速く走れるようになりたい!体育が好きになりたい!そんなお子様に来てほしい

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

 

木田ちゃんです

走るときは自分が地球を転がしている感覚🌎

走るのが大好きでした

 

歩くくらいならひたすら走りたかった

自分に子供ができて運動会に行ったとき

 

驚愕でした・・・。

こんなに、こんなにも今の子は

からだが使えないものか・・。と。

 

まずは姿勢が悪い

そして手足が連動していない

身体が使えていない

 

悲しくなってしまいました

何とかしなくては・・・

 

それがきっかけで子供たちのからだの使い方を

習得する

SMILE KIDSを立ち上げました。

 

動物の動作やら、アジリティ、アクティビティ

 

楽しみながらからだの本来の機能が

整うことを5年間してきています。

 

私自身、子供時代から親からもらった

丈夫で比較的万能なからだのお陰で

 

身体が自由に使えない・・という感覚が

わからなかった・・。

 

走り方がわからない

自分の手足を上手に使えないという感覚が

 

わからなかった・・。

小さい時から、いろんなことさせてもらえたから。

 

今の時代は赤ちゃんの時から自由を奪われる

 

これは仕方ないのかも。。

抱っこひもで抱っこされたまま・・

とか、バウンサーに乗せられたまま・・

 

とか、危険だから入っちゃダメ‥とか・・

 

危ない

危ない。。

って

行動を制限される・・。

いろんな部活に入るけど、からだが使えないから

 

結果は出ない・・

 

基礎体力とか以前に

ちゃんとからだが機能していない

関節、筋肉、神経系が連動しない

 

遊びの感覚で

本来作られていくはずのからだの使い方を

わざわざ学ぶ時代・・

悲しいけど

 

運動指導者の私の役割だと思っています。

多分学校の体育ではここまでやらない。

だって体育のカリキュラムにはないですもん

 

私、体育指導したいくらい・・・。

確実に体育の成績を上げられる。

HIPHOPとかやる前に大事なことあるよ・・

 

 

来年からも毎週木曜日

16:30~60分

沼ノ端スポーツセンター研修室で

裸足ですが、

 

身体を動かす

SMILE KIDSをやっています。

3歳~参加できます!

体育だけでなく、知育、徳育・・全部身につく!

 

無料体験もあります!

kida0331@gmail.comまで。


日本各地に自立したフィットネスインストラクターを増やす

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

フィットネスインストラクターを派遣したり

フィットネスインストラクターが働く場所を

増やす会社を作りたい

 

と中二の長男に言われました

 

俺は母さんに姿勢を改善してもらえたり

自分のからだの癖の治し方を終えてもらったり

してもらったおかげで

 

サッカーが上達した

 

サッカーがうまくなると

結果が出る

 

結果が出ると、新たな目標、目的

ができる

 

そうすると毎日がいきいき楽しくなる

 

生き方が変わる

 

 

フィットネスインストラクターはもっと世の中に

沢山いるべきで

 

フィットネスインストラクターは生きていくために必要で

 

フィットネスインストラクターはヒトの人生を

 

変える

 

 

 

俺はインストラクターになりたいわけじゃない

だけどフィットネスインストラクターは

ヒトの生活にもっと寄りそう存在だと思う

 

息子に言われて

 

言われてというか、私はそう思って今まで

活動していました。

 

だから、クラブのレッスンだけじゃなく、

自分から生み出すことや

 

必要な方に必要な情報が届くように

見えないところに手を伸ばしたり、

 

道のないところを歩いたりしてきました

 

3年前に自分のスタジオを作り

そこに来ていただく方たちと

沢山会話してきました

 

みんな、ここがあってよかった

 

この場所があるから今がある

 

木田ちゃんがいてくれてよかった・・

 

と言ってくれるようになりました

病院でも解決しなかった

何年も悩んでいた・・

 

全く違う部分ばかりアプローチしてた・・

 

もっと早くくればよかった

そんな沢山の声をもらえて、

もし、私が今いなくなったら、

 

もし私が明日死んじゃったら

みんなどうなっちゃうんだろう・・

 

 

そんなことまで考えるようになりました

インストラクター向けワークショップを今から6年位前に

先輩からの依頼で札幌で開催しました。

 

 

その時は井上トキコ先生も受けてくださいました。

 

私はまだまだフリーの駆け出しだったし

受けてもらいたいと思っていたインストラクターは

 

 

ほとんど来てくれなかった

だからお客様も受けられるようにした

 

というか・・・

 

きっとその時は私が若かったり

私自身にまだまた゛力や影響力が

なかったんだと思う・・・

 

正直悔しかった・・

 

 

インストラクターはプライド高いから、

きっと自分より年下から学ぶとか

考えられないんだよ~

 

と慰めてくれた方もいた

 

 

木田ちゃん、苫小牧だからね~

 

って言われたこともあった・・

 

苫小牧だから・・・

 

 

苫小牧の人はワークショップしたらいけないの?

