木田 麻美 のすべての投稿

できていく過程

おはようございます
苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

ジョイフィット苫小牧でからだバー®を
3年間提供しています。

最近はスタジオレッスンに参加しないけど、
これは気持ちいいし、
筋トレは苦手だけど

これは楽しく鍛えられるから
出ている・・

という方の参加も増えています。

アスリートの軸獲得のためのアイテムにも
使うし、

運動初心者の方でも提供の仕方一つで
しっかり効果を出せるからだバー®

からだバー®は毎回自分自身がその変化を
実感できる

前回の自分と今回の自分の変化を感じる

前はできなかったことが今回はできている

 

やらされているではなく、

自らの意志でやっている

 

そんな感覚があり、
毎回毎回、

参加者の方の表情が豊かになるのを
感じます。

できると楽しくなる
できると自信がつく
できるともっとチャレンジしたくなる

できる見える世界が変わる

できるは人生を変える

 

そして大事なのはその過程をしっかり見守り
ともに歩んでいくこと

大丈夫

と、その方のゴールに合わせて
歩幅は違っても
歩調を合わせてともに進むこと

 

これが大事・・・

 

結果もすべてだけど、
過程も大事ですね


学んだあと恥ずかしくなる話

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

木田ちゃんです

土曜日、日曜日、
札幌で近藤拓斗さんの

【運動と感覚の統合:脳と神経系の学び】

を受講してきました。

 

以前にも呼吸や感覚、骨盤、胸郭のセミナーなど
色々開催していたのに
スケジュールが合わず

行けなかった・・。
今回は早めにわかったのでスケジュールを入れずに
念願かなって行きました。

まず。。

 

いつもいつも残念に感じるのが

受講者にトレーナーさん、治療家さん、理学療法士さん
しかいないこと・・・

 

うごくひとは樋口先生くらいだった、。

私は昔から
スタジオインストラクターとして活動しているけど、

身体を学ぶ講習会が少なすぎる
と感じていました

養成コースで機能解剖学を学ぶとは思いますが、
そのあと情報をブラッシュアップなかなかしない・・

スタジオでエアロビクス、ダンス、プレコリオなどの
指導をしている人たちは
学ばないのかな?

と思っていたら

学ぶことが違う・・・

学ぶ視点が違っていました。

 

コリオのワークショップ
動きを習得するワークショップ
展開を考えるワークショップ

そうゆう学びには参加する

海外プレゼンターさんから学ぶような
ワークショップは参加する

私ももちろんそうゆうワークショップ
参加するし、
自分でも提供します。

 

ただいつも思うのは、
自分がレッスンしている際にお客様を
導いていくとき、

できている形を伝えるだけになってしまいがち

完成している形を出して
さあ、これを覚えてください

一緒にやっていきましょう

という指導になる

伝えたいことが
コリオ
かっこいいコリオを作って

わくわくドキドキする
出来そうでできない難度の高いコリオを
提供し
感動させ、それで終わってしまう。

格好いい身体の使い方をするのが
目的・・・

もちろんそれも必要。
だって楽しくないと参加したくないから・・・。

ただ、それを考えるうえで必要なのは何か・・

できない人がいたときにどうやって導くか
展開法を変えるだけではなく
うまくいかない方の動きを見て、

その方のどこに原因があり、

起きている現象の改善すべき点は何か。。
何を伝えてあげるべきか・・

 

たとえそれがグループでもパーソナルでも・・・

といつも思います。限界はあるけど。。

そしたら学びの場所は少ないのではなく
ちゃんと大切な学びの場は多々あるんです。
身体の構造を学ぶ講習会

身体の仕組みを知らずして、使い方を把握できるわけない

身体の使い方を変えたいなら仕組みをしらないといけない

 

なぜ、身体の使い方を変えてあげたいか・・・

 

それはその方の身体の機能を改善し、
日常生活をしっかり送ってほしいから。
逆算してかんがえたのですが、
学ぶ場はあるのに
そこに行く人がいないのは

(特に北海道・・少ない(:_;))

 

そもそもそこの重要性を感じていない

そもそも目的がそこにない

 

ということなんですね・・・。
フィットネスというのは

単なる概念 枠組みで、種目ではないですが、、

人を健康で元気に笑顔にしたい
という想いはみんなおんなじだと思います。

 

パーソナルトレーナーが得ているような知識を
スタジオインストラクターも習得していたら

私たちの指導は質が上がるんです
コーチングの内容が変わる

キューイングの引き出しが増え
できるようになるお客様が増え、
どんどんレベルアップできるようになり

お客様は成長し、
難しい動きもできるようになり、
インストラクターも質が上がり

楽しい激しくかっこよく動きながら
身体の機能を高め上げて
その方の日常に変化、進化をもたらす

気持ちが変わり
思考が変わり
人生が変わる

そこまでみちびいてあげられる

 

