カレーの効能*SPICE!

フィットネスインストラクターの
柳田真理子です。

50代からの
好きなモノ ヒト コトを
見つけて楽に楽しみながら
続ける方法をお伝えしています。

今日はカレーのランチ❣
スープカレー

札幌と言えばスープカレーですね。
定着してきました。

スープカレーは嬉しい栄養がいっぱです!

色とりどりの野菜に
テンションあがります。

どんな栄養が隠れているのかな?

ターメリック

「うこん」とも言われるカレーには欠かせない黄色い色付けになるスパイス

黄色い成分はクルクミン

消化作用や新陳代謝を活発に。

脳機能を活性化するものが含まれていることも分かり、アルツハイマー型認知症の予防にも効能が期待

 

クミン

エスニックな強い香りを持ったセリ科のスパイス

カレーにクミンが入ることで、香りを高める

消化促進や解毒といた効能

食欲低下気味になる時に、クミンを使ったカレーを食べることもおすすめ。

栄養面では、下痢や腹痛をしている時にも、クミンのそれを抑える効果に期待

 

トウガラシ

辛みをもたらすスパイス

血行を促進し新陳代謝を活発にするので
体を温めダイエットにも!

 

カルダモン

甘くさわやかな強い香りを持っているので、

「スパイスの女王」「香りの王様」と呼ばれてる

栄養学的には体を冷やす効能があるので冷え性の方には摂りすぎ注意

気分を落ち着かせるためにも役立ちます。

疲労回復や整腸作用

コリアンダー

甘くさわやかで、スパイシーな香りが特徴的

消化促進

口臭を予防

ブラックペッパー

“スパイスの王様”とも呼ばれています。

酵素活性作用

便秘予防にも効能

辛みと香りが食欲を増進

ガーリック

元気の素!

脂で炒めるととてもいい香り。

滋養強壮や体力増強

ニンニクに含まれるアリシンは糖質の分解を促し、ビタミンB1が疲労回復の相乗効果が期待できます。

関連記事一覧