バジル好き*バジルの栄養

アンチエイジングプランナーの
柳田真理子です。

50代からの
好きなモノ ヒト コトを
見つけて楽に楽しみながら
続ける方法をお伝えしています。

みなさんはバジル食べますか?
食べたことないという方も
いらっしゃると思いますが
意外とお口に入っていたりするかも
知れませんね。

また育ててますよ~という方も
いらっしゃるかと。

昨日、七飯の道の駅で
バジルがたくさん入って150円!
というのを
買ってきました。

どのハーブも良い効能があると
思いますが
調べてみますと

主菜として
たっぷり食べることはありませんが
なかなかの優れものです。
良く見えないけどバジルドレッシング

バジルの効能・効果

バジルには
心身及び中枢神経の強壮作用があり、
体のさまざまな機能を高めてくれる
働きがあるといわれています。

また鎮静作用も秘めており、
腹痛や吐き気、胃痙攣
といった症状を鎮めてくれます。

イライラをしずめて神経を落ち着かせたり、
偏頭痛にも効果があるといわれています。

(出典:ハーブのちから)

*********************

便秘の解消に効果を発揮し、
お通じを良くします。

かゆみを抑える効能があるといわれ、
皮膚のかゆみが出やすい人によいです。

体を温める効果があるため、
手足の冷えやすい冷え性の人におすすめです。

バジルのハーブティーは、不眠症にも有効です。

★注意★
乳幼児や妊娠中の人は使用を避けてください。

重複しているところもありますが、
バジルに期待できる3大効果

(1) アンチエイジング効果

バジルに特記するのは、
βカロチンの免疫力を高め抗酸化作用の
アンチエイジング効果です。

(2) リラックス効果

バジルに含まれる
リナロールやオイゲノールの香り成分には
鎮静作用、強壮作用があり、
不安感を抑えリラックスさせてくれます。

(3) 骨と動脈の健康に効果

バジルに含まれるカルシウムは、
240mg/100g(牛乳110mg/100g)
といった高い含有量です。

その上にカルシウムの沈着を助ける
ビタミンKが含まれていますので、
骨の形成を助け動脈の石灰化を防ぎます。

(出典:植物の贈り物)
***************

ワインに金粉投入✨

閉経後はビタミンKで骨密度低下を防ごう

閉経後の女性は
女性ホルモン(エストロゲン)の
減少により

骨密度が低下し
骨粗鬆症にかかりやすくなります。

この時に血中の
ビタミンK濃度も低くなるので
積極的に摂ることが
骨の健康に良いそうです!

食べたい♡トマトバジルドレッシング 旨旨


余りおいしそうには見えませんがかけて(食べて)おいしかったのは覚えています💦

関連記事一覧