からだバー®とスーパーストレッチの相互関係

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

 

からだバー®は
唯一無二のコンテンツ

メイドイン、ジャパン!

バーを使うことでの利点がたくさんあります
タオルとは違う
チューブとは違う・・

それらを否定するのではなく、
からだバー®でしかできない

動きの選択肢が多々あるのです

バーの形状がかわること、、

変わるんだけど
ある程度の強制感があること

 

その強制感というか、コントロールされる感覚が
他には感じられない点です。

ピラティスに似たような感覚もあります

ですが

ピラティスはアライメント、
その動作自体ができていなくてはいけなくて

その動作がなかなか難しかったりする・・

 

その動作を作っていく過程がまた
エクササイズでもありますが、

うまくいかないこともあります

からだバー®は自分が、
できているかできていないかが
わかりやすい。

 

バーがあるお陰で、ものさしのように
身体の右左、
上下、

斜め

角度・・・など
変化の過程を自身が確認、理解出来る。

 

重力に対して拮抗して立っているのが私たちです

下に下に行こうとする体を
宇宙の方向に
伸張性の筋肉の収縮様式を使って

身体を引き伸ばしています。

なのでからだバー®の立位での様々な動作は

実に生きていくために必要な動きの集約です。

 

 

そして、その反対に
常に引き伸ばしているのではなく、
ダラーんと緩んでいる状態

緩んでしまう
リラックスできている状態も作らなくては
いけません

スーパーストレッチは
からだバー®とは逆で
緩まそうとするのではなく

緩んでしまうような
身体の使い方をすることで
無意識で楽になってしまう

緩まる

 

とは、

緩めようとしている時点で既に
緊張状態にあります

緩むとは
無意識で
そうなっている状態・・・

なんじゃないかと感じています

この二つのアプローチは今の私にとって
とても必要です

どちらもからだに対しては必要。

緩むのも大事
最終的には

しっかり自分の足で立てるように

からだバー®で宇宙に向かって力強く
地球を踏みしめて
凛として立ちたいものです(^^♪