「女子力」VS「女性力」あなたはどちら?

【Vol.143】

【本日のケア】

〜舌を思いっきり出す〜
ちょっとモヤモヤした時
舌を奥から顎につくくらい
思いっきり「ベーッ」と出しましょう

 

補足:「舌」は発散の場所です
フラストレーションが溜まったら
行ってみましょう!
舌の根もとが相当痛い場合は
言いたいことが言えていないのかも(笑)

以前から思っていたこと

 

「女子力」について(笑)

「女子力」をあげたい「女性」って
たくさんいますよね

 

実は私も使っていたことがあります
ですが、、、
「女子力」という言葉を使っている自分に
違和感を覚え、

 

今は内面や外面を磨く言葉として
「女性力」と表現しています

 

意識すると、
「女子」って言葉が蔓延してる!!!

 

女子力に始まり、
女子会、オトナ女子(笑)、○○女子
何にでも女子がつく

 

私の定義では
25歳を過ぎたら
「女子」より「女性」の方が素敵です

 

「女子」「女性」の違いは
曖昧ですが、
「子」「性」の違いを理解すれば

あなたがどんな人でありたいかが
よくわかるというもの

 

40歳を過ぎて「女子」とは痛すぎる💧

 

日本人女性が幼くみられる所以も
そのような精神性の低さにあるのかもしれません

 

また、どうしても
「女子力」というと
外面的な装いや後付けの体裁にしか思えず

内側から滲み出る
「その人らしさ」は伺いにくいと感じてしまいます

 

おそらく、

言いやすさや
そもそもそんなこと思って使ってない!!

かもしれませんが・・・

言葉にもセンス✨が現れてしまうのです

 

「女性力」とは
他者への思いやりから生まれるものです

 

例えば、
洋服を選ぶときも

「私」が好きだから

ではなく、

今日はどんな人と、どんな場所で、どんな立場
人とお会いするのか?

自分はお相手にとって
上位者なのか、下位者なのか?

季節天候を配慮しているか?

 

そして

自分自身もその装いをすることで
「自分らしさ」を物語っているのか?

少なくても「自分」というものが
わかっていないと
大人の女性としては?です

もし、あなたが
落ち着きのある女性
憧れがあるのであれば

「女性力」を磨いてみませんか🎶

 

明日からは
最近オシャレに目覚めた
長男くん(16歳)に伝授した

センスの磨き方✨
お伝えしていきます

Processed with Rookie Cam



■からだコトバ® オンライン講習会
からだコトバ®とは、言葉に価値をうみだし、
好きな仕事で自立するために、
伝わる文章力をつけるためのサポートコンテンツです。
文章の書き方ではなく、「言葉」の本質を学び、
これまでの体験・経験から作り出されたあなたの想いを、
受け手にわかりやすく伝えるために開発されました。

プログラム詳細はこちら:
https://karadawork.jp/program/karada-kotoba/
講習会詳細はこちら:
https://karadawork.jp/training/karada-kotoba/
■からだカラー® オンライン講習会
骨盤ケア×呼吸×色彩心理を融合し、
「色」をイメージしながら
呼吸法と骨格調整で心身の調和をもたらす
トータルケアプログラムです。
現代に生きる女性が「季節」や「環境」に適応し、
もっと自由に自分らしくあるために
“自力で身体を整える”術を身につけ、
“自己演出できる”
魅力あふれる女性へと導きます。

プログラム詳細はこちら:
https://karadawork.jp/program/karada-color/
講習会詳細はこちら:
https://karadawork.jp/training/karada-color/
■オンラインレッスン
NEW!
オンラインレッスン(40分)
zoomを使ったオンラインレッスンをスタートします。

お家にいながら体を整え、美習慣を身につけるサポートをいたします。
詳細はこちら:
https://yumeblo.jp/yuko/contents#NEW_40
■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら
■K Brand こちらから購入できます

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