綺麗を叶える✨誰でもできるたった一つの行動

【Vol.507

ボディカラー®︎
スタイリスト&メンタリストの
山田祐子です。

明日からの3日間は
新旧入れ替わりのタイミングだそう!

 

2/3:節分
2/4:立春
2/5:新月

月のリズムに詳しい友人が
LINEで教えてくれます🎶
いつもありがとう❤️

この大きな移行期の前の今日は
お部屋を綺麗にしたり
いらないものを
整理しておくといいそうです。

お昼過ぎに、
突然末っ子ちゃんが

『部屋を掃除する!!』

と言って、
今も寒い中取り組んでいます。

あまりにも頑張っているので、

『今日はお掃除するには、
とてもいい日なんだって!』

 

と伝えると、

『へぇ〜、ずっと思っていたんだよね。
今年はおみくじで大吉引いたからかなぁ』

 

ですって🎶

彼女にも見えない力が
働いているのかもしれませんね!

さて、先日、
さいたまで活躍している、
星泰衣さんの書籍を購入!!

星さんとは、今から6、7年前に
女性起業家の会でご一緒させていただき、
3年前に私の独立記念パーティにも
きてくださった方です。

 

子育てをしながら
女性の人生を変えるメイクを通して
活動されています。

プロローグを読んだ段階で

同じことを伝えているなぁ

 

と彼女の一環した思いと
私自身が抱いている想いを
重ねました。

 

キーワードは

セルフプロデュース

 

彼女はメイク、お顔へのアプローチですが、
私は身体、骨盤へのアプローチ

そして、最終的には人生を変える
という大きなテーマを持っています。

 

彼女の歴史にもメイクで人生が変わり
私の歴史にもセルフケアで人生が変わりました。

 

誰しも

 

もっとよくなりたい!

 

という欲求は少なからずあるでしょう。

では、もっとよくなるために、
大切な3つのステップとはなんでしょう?

 

書籍には、

 

「自分の顔の特徴を知ること」

「なりたいイメージを決めること」

「メイクのやり方を理論的に知ること」

 

です。

 

と書かれています。

これ、全く同じことが言えるのですが、
私の場合、

「自分の身体の特徴を知ること」

「なりたいイメージを決めること」

「身体の整え方を理論的に知ること」

となるわけです。

すなわち、王道!!

さらに付け加えるとすれば、
綺麗を叶えるには、
誰でもできるたった一つの行動
することから始めたらいいと思うんです。

 

それは、、、

鏡を見ることです✨

えー、鏡見たら綺麗になるの?

 

というかもですね😅

 

はい!ただし鏡の見方があります。

無意識に見るのではなく、

顔色や肌のハリ
目の輝き
口元の表情

これらを意識して見ることです。
そして、欠点ばかりを拾うのではなく

自分のいいところ
チャームポイント
さらに磨く努力をすることです❤️

よく、

 

自分の映る姿は見たくない
体重計なんて、怖くて
ここ数ヶ月乗ってない💦

なんて聞きますが、
これをしてしまうと、、、

取り返しがつかなくなります(^_^;)

だから!
綺麗を叶えたかったら、
現実を見ること!

それには、

鏡を見ること✨

がとっても効果的なんです!!

だんだんと暖かくなる
これからの季節🌸

ぜひ、鏡の力を使って
綺麗を叶えていきましょ✨

3月のおすすめワークショップ
ぜひチェックしてくださいね🎶

「骨盤」と「お顔」セミナー

<募集中>

■ ワークショップ
もっと知りたい!話したい!!女性の骨盤とホルモンの関係 (座談会付き)
詳しくはこちら

■TRIANGLE新規メンバー
40歳からの「わたし」磨き
子育てが終わった今だから、自分らしく生きたい
いくつになっても女性らしく、キレイでいたい
もっと魅力的な自分を目指したい

そんなあなたを3つのプログラムが応援します!
詳しくはこちら

■からだバー®サークル新規メンバー
詳しくはこちら

■からだバー®講習会
2019年
からだバー®︎を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/karada-bar/

■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

■ ワークショップ
40歳からの自分をもっと輝かせたい女性のための「骨盤」と「お顔」セミナー
詳しくはこちら

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。