関係ない・・

 

絶対力つけて、

結果出して、

 

学びたいって思う意識のたかい仲間を増やす!

6年前にそう決めました

 

東京や大阪にいかないと学べないの?

情報を与えてくれる人は東京と大阪にしか

 

いないの?

 

毎回、学ぶために飛行機乗っていかないといけないの?

 

そんなことしたら北海道はどんどん

フィットネスの進化についていけなくなる

 

私が先に外に出て行って

情報を持ち帰り

北海道で提供できるようになる

 

北海道だから、とか苫小牧とか言われないように

 

行動してちゃんと形を残す!

そして、自分よがりじゃなくお客様のために

全力を注ぎたいという意識の高いプロを

増やして、

 

クラブがないところでも、

気軽に運動をさせてくれるインストラクターを

各地に増やす!

 

たくさんの知識が絶対なきゃダメじゃなく

あつい想いと根性さえあれば、

いつでもだれでも運動指導者になれる

 

その仕組みや、そのコンテンツをつくりたい

 

そして、とりあえず活動をして、

足りない知識はそこから学んで身につけていけばいい

 

最初から、完璧なインストラクターなんて

いない。

 

来年はもっともっとからだバー®とからだジャンプ®の

指導者を増やしたいんです。

 

待っている人がたくさんいます。

 

難しいコリオとかいらないんです

 

日常にフィットネスがもっと身近にあるように、

その場所を提供できる人材を増やしたいんです。

 

クラブのレッスンも大事

 

クラブに頼らず自分で展開していける

自立したフィットネスインストラクターを

育てたい!

 

強い、アツい想いがある人たち・・

 

 

仲間になってくれませんか?

日本の未来を変えませんか?

 

キラキラ輝きませんか?

 

 

 

 

 


自分ではなく周囲の進化に生きがいを感じた年

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

 

今年はかかわった周囲の方の進化に

心が歓喜し

涙が出るほどうれしくなった一年でした。

 

この3年位で指導者を養成する

 

教育する

ということをスタートしました。

地元苫小牧で私いがいに運動指導者を増やし、

 

キラキラ輝く人を増やしたい

何歳からでも、どんな立場でも

 

やりたい、やってみたいと思う人がいたら

 

全力でサポートしたい

北海道健康クラブを立ち上げて

インストラクターを養成し

 

それぞれの個性を生かして

運動指導ができるような

自身に満ち溢れた指導者になってほしくて

 

私のできる範囲でお仕事を委託したり引き継いだり

 

最初の道を作りました。

 

そして今年はその養成を受けた仲間たちが

沢山活動し自分の道をしっかり切り開いていった・・

 

きっと苫小牧で私のレッスンを引き継ぐというのは

 

ものすごいプレッシャーがあったと思う

 

いろんなこと言われたり

見えない圧力につぶれそうになったこともあると思う

 

私は自分にも厳しいけど、

他人にも厳しいです

 

どーでもいい人には、優しいです(笑)

 

無関心・・・。(^^♪

 

運動指導者という仕事は

人様の人生を左右する

 

ということを知っています。

だから、中途半端な気持ちじゃ提供できない

 

無責任インストラクターはいらない

 

からだワーク協会でグランドマスターとして

からだジャンプ®とからだバー®の形を作り

 

各マスターたちに落とし込みました

みんながほぼおんなじクオリティで

 

良いものを伝えられるようになった

 

そして、それを受け取った受講者からうれしい声を

聞けた

 

 

自分周りの方たちの進化がうれしくてうれしくて

 

人をサポートするとか、人を進化させる

その役割がこの一年、一番力を注ぎました。

 

ただ、この役割は

ものすごく

 

過酷でした

 

強い気持ちが必要でした。

 

