メンターとメンティという関係性

【Vol.1303】

慈愛の心で心身ともに
美しくたおやかに生きたい女性の
チャレンジを応援し続ける✨

ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。

 

雨がシトシト降って
この時間は、
なんだか眠くなる〜。

どうやら今年の梅雨は長引く
ようですが、
あくまでも予報であって
未定ですね。

 

今日は、
私が名乗っている
ボディカラー®︎メンタリストについて。

 

この由来は、
もともとボディワークを伝えたいた私が
カラー(色彩心理)を身につけ、

 

それらを融合し、
身体と心(色彩心理)を整えることで
より良き人生を生きることを目的に
つくったものです。

 

色が身体や心に影響することは
誰もが少なからず
感じていることでしょう。

 

例えば、「赤」を見れば
心拍数が上がったり
興奮したり、

 

「緑」を見れば
安らいた気持ちや安定した感覚に
なることも体験していると思います。

 

私がお伝えしたいのは

色は感情・感受性を持っている

ということです。

音色・声色・顔色

どれを取っても
感情に影響し、
見たり聞いたりすれば

 

その状態があらかた
わかるということです。

 

特に日本人は
「感受性」を大切にしてきました。

 

これは欧米のように
目に見えた表現としてではなく
秘められた表現として。

 

これがまた美しさを連想させ
日本人特有の「雅」という価値観を
うんだのではないかと思うのです。

 

私はボディカラー®︎メンタリスト
として、身体のサイン(信号)と
心のサイン(表情)
両方をキャッチして

 

色を通してクライエントの心を診て

課題となっていることは何か
本当はどうありたいのか
壁になっていることは何か

そして、行きたい方向に導くための
色や行動指針を提案していきます。

 

カウンセリングでも
コーチングでもなく
メンタリングをする。

 

メンタリングとは
人材育成や指導のひとつです。

 

指導者とクライエントが
マンツーマンの関係を築き、
対話や助言によって

 

気づきを与えたり
動機づけをする手法です。

 

微妙に定義が重なる点もありますが
メンタリングは心理的なサポートや
物の考え方、整え方を提案し、

 

より広い視点で
メンターとメンティという
役割を担っていきます。

 

先日基礎科の1期を終えて、
初の修了生は7名。

修了生の学びが素晴らしく
今後は、みなさん
ボディカラー®︎メンタリストを
目指される方も🎶

 

色への探求は
自己の探求と他者を理解し
最良のコミュニケーションを
取っていくこと!

 

最良のコミュニケーションは
幸福につながります。

 

私はここをお伝えし、
人生における
メンターとメンティの関係性を
創って行きたいなと思っています。

RAYSカラーセラピーに
ご興味のある方。
こちらをどうぞご覧ください。

色の世界は本当に面白く、
あなたのお役に
立てるかもしれません。🎶

大切な、大切な一枚

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑



■オンラインレッスン
NEW!
オンラインレッスン(40分)
zoomを使ったオンラインレッスンをスタートします。

お家にいながら体を整え、美習慣を身につけるサポートをいたします。
詳細はこちら:
https://yumeblo.jp/yuko/contents#NEW_40
■色彩心理パーソナルセッション
「色」は心のNavigator
あなたの心の扉を開き、魅力を引き出す
色彩心理診断プログラム
詳しくはこちら

関連記事一覧