地元での取り組みをもっと手掛けたい✨

【Vol.754】

身体のトータルケアと色彩心理で
女性が本来持つ能力を発揮しながら

心身ともに健康的で、美しくあることで
自己実現と調和のとれた社会を創る

ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。

 

昨日、さいたま市事業団からのご依頼で
「花のアロマでリラックス
骨盤体操講座(全4回)」

を無事に終えました。

この場所は、
私が初めてクラスをスタートさせた場所。
思えば、11年の月日が流れていました。


実はこの講座、
本当はからだバー®︎を
新たな取り組みとして
取り上げていただけないかと

館長さんに直談判!!

お忙しい中
時間を取っていただき、
からだバー®︎について
プレゼンしたのだけど、、、

その前に、
すでに決まっている企画があって
そこに、今回の講座が
組み込まれた形となった。

逆に、こちらは
これまでずっと行ってきたことでもあるし
最も伝えたいメッセージが
込められているので

とてもラッキーな話だった。

定員は20名。
全てのお膳立ては
市の方でしていただき
感謝しかないのですが、

定員を上回る応募だったそうで、
そんな中当選した方のモチベーションは
本当に高かったですね!!

今回の講座のテーマは、
花のアロマ、リラックス、骨盤、体操

上質なエッセンシャルオイルを使い、

できるだけリラックスできる環境を整え

骨盤というとても大切なパーツの理解を深め、
実際に動いて、
整う感覚を味わうことに徹しました。

できるだけ日常でできることを
ほんの少し行うことで、
ここちよさを感じられることを

そして、

これからの人生に
期待したくなる言葉がけ

また、私にとってのチャレンジは、
比較的講師と参加者、
という一方通行になりがちな講座を

参加者同士のコミュニケーションによって
「繋がり」を生み出し、

1人で参加している
のではなく、

会場に来たらあの人がいる

会話をすることで、
同じ悩みや新たな視点が持てるような

そんな場を創りたかった。

結果、毎回、

凄く活発な場が生まれて
集中力も高く、成果も出ました!!

そして、
こんな嬉しい感想も!!

お疲れ様でした。
先生お帰りの後、ロビーで参加者3人から
とても良かったですとのことでした。

アンケート分析結果、
満足度は、今年度としては
最高評価でした。

おかげさまで、講座内容と手続きなど
満足度も今年度初の100点でした。

ご協力ありがとうございました。

 

こちらこそ、
本当に素晴らしい
体験をさせていただきました。

こうゆう取り組みを
今後はもっともっとしていきたいし、

受講した方が、
大切な人に伝え、
また、伝わった人が
また大切な誰かに伝えていく。

そんな循環が起これば、
もっと理想的な幸福感の高い
人生を送ることが
できるのではないかと思う。

ご参加の皆様
そして、事前準備から
全てのサポートをしてくださった
職員の皆様へ

心からの感謝を申し上げます。

 

 

このブログを読んで、
”勇気を持って一歩前に進もう!!”
と思ってくれたら嬉しいし、

私の活動を通して、あなたの豊かな人生を応援します!🎶

 

マイナスからゼロへ戻すアプローチ
ぜひ内容をご覧くださいね。

からだカラー®

 

この度、キャンペーンを行います。
10月からの消費税増税の前にぜひ!!

9/30までは送料も無料にてお届けします。
お申し込みはこちらから

 

 

<募集中>

■ ワークショップ
(社)日本骨盤矯正普及協会主催
骨盤特別セミナー
骨盤の春夏秋冬〜日本人の骨盤の弾力を取り戻すために〜
2019.11.24(日) 13:30~16:50
詳しくはこちら

■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

■TRIANGLE新規メンバー
40歳からの「わたし」磨き
子育てが終わった今だから、自分らしく生きたい
いくつになっても女性らしく、キレイでいたい
もっと魅力的な自分を目指したい

そんなあなたを3つのプログラムが応援します!
詳しくはこちら

■からだバー®サークル新規メンバー
詳しくはこちら

■からだバー®講習会
2019年
からだバー®︎を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/karada-bar/

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。