時に言いたくないこともいうし

時に鬼にならなきゃいけない時もあるし

 

時に嫌われてしまうくらい全てを背負わなきゃ

 

いけない時もある

 

だけど、そこにはちゃんと愛がある

潜在部分を引き出してあげたい想いがある・・

 

きっと後々、気付いてくれる方は最終的に成功する

 

そんな期待だけで、今年一年走りました

 

 

自分もプレーヤーでいながら

誰かの成長をサポートする

 

そんなことに力を使った一年

 

自分なりにすごく頑張りました

なかなか立場的にほめてもらうとか、

評価してもらうとかそんなこと、もうないし

 

やって当たり前・・な感じがある。。

 

でもそれはある意味そこにもう来ている

ということでいいんです。

 

うれしいのは私の子供たちが

ますます私の活動、スタンス、生き方を

誇りに思ってくれていること

 

応援してくれていること

 

それが何よりの喜びでもあります。

来年の目標をもう立てています

後ほど発表!

 

 

 


代行レッスンは自分を知る感謝の場所

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

本日を持ちまして、2018年のお仕事を終わりました。

毎年結構ギリギリ迄仕事していますが、

 

今年は暦的に今日が最後でした

 

年明けスタートが早いです

さて、この2か月間代行レッスンとして

 

ジョイフィット室蘭 モルエ中島様に

月曜日3レッスン、金曜日3レッスン

の代行レッスンをさせていただいていました。

 

本日で最後でした、、ご参加いただいた皆様

ありがとうございました。

 

2年前に自分のスタジオレッスンを思い切って

 

半分減らしました。

 

私自身、次のステージにあがる決意をしたため

 

8レッスン辞めました。

平日にクラブや施設様でレッスンをこんなにしたのは

久しぶりです。

 

 

今は自分のスタジオで少人数や個別に

提供し、寄り添うフィットネスに力を入れています。

 

今まで私自身研修などでレッスンをお休み

することはあっても

 

逆に誰かの休みをカバーすることは

ありませんでした。

 

タイミングがなかなか合わなかった・・

 

 

メガダンスの北海道を共に開拓した

麻田インストラクターの膝の手術による

代行をサポートするため

 

代行できる部分を

担当させていただきました。

 

 

週末に地方でレッスンを提供することはあっても

レギュラーで入ることはここ数年していませんでした。

 

苫小牧のジョイフィットでのレッスンは

もうみんなが当たり前の感覚なので

 

何がどう楽しかった・・ということを

わざわざ聞くこともなく、

 

たのしかったぁ・・ありがとう・・という

うれしいおことばだけです

 

それでも十分うれしい。

 

室蘭でのレッスンは、

沢山の方にご参加いただき、様々な声を

頂きました。

 

 

かんじていただけている感覚を

教えてくれます。

 

自分のレッスンはそんな特徴があるんだ・・

 

ということを知れる機会でした。

 

初心に帰られた時間でした。。

 

たったの2ヵ月でしたが、一番仕事が

忙しい時期にあえて頑張ってみました。

 

自分の限界はどのくらいなのかを知る

そんな意味もあってひきうけました。

 

とても素晴らしい機会でした。

ジョイフィット室蘭の皆様、

本当にありがとうございました。

 

またいつか、伺います!

苫小牧にもぜひ来てください(^^♪

一年を

終えた素っぴんがおで

失礼します✨

 

 

 

 

 


綺麗で正しいモノが魅力的とは限らない

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康をまもる

木田ちゃんです。

 

キッズフィットネスが今日で年内最後でした。

来年からまた更に

身体を動かしてあげたい!

 

学校の体育の授業でジャンプの幅がものすごく伸びて

 

クラスで一番になった!

SMILE KIDSのサークルで動いている

お陰!と

うれしい声をいただきました。

 

バスケを上手に・・

サッカーを上手に・・

 

ダンスを上手に・・・

 

親としては、また学校の評価はその部分での

出来栄え求めがち

 

そもそもね・・・

身体が動かないとできやしないよ・・・。

 

 

私はキッズフィットネスを提供するようになって

 

【個性】

 

 

という意味を改めて考えるようになりました。

この棒をもって。と伝えたら、

 

私の中では両手で縦に持つ。。だったけど

片手で持つ子もいれば、

両手で横に持つ子もいたり、

縦に持つ子もいたり・・

 

とかく日本人は型にはめる気がする

 

もちろんある程度決まった様式の中で

自由に考えて動くのが理想だけど

 

少し他と違うとそれを

 

良くない

 

と捉えられがち。。。

 

私はどちらかというと人と同じことをあまり

選ばない・・。

それ以外に何ができるかな?の方に

意識がいっちゃう

 

まだ見ぬモノへのわくわくが止まらない

 

運動会やお遊戯会、学習発表会などで

 

綺麗にみんな正しい形でそろっていたら

確かに一体感があって素晴らしい・・・けど、

 

 

一人なんか違う

みんなとベクトルはおんなじなんだけど、

一人なんか違う!

