アラフォー女性に必要な良いとこ探し

【Vol.463

40代女性の身体と心の不調を改善!
身体×呼吸×色彩心理で
トータルケアを伝える

ボディカラー®︎
スタイリスト&メンタリスト
の山田祐子です

数日前に書いた記事

もうこれ以上太らない!とっておきの方法は、、、

これを読んでくださった方は
どんな感想を持ったかな?

昨日、こんなコメントがありました。

 

単純に服が似合わなくなるのもあるけど、、、
たとえ自分が5キロ太ったとしても、
誰も気にしないと思うけど…
それは寂しいから痩せたいと思うのかも。

 

なるほど、、、。

 

認められたい
存在をアピールしたい
振り向いて欲しい
愛する人のため

 

うん、愛おしい❤️

そうですよね。
そんな気持ちもある!!

特にアラフォー越えすると
そんな気持ちになるかもしれません。

私の場合は、
自分自身への期待や理想
矢印は自分に向かっているので
誰かのためにという考えはなかった

けれどもこの意見を聞くと
確かにそうだなぁとも思えるのです。

 

先日のブログの最後に、
自分のチャームポイントを
徹底的に磨くことが
体型維持の早道になると書きました。

それは簡単に言えば
自己肯定感を高める
ということなんですね

私も、自己肯定感は
見た目によらず(笑)低い
低くすぎる!!

 

挙句のあてに
人から見られる自分と
自分が低く見積もる自分との
ギャップに苦しむ

ばかでしょ〜〜

でも、
こういう人多いんじゃないかと思います。

そこで、
あなたのチャームポイントはなんですか?

恥ずかしがらずに
ちょっとゆっくり考えて見てください。

できたら紙にバーっと書いてみる

バーとなんてでてこないよ、、、、

 

って声が聞こえてきそうですが

 

ここだけはイケてると思う♪

 

ってところを書いて見てください。
できるだけ具体的に

 

例えば、
♦️性格がいい→どんな人とも心打ち明けられるところ

♦️指が長い→指の形ならモデル級!✨

みたいな🎶

 

私は、
実は密かに思っていたことがありました。

体は丸くても
脚は真っ直ぐで形がいい!

日本人ってO脚の方が多い中
私は本当に真っ直ぐなんです
(若干X気味)
母の脚そっくりで、遺伝もあります。

ある日、
祖母から聞いたことがあるんです。

あなたの脚は、
こうして日向に出て、
真っ直ぐになれ、真っ直ぐになれって
さすった脚なのよ

 

 

そうなんだぁ。
手をかけてくれた脚なんだ

 

私はその日から
脚をとても大切に
するようにしているのです。


そのあと、仕事でも、

 

祐子さんの武器は脚でしょ

 

なんて言われて
いい気になっていた時期もあります😅

お気に入りの一枚🤣

そうやって自分の良いところを
受け取り、徹底的に磨くことは
自分に自信をつける早道だと
経験を持って感じています。

 

だから、
皆さんもぜひ、
ここが私のチャームポイント✨

を見つけて欲しいと思います。

もし、

えー💦そんなのないよ、、、

 

というのであれば、
整えて、作っていくこともできますよ!
そのためには

  1. 知ること
  2. 学ぶこと
  3. 習慣にすること

2019年、春2年間温めた、
パーソナルプログラムを発表します。

3ヶ月間二人三脚で
なりたいあなたに寄り添いながら
結果を出します。

モニターを1名だけ募集します!
まずはお問い合わせください。

詳細をご案内します❤️

<募集中>

■ ワークショップ
あなたの身体の機能を120%引き出す!万能エクササイズ
からだバー®エクササイズ 2019.6.27(木)
詳しくはこちら

■TRIANGLE新規メンバー
40歳からの「わたし」磨き
子育てが終わった今だから、自分らしく生きたい
いくつになっても女性らしく、キレイでいたい
もっと魅力的な自分を目指したい

そんなあなたを3つのプログラムが応援します!
詳しくはこちら

■からだバー®サークル新規メンバー
詳しくはこちら

■からだバー®講習会
2019年
からだバー®︎を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/karada-bar/

■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。