どこへ出しても恥ずかしくないように教えた件。

イントラの花道へようこそ\(^-^)/

 

どこへ出しても恥ずかしくないように、教えてまいりました✨

 

某施設のお客さんの話。

オープン当初から自分が担当しているクラス。
8割ぐらいが初心者だったんだけどね。

先日、別の先生が代行で担当した時

 

「皆さん 基本がしっかりできていて、素晴らしい!」と絶賛\(^-^)/

 

もうね、すごく嬉しかったわ。

 


なんかねー、まるで娘を一人前に育てあげた、

そう!母のような気持ちよ。

 

 

いい? よそ様へ出ても恥ずかしくないよう
こうゆうときは、こうするのよ。

違う、そうじゃない‥

そ!そうそう!できたじゃない!

オホホホホホホーーーーー
うふふふーーーー!うほっ、うほっ、あら失礼。

 

 

ちゃんと動ける、うんぬんより

クラスの雰囲気をまとめるのも、インストラクターの役割だ。

 

 

あいさつしない、
好き勝手なことをやる。他人に迷惑な態度をとる。

 

お客さんといえど「そうじゃない、それは違う」
はっきり言える勇気を持たないと

 


きっとこんな感じになる。問題GUY(笑)

 

 

 

ずっとニコニコするばかりが指導ではない。

厳しさも必要なのだ。

 

 

どこへ出しても恥ずかしくないように♡

 

 

では ☆ また