自分の魅力や未来に出会うために「色」を知ろう!

【Vol.548】

ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。

先週3/21は、
私にある大きな変化を
もたらした日でした。

様々な情報もさることながら、
やっぱり直感を信じ、
身体や心の様子を観察していると、

 

いまだ!
これだ‼️

とサインを受け取る
タイミングがわかります。

全ては自分次第ではあるけれど、
この大いなる見えない力を
活用できる自分は
幸せだと感じます。

未来というのは、
向こう側にあるものではなく、

どうなりたいか
どうありたいかの先に
ぼんやりとあって

そこに到達するためには、
小さな努力と当たり前のようにする習慣
そして、

そこに向かって行くんだ!!

という想いが相まって、
未来に繋がると思う。

 

私も漠然と未来に期待を馳せ、
明確にしなかった時は、
なかなか進まないもどかしさがあった。

けれども、今は、
なりたい未来を出来るだけ具体的に
表に見える形で、紙に描き、
イメージすることを繰り返していくと、

うっすらとした光が差して、
そのぼんやりした未来を照らし出し
今すべきことも見えてくるようになりました。

色彩心理のセッションをしていると、
大勢のかたが、生き方、在り方に課題を抱えて
背中を押して欲しい人がいることに気づきます。

私は、自ら選んだ色を通して対話をし、
必要があれば、かなり幼少期まで遡りながら、

 

本当はどうしたいのか?
本当はどうありたいのか?

 

を引き出していきます。

特に子育ての最終ラウンドに
さしかかっているアラフィフ女性や
これから第二人生をスタートさせたい方
もっと自分の魅力を表に出したい方

そんな方がそれぞれの結果を
出されています。

先日セッションをした
クライアントさんから感想を
いただきましたので
ご紹介しますね。

Q 色彩心理パーソナルセッションにお申し込みくださったきっかけを教えてください。
A 一歩前に進みたかったから

Q 色が持つ意味や「今」を表していることについて新たな発見がありましたか?
A 色×心理、すごく興味深くなり、さらに学んで現場に生かしたいと思いましいた。

Q 診断前と後で、新たな発見や心の変化はありましたか?
A 自分のことを知ることができた。そして、その先が見えて来て、何が自分に必要なのかがわかった。

Q 色を知ることで今後どのようなことに役立てると思いますか?
A 自分という人間を理解すること。
その時の悩みや状況がわかり生きやすさの助けになる。

Q 色彩心理パーソナルセッションで気づいたことをご自由にお書きください。
A 山田さんのセッションを受講できて感謝しかありません。
山田さんなら心の知られたくない部分も全部さらけ出せます。
色を使って、自分や他の方の心を知り、コミュニケーションツールのひとつとして取り入れていきたい。

Uさん、身に余るお言葉ありがとうございます!

色は、私たちに多くのことを伝えてくれます。
色を意識し、色の力を取り入れて
もっと素敵に、未来を自らの手で
創り上げていきませんか🎶

きっと自分でも知らなかった
自分の魅力や未来に出会えるはずです。

ただいま、色彩心理パーソナルセッション
オンラインを特別価格でご提供しています。
zoomを使って60分間のセッションを行います。

ご興味のある方は、
こちらのフォームから
お問い合わせくださいね。

お問合せフォーム

<募集中>

■ ワークショップ
あなたの身体の機能を120%引き出す!万能エクササイズ
からだバー®エクササイズ 2019.6.27(木)
詳しくはこちら

■TRIANGLE新規メンバー
40歳からの「わたし」磨き
子育てが終わった今だから、自分らしく生きたい
いくつになっても女性らしく、キレイでいたい
もっと魅力的な自分を目指したい

そんなあなたを3つのプログラムが応援します!
詳しくはこちら

■からだバー®サークル新規メンバー
詳しくはこちら

■からだバー®講習会
2019年
からだバー®︎を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/karada-bar/

■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。