・・・・

 

はずなのに・・

きっといつの間にか
指導者側はそこまでの視点を
持たなくなってしまっている

楽しいからやっている
これはいいんです

楽しいだけで・・で終わってほしくない・・

参加する側は楽しいから参加するでいいです。

指導する側、は
楽しいことをした先に身体がどうなるか・・
まで把握していてほしい・・

といつもいつもいつも願っています。。

もっと機能解剖学的な
身体についての学びに
スタジオグループエクササイズインストラクターが

沢山参加する時代になってほしい

 

機能改善と娯楽フィットネスを
分けて考えなきゃいけないの・・・?

私は何とか融合したい・・・。。

指導する側は
いろんなこと学んでいろんな視点から物事を見て
いろんなことを同時にしなきゃいけないけど

 

そのくらい
私たちが発する言葉には影響力があり
私たちの動きは皆さんの

ロールモデルであり

見本であり

痛みを改善できることもあれば
逆に痛みを引き起こす危険性もあり

それによりその方の人生が
良くなる場合もあれば
悪くなる場合もある

 

自分が商品の私たちです。

何かあったときの責任は私たち自身に返ってる

 

知識を得たから全てを入れ込まなきゃいけない
というわけではなく、
知った上で、どうそれを自分のコンテンツに活かすか

 

インストラクターの在り方って
運動指導者の在り方って・・

プレゼンターの在り方って・・・

パーソナルトレーナーの在り方って・・

その共通点って・・

 

 

 

 

 


基本を知ることは成功への近道

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

私自身、昔スピードスケートの競技を
10年間しており

自分自身様々なトレーニングを試し
どんなことをするとからだはどう変化するか・・

自分には何が適しているのか・・

行っていたことと結果はどう反映されるか・・・

を身をもって感じています

 

それがどうゆう理論かわかったのは、
今のフィットネスインストラクター

運動指導者になってからです。

その当時は、何もわからず、とりあえず
学んだことを実践していました。

 

起きた結果に理論をはめたりしていました。

 

それを逆算していくと

こうゆうときはこうなるから、
あらかじめこうしておくといいかも・・・

 

というのが見えてきます。

メディアの情報や、

誰かが試してよかったから
おんなじことを真似してみる

そんな声を聴きますが
ヒトの身体はみんな違う

大きさ、重さ、日常の動き、癖、
それなのに答えをひとつにするのはおかしな話

そして昔を生きてきた私たち・・
戦争時代ではなく、今ほど規制が厳しくなく、
身体を思い通りにたくさん動かせた時代

 

今は環境が整いすぎて、からだが本能のままに
動かなくても、生きていけるような時代・・

楽に省エネで生きる時代

そのせいで便利な世の中を手に入れた
代償として身体の機能不全が生まれました。

 

そして
そのままできるだろうと、指導者や親は自分たちの
感覚のまま、身体のことをあまり知らずに
子どもたちに伝えていきます

遊びの中から
子どもたちはからだの使い方、神経の発達を
促通していきますが

その遊びすらままならない

だから、せめて大人の私たちが
ちゃんと基本的な知識くらいは知っておきましょう・・

自分自身がフィットネスをする際も、
知らないままで取り組むより、
誰かに指示されて取り組むより

自身が理解して
取組むのは吸収力、効果が違います

各スポーツの指導者の皆様
ご自分の取り組んできたスポーツについての
専門的な知識、技術的な部分は
卓越しているかと思ますが、

最初からそれができる子なんていません

身体を使えていない人が多いので
ミスマッチな指導は子供たちや、ご自身の身体に
多大な負担をかけます。。

そして身体を使う使い方・仕組み、働き

の前に更に大事なのが栄養になります。

 

今回は
運動指導のプロの木田麻美と

 

栄養学のプロの木田裕親が
セミナーを開催します。

難しくないです。
最低限、必要なところをしっかり伝えたいきます。

ご自身で運動をされている方
運動指導をされている方、
運動する子供たちの親御さん
が対象です

7月14日、アイビープラザです。
定員20名

こちらまで申し込みください
kida0331@gmail.com

 


自分にしかできないこと×皆さんが求めること

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る

木田ちゃんです

 

ヒトにはそれぞれの生きてきた人生があり、
その人生を誇らしいと思っていることと

消したいと思うような過去があります

 

消したいと思う過去がある間は

素直に自分を好きに慣れなかったり

自分のことを否定してしまう部分がある

 

