら表ながら
全面的に応援をさせて頂きます

今後ともどうぞよろしくお願いします。

素敵な女性3人が
本物を継承する

====

ここからは梅村個人の意見であり考え方です

ピラティスは、ピラティス氏
ピラティス氏から直接指導を受け
正式な認定を受けたのが世界で二人しかいない

その一人であるロリータ・サン・ミゲェル
(正式な第一世代マスターティチャー)から直接指導を受け
正式な認定を受けた日本でただ一人である。

ピラティス氏から指導を受けたとしても
ピラティス氏から認定されたのは二人しかいない

指導を受けた事と
認定された事は全くもって意味が違う

この事実をまだまだ知られてない‼️
いや、事実を知ろうとしていない

※この事実を証明できる書類もある

指導を受けただけで正式な認定を受けていない
自称ピラティス第一世代マスターティチャーから指導を受けた
第二世代マスターティチャーがいるのも事実である。

大事なのはまずは事実をしっかりと知ること
そして、事実を知った中で皆さんがどうピラティスと
向き合うかは皆さんの選択だと思います。

 

2018年BBWA2次審査(男性)

先週に引き続き
岐阜じゅうろくプラザにて
2018年BBWA2次審査を開催致しました

昨年との違いは
2次審査は、女性・男性と別れて
審査という形式に致しました

 

応募数129名(男性:73名 女性:56名)

1次審査(書類選考)

男性73名 ⇒ 19名
女性56名 ⇒ 19名

2次審査(7分間のプレゼン)
審査員は、同じエントリー者
男性 19名 ⇒ 5名 +2名
女性 19名 ⇒ 5名 +2名

今回、初めて女性・男性と分けて
審査をしてみて感じた事は

やはり
わけて審査をする事は正解でした

女性は、共感型ビジネス思考
男性は、ビジョン型ビジネス思考

もちろん、共通はしますが
根源の違いがあります

女性は
ご自分自身の経験などから得たビジネス
例えば、体調を崩した際に
何が困ったのか
どんな苦労があったのか

同じ、同じような遭遇の方々を
サポートしたい

といった形式が多かったです

 

男性は
未来を据えて
高年齢者会に対してとか
自らの力で日本を救うとか
フィットネス・ウエルネス・ヘルスケアの
力で世界を標準化するといった

一般的な1人の運動指導者からは
なかなか発想がなかったレベルでした

アワードのコンセプトである

『職人が経営に目覚めたら無敵になる』

まさにコンセプトにあった方々でした

ファイナリスト5名
1位 時野谷光弘
2位 郡勝比呂
3位 池本誠知
4位 山本周平
5位 竹田 将宏

補欠 2名
6位 伊藤勇矢
7位 岩田光昭

無敵になるには
様々な課題があり
様々な難関を乗り越えていかなければ
いけない

経営の道のりは長い

情熱をかけられる経営は
未来を創る事ができる

 

運動指導者=職人(運動を教えるだけの人)
こういった世界から

運動指導者=プロフェショナル

プロフェショナルとは
情熱と数字、そして、考え方です

この3つが揃い
成果が出る事で経営は成り立ちます

運動指導者=運動を手段としてお客様の未来へのお手伝い

最終審査(ファイナル)まで
残り、23日

更に磨きのかかった
プレゼンを期待しています。

 

【メルマガ梅村塾】

 

TOP