夢を叶えるためのマインドセット3つのコト

【Vol.615

”骨盤ケア” ”色彩心理” ”言葉”を通して、
あなたの魅力を引き出し、高い志へ導く
ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

今回のコンセプトは、
夢を語ること✨

20年前、エアロビクスの養成で一緒に学んだくんちゃん🎶 会えて嬉しかったよ〜❤️

全職場のメンバーさん、優さん。どんどん進化して、今更に🎶 いつも有難うございます!

前職を辞めるときに、一緒についてきてくださったAさん。 いつも支えていただいています。感謝✨

中学時代の同級生。なんだろうね〜?離れているけど、どこかで繋がってる。 会えるってことはそうゆうことなんだと思う。ありがとう❤️

落ち着いていて、優しい女性美智子さん。 FBで繋がりました。見つけてくれて、ありがとうございます❤️

あなたの夢はなんですか?

私の夢は、

女性が人生の波に適応しながら
自分らしく、美しく、
社会に貢献する人生を生きる。

 

です。

男女問わず、
人生は山あり谷あり。

けれども、女性ほど人生の中で
大きな波をくぐり抜け、
適応する力を求められるなぁ

と女性を生きてきた私は感じるのです。

 

夢は見るものではなく、
叶えるもの!

では、どうしたら
夢を叶えることができるのか?

 

1.言葉にする
2.他人の夢を応援する
3.自分ができることをまずは与える

 

これは今、私が学んでいる
起業塾で体験し、
日々実践していることです。

1.言葉にする
言葉にしなくては何も始まりません。
頭の中のことを取り出して言葉にする事で、
より具体的になり、具体的になったイメージは
潜在意識に伝わり勝手に進み出します。

2.他人の夢を応援する
応援のパワーは、人を大きく成長させます。
応援されていると思うだけで、
元気や勇気が湧いてくる経験を
誰もが持っているはずです。

その応援の力を相手に捧げる事です。

3.自分ができることをまずは与える(give)
これもとても大切なことです。
与えるとなると、たいそうなことを思い浮かべ、
”私が与えられるものってなんだろ?”
って思うかもしれません。

小さなこと、
例えば、私はこの2冊の本を紹介しました。
自分にとって役に立ち、お相手にとっても
きっと役に立つであろうと思うもの。

ささやかだけど、心からのgive。

お茶会では、6人中3人は、
ビールを片手にしておりましたが🤣

どんなところにいても
自然体で楽しく、
ちょっとアカデミックな場は
私が創り出せる空間です。

最後に、みなさんからのコメントを

今日はありがとうございました。
すてきな時間でした 。
東京の夕景を楽しみながら歩いて帰りました。
皆さんとお会いできて良かったです。

祐子先生✨素敵なお茶会☕ありがとうございました。
静かな空間でスッキリ頭も整理で来ました。

夢を語る事で今一度、置かれた自分を確認して、

本当はどうしたいのか?
何を与えたいのか?
欲しいのか?
Give&Take
見つめる機会になりました。

 

次回は秋に開催します!
今度はもう少し時間長めで🎶

限定人数で開催しますので、
ご興味のある方はご連絡ください。
いち早くご案内いたします。

yuko.triangle@gmail.com

その日まで、夢を丁寧に育み
また大きな夢を聴くことを
楽しみにしています!

次回は秋に。またお会いしましょう!

<募集中>

■ ワークショップ
「色」を知り、もっと魅力的なあなたに~
色彩心理ワークショップ
2019.9.5(木) 10:30~13:00(予定)
詳しくはこちら

■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

■TRIANGLE新規メンバー
40歳からの「わたし」磨き
子育てが終わった今だから、自分らしく生きたい
いくつになっても女性らしく、キレイでいたい
もっと魅力的な自分を目指したい

そんなあなたを3つのプログラムが応援します!
詳しくはこちら

■からだバー®サークル新規メンバー
詳しくはこちら

■からだバー®講習会
2019年
からだバー®︎を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/karada-bar/

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。