きっと過去の自分を好きになる

過去のできごとを
糧として
次の何かに活かせて

そこで結果を出せて初めて
そこまでの自分を肯定できる。。

そんな気がします。

今の自分があるのは

今までの自分があるから。そこに                                    沢山の理解や協力があったから、。

結果がどうであれ、

それも含めて今の自分。

 

その自分を受け止めて

周囲の声に耳を傾け何が出来るかを

 

考える

 

出来ないことを悔やむのではなく

出来ることを工夫していく✨

形にしていく✨

 

そのわくわくが生きてる醍醐味✨

あなたのミッションはなんですか?✨

 

 

 


一か月で5㌔減!体脂肪8%減!

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

木田はフィットネスインストラクターとして
様々な手段で皆さまの心と身体の
健康を守る

サポートをしています。

 

身体を使うというのが人間の特徴

身体の使い方を間違うと、ケガに繋がり、
長持ちしません

身体をちゃんと使うことは、
私たちのどう生きるか・・・にも

影響してくると思っています。

でももっと影響するのは

身体の作り方

 

そう!

栄養です

 

口から入るものでからだはほとんどが決まる
と言っても過言ではない

 

私はトレーニング指導をし、
同時に木田夫婦で栄養のアドバイスもしています

主人は

栄養コンシェルジュ協会の
講師としても活動しており

栄養についてを網羅しています

今、サポートしている方は
なんと、

一か月で体重が5㌔、体脂肪が8%減りました

 

食べるのを我慢したり、
あれはダメ。これはダメ!

 

なんて過剰な制限しません。

いつ、何を食べるべきか・・
何を食べるとどんなことが起きるか・・

そして、食べてしまったのなら、調整する・・

メディアでの間違った伝え方、
偏った伝え方により

 

本来摂っておきたいものが
邪魔者扱いされ

摂らなくていいものを、過剰に摂取している・・

おしゃれな朝ヨーグルト、果物、。。。

デブまっしぐら・・・です(笑)みたいな

 

炭水化物摂らない・・・
うん・・死んじゃうよ?!極論ですが・・。

 

この夏はいい身体を作りたい

短期集中じゃなくて、
サポートが終わっても継続して
身体を維持できる栄養知識も

身につくことができる

栄養と運動の個別サポート・・
実施しています。
興味ある方は

kida0331@gmail.com

までご連絡ください
必ず変えて見せます!輝くあなたに☆


目的と目標の違い

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

皆さん、目的と目標の違い
ってわかりますか?

 

人それぞれ解釈はいろいろあるかもしれませんが
私は読んで字のごとく

目的は・・

目で見える 的 最終的に到達したいゴール

のこと

 

 

じゃあ、

目標は・・・

目で見たときの 標 目的というゴールに
向けて進むときにその間に設定されている
指標

と、捉えています。

 

フィットネスや競技トレーニングに限らず
世の中のもの大体に当てはまる気がします。

今、バスケ、サッカー、ホッケー、野球、陸上

などの子供たちのパーソナルトレーニング
させていただいたり、

大人の方の理想に近づくパーソナルアプローチを
させていただきますが、

ます゛、どうなりたいですか?

どんな感じで何が目的ですか?

的なことを聞きます。

 

その目的があれば
そこに向かって何が足りなくて、何ができているか・・

がわかってくる

だから何をすべきかが見える

だけど、夢中になりすぎて、
集中しすぎて・・

プレッシャーを感じすぎたり、
とらわれすぎたりしていくと、

目標が目的になってしまいそうになる時があります

 

そうなると迷いが出る

なんのために?
誰のために?
これなんでやってるんだろ・・

私、何やってるんだろ・・

もういいや・・・と。

 

だからそうならないように
一つ一つの目標達成を一つずつ喜び、

やらされている感を感じず、
進化している自分をちゃんと認め

ちゃんと褒めて
能動的に、自発的に目的に向かって進む

 

目的と目標を理解し
どんどん加速していくといいですね♪

 

 

 


強みを知りカタチにしていく

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

本日はお世話になっております
札幌のstudio higuchiでの

イベントレッスンでした(^_-)-☆

ご参加いただきました皆様、誠に
ありがとうございます。

 

このイベント、そしてイベント後の樋口先生と
さやちゃんとのお茶会も含めて
とても考える時間になりました

フィットネスにこれが正解!
なんて決まっているものはなくて、

どんな手段でも、
もしかしたらもっといい方法があるんじゃないか・・・

もっと効果を出せるんじゃないか・・
もっと効率よく、楽しく

安全に導けるんじゃないか・・・?

