ちょっと鈍感なくらいがスッキリ過ごせる?

毎日の生活で、疲れを感じることはありますか?

体力的な疲れはもちろんありますよね!?

他にも人と会って会話をする、みんなで遊ぶ、買い物に行く、仕事をするなど、あれこれ考えて脳で処理を行い、結果疲れを感じることもありますよね!?

楽しい疲れも脳が刺激を受けて反応した証です😆

人は、身体も心も外部からの刺激(ストレス)を受けています。

今日はこのストレスに対して、うまく処理できるようになろう!っていうお話です💖

 

私も未だにうまくありません🤭

すぐにストレスの深みにハマってウンウン悩むこともしばしば💦

そんな時に思い出すヨーガの智慧で「せやな〜!」とストレスを軽減するように心がけています😆

そないに簡単にはできないけど、ストレスだと感じるかどうかは自分次第です✨

うまく回避できる方法の一つとして覚えておくとええかな〜と思います☺️

 

まずは何度も出てきた刺激(ストレス)って?

人には五感があります。

見て感じる味覚。

音を感じる聞く聴覚。

皮膚で感じる触覚。

舌で味わう味覚。

匂いを感じる嗅覚。

(・・・〇〇を感じる第六感も??)

その刺激(ストレス)の処理は脳で処理をしています。

全ての刺激(ストレス)を全て丁寧に処理しすぎると脳はパンクしてしまいます🤣

 

例えば、玄関から外に出たら

太陽の光を感じて

車のエンジン音などの日常の音が聞こえて

皮膚で気温や風を感じて

もしかしたら風に乗って何か匂いを感じるかもしれない。

これが一気に刺激として入って認識したら・・・

「明るっ!車?寒っ!何か臭っ!」

すんごいお祭り騒ぎです🤣

 

こうならないために、必要な情報だけを感じれるようにするのが脳の視床下部

視床下部ではフィルターのように、必要な情報だけを取り入れて認識させてくれます✨

 

さっきは五感で例を挙げましたが、日常生活の刺激はそれだけではなかったですよね!?

会話の内容、今実行していること、この後何するかの未来のこと・・・

敏感に何でも見すぎては頭はパニック!ストレスがどん!

処理しきれなくなってきます😅

 

だから今必要なことだけに意識を持っていくことは大切なんです☺️

だからちょっと鈍感なくらいになることも大事なんです☺️

 

それができるのがヨーガの実践っ💖

アーサナ中は、身体のあらゆる場所を意識します。

例えば、足の感覚を見たら表情、呼吸から肺の動き、筋肉の動きなど、あっちこっちを見るけど一つずつです。

他の感覚を切って一つのことを見ています。

今見るべきことだけを見て、あちこち向きがちな心を一つに向ける練習✨

細かく繊細に見る練習

鈍感になる練習

両方できる柔軟性を作る練習につながるんです💖

 

だから、ポーズの形だけでなく、身体の反応を丁寧に見てあげてくださいね☺️

それが自身の心の柔軟性向上が期待できるからね〜😆✨

関連記事一覧