と思うことがあります

 

毎回、満足なレッスンはできるけど
完璧というものは無いんじゃないかと
思います

完璧ができたらもう進歩しなくなりそう・・・

そもそも、みんな違う人間だし
感覚も思考も違うから

伝え方は変わって当然

伝わり方、反映され方も違って当然

 

何が正解かはわからない

だからその方が
これがいい!と思っていただけるものを
沢山伝えられるように

そして、たった一つだけでも
そこに確信を持っていたら
ちゃんと伝わるように

 

想いと熱をもって伝えていきたいと考えています。

 

自分ができていることって
実は無意識だったりして、、

私はこう思う!という
確信を持っていることを

誰かに伝えたいと思ったら

まず伝わるように
自分から一度取り出さなくてはいけません

 

取り出して、細かく分けて
箇条書きにしたりして、
その理由、仕組みを
客観的にみていく・・

 

そうするとそこに対して改めて
自分で

こうゆうことだったのか・・・

 

と気づく・・・。

 

その際にわからないことも出てきます
そして、次に何を学ぶといいかが
見えてくる

インストラクターになる人って
きっと何かしら伝えたい!という
想いがあってこの仕事をしています。

どんなインストラクターもそう。

伝えるためには
自分の中にある当たり前を
わざわざもう一度掘り起こしていくことが
必要なのかもしれない・・

それが強みになるんじゃないかな・・

と感じます。

貴方の強みは何ですか?

 

 

 


からだジャンプ®をやるとお尻が〇〇〇!

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

からだジャンプ®を苫小牧日新町
fitnessroomボディリマインドで
レッスンしています。

市内ではここだけです!

北海道では各地にインストラクターを輩出
してきましたが、

私自身が苫小牧の日新町でしか
レッスンしてないため
なかなか良さを伝える場所がない(:_;)

 

なので

私がからだジャンプ®をやるようになって
変化したことを伝えます

まず、
・お尻が上がった(小さくなった)
・脚が細くなった
・姿勢がよくなった
・脚の疲れが取れやすくなった

実は体脂肪も減ったけど、
身体のラインが変わった・・・!

通常のトランポリンエクササイズとの違いは
明確で
跳ばないんです。

 

跳ぶけど、飛び跳ねない・・・

 

そしてレッスンの運び方に
身体の機能を整える秘密をたくさん
盛り込みました!

姿勢がよくなるコツ
引き上げができるようになるコツ
脚が軽くなるようなコツ

沢山のコツを詰め込んでいます
からだジャンプ®を受けた方が

身体の調子が整う感覚をご自身で感じ
楽しいだけじゃなく、

効果を感じながら

ストレス発散でもできて、ダイエットもできて
通ってくれる

 

そんな皆さんを見ているので

まだまだ伝えてくれる人が増えたらいいなぁ~
といつも思っています。。

からだジャンプ®は少ない台数で
サークル展開が可能。

北海道でももちろん、
車を使う地域なら、折りたたんで車に積めるから
楽々移動できます。

全国各地に講習会を開催しに伺います
2人くらいいてくれたら開催します。

お気軽に私までご連絡ください!
kida0331@gmail.com

木田倶楽部に登録を(*´▽`*)


満足はしない、でも受け入れる

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

木田ちゃんです

GW中、夜のレッスンを
全てお休みし、

昼間のクラブでのレッスンを毎日入れています。
夕飯までには帰宅し、

家族が揃ってご飯を食べれるように、
(旦那は不規則だけど)

作り

私も子どもたちと一緒にご飯を食べています

こんな毎日、
もしかして

はじめてかもしれません・・・。

一緒揃ってご飯を食べている・・・

なんて幸せなんだろ・・

ご飯つく前に

バドミントンし、

 

夕食後、
長男とスポンジテニスして
リビングで遊ぶ・・。

ちなみに長男は中3・・・(笑)

 

身体を使うことが大好きな家族なので、
暇があれば私は子供たちに
サッカーを教わったり、

外で遊んでいます

 

付き合ってくれる・・

37歳と14歳、そして12歳

できるだけ自宅で家族がいるときにPCをしない

それを

実行してみました

 

いつも、ご飯作るか、
PC作業ばかりだったので、

やることはいっぱいあるけど
あえてこの休日の間はしなかった・・・。

仕事が増えていくから
気持ちは焦る・・反面

 

どこかで安らぐ

穏やかな自分に気付く

 

今まで相当毎日全力で駆け抜けてきています

私は、木田麻美という運動指導者の人種であり、
家事をしているときも、
PC作業しているときも、
買い物しているときも
レッスンしているときも
講習会しているときも

もう、

全て木田麻美という人種です。

演じるとか そうゆうことではなく
みんなが目指す、憧れの存在でいる

それも自分が自分に課しているテーマ
モチベーションを保つ一つの事柄です

ロールモデルとして、
リーダーとして引っ張る

リーダーシップを発揮する

 

インフルエンサーである

私は天才ではないので、
やらずしてうまくいくなどと言うことは
今までなく、

何かしらの取り組み、努力もしてきたつもりです

 

努力は自分から言うことではなく、
さらっとこなしているかのように
見えるのも

大事なのかもしれません

 

努力した分だけ、
困った人がいたときにその人に
寄り添うことができる

 

痛みがわかるから。
理解してあげられる。

今の自分に満足はしません
多分何を成し遂げても満足はしない

満足したらそこで終わる

 

この休みの期間
少し自分の加速度をあえて落としたことで
何だかいろなことを

客観視できました

 

自分自身を
受け入れることができました

私は今こんな感じなんだ・・
それはダメなわけではない

今の自分を大切に・・・。
そしてまた
アツく駆け抜ける自分に期待する

 

よく、自分と向き合う・・といいますが

自分と向き合うとき
自分しか見ていなかったら

わたしは何も見えてきません

 

周りを見て、
いろいろ聞いて感じて
触れて、

外を知った上で
さあ、自分はどうありたいか・・・を

問いただす

はじめて向き合えます。
まっすぐ進むだけの道は

近くてわかりやすくて
すぐ行ける。

だけど
私は右いって左いって
谷や山を越えた方が

大変だけど、
自分の生きざまに濃さが出る

人生が充実する

 

いろいろ感じ、いろいろ考え
色々出会い

色々動いて

進んでいきます!

 

かんがえさせられる
GWです。
男性には感じられない
母親、主婦イントラならではの感覚です。

 

 

 


1ヵ月でパーソナルアプローチが2件から20件に増えた理由

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康をまもる

木田ちゃんです

物事の本質に目を向ける時代に
来ているんだな・・・と感じています。

 

まさにこの2か月、
今までパーソナルアプローチが月に1~2件だったのが
劇的に増えました。

 

大人も子どもも・・・

私自身も、目を向ける位置が
更に変わりました。

 

物事には本質があります。

私は昔、インストラクターになったとき、
自分の感覚と皆さんの感覚はおんなじ

だと思っていたので

自分の中でできている部分は
みんなできる

わかる

 

私ができない部分は
みんなもできない

そんな感じを持っていたことがありました。

 

できない・・

に直面したときに、
え?なんで?!

となるので、
そのできない理由、原因を探る

 

ということをしました。

探るために大切なのは

 

そのものの仕組み
本質を知ること。

 

私たちが何かを取り組むとき、
私たちがなにか動くとき、
スポーツするとき

 

とりあえず共通するのは

身体を使う

ということ・・

 

ということは、からだの使い方に意識を向ける

膝が出ないのはなぜだろう
膝を出す仕組みは何だろう
膝が出づらいのは

どうゆう現象だからなのだろうか・・・

自分の価値観、経験値からの先入観を
取っ払い、

そのものの基本、本質に立ち返り、
その方にあったことを導き出す

 

そうすると

 

今まで悩んでいたことが一気に解決することがある

 

 

え?そんなこと?

 

と思うけど、
そんなことが一番基本だったりする

そもそもの土台が斜めになっていては、
どんだけあとで部品を付け足しても
また斜めになってくる

特にお子様のスポーツにおける動きの悩みは

ある程度修正できる

 

その競技の指導者はテクニック、技術の習得
のための方法しか
伝えられないけど、

 

パーソナルアプロ―チはからだのそもそもの
動きの部分からフォーカスしていくので

結果的に技術があがる

 

毎回、確実に変化できる

良いものは皆さんに伝えたい

 

悩んでいることたちが一人でも減って
楽しく運動ほしてほしい

競技に前向きにとりくんで
キラキラ輝く人になってほしい

痛みのない日常を送って、
自分の時間を有意義に過ごしてほしい・・・

結果が出るものはやはり
ひろまる・・。

この数か月は
それがなぜかすごく横に広がりました。

 

 

ずっと伝えたかったことが伝わる喜びに
私も感無量です。
まだまだパーソナルアプローチ
受け付けています。

小学生4000円
中学生5000円
高校生6000円
大学生7000円
大人8000円

です。大体60分
身体を変えたい人はぜひ!

kida0331@gmail.com

こちらにご登録いただくと

私から直接からだのアドバイスしたり、

情報を提供いたします!

 

まで。