 

っていう子を見つけた時、

すごくうれしくなる

 

そしてその子に目が行く

 

目立ってほしいとかじゃなく、

自分の中の表現を周りに遮断されるのではなく

 

のびのびと表現できる環境を作りたい

 

組織の中に入るときはある程度まとまりは必要

 

 

だけど、

何かを生み出す際、

更にいいものを作る際、

 

みんなとおんなじ意見では何も進化しない

 

一人くらい、違う見解、

違う発想、

違う視点

 

を出すことで、AとBの議論が生まれ、

より良いものが生まれていく。

あの人があれをやっているから

あれを真似する

 

それが評価されているからそれをする

みんなおんなじ様式になっていく

 

それでいいのかな?と思う

綺麗でまとまるけど・・・

 

けど・・・

 

ホントはもっとあなたらしさがあるんじゃない?

 

もっと可能性が引き出せるんじゃない?

 

と思うときがある

 

自分の世界観を見える形で表現するとき

不器用でも

雑でもいいから

 

まずは自分できる、自分カタチに

堂々と直感で素直に動いてみたら

 

いいと思う。

綺麗に整理していくのは

 

そのあと。

 

最初からまとまってちゃ楽しくない(^^♪

人間みんな違うから、

違っていいんだと思う♪

 

だからいろんなモノが広がっていくんだと思う★

 

 


苫小牧でからだを作る場所はココ

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

 

皆さんは自分のからだに満足していますか?

もっとこうなりたい・・

もっと。。。

もっと。。。

 

と、ゼロよりも上を目指す場合と・・・

 

いい状態のころに戻りたい

機能を回復させたい

痛みを減らしたい

 

などのマイナスをプラスにしたい場合の

両方があります。

 

私はフィットネスクラブのスタッフを経て

フリーランスのインストラクターになりました

 

ひとりひとり身体が違うから、しっかりその方にあったエクササイズ、コンディショニングを提供したい。

リハビリは私たちはできないから

 

フィットネスのアプローチでもしかしたら

痛みの原因になっている部分を緩和させれるかもしれない

 

施術をするわけではないので

私がマッサージしたり、バキバキしたりするんじゃなく

 

あくまでご自身で動いていただく中で

身体の変化を見抜いていきます。

2019年、いい心といい身体でスタートしたい

 

そんな方、一度パーソナルアプローチを受けに来てください。

貴方の今のからだの状態を伝え、

3ヵ月おき

または1ヵ月の目標を掲げて、

ご自身で何ができるか・・・

何を意識すべきかをしっかりお伝えします。

kida0331@gmail.ccom

までご連絡ください。

キッズアスリートパーソナルも行っています。

オフシーズンの身体強化に毎年ご好評いただいています。

 

小学生4000円 中学生5000円 高校生6000円

です。50分


からだが変わる感覚

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

 

インストラクターになって17年がもうすぐたとうとしています。

今までいろんなレッスンをしてきました。

 

激しいものも、激しくないものも・・・。。

スタジオエクササイズの中には2つの目的があることが

わかりました。

心と健康

身体の健康

 

どちらも大事です。

どちらかが崩れるとそうじゃない方も崩れる。

だけどどちらかが優先になりすぎると

もう一方が疎かになりやすくなる

 

効果的でいて、楽しめるものはないだろうか・・・

心がワクワク高揚して、またウケたい感覚にもなり、

身体の調子が整う・・・

 

そんなエクササイズないだろうか・・

 

そして一番重要なのはそれを伝える側の技術

せっかくいいものを作っても、それを使って提供しても

 

提供の仕方、伝え方が悪いと楽しめるものも楽しめない

プログラム内容充実させながら

インストラクションスキルも上げたい

だから、開発し、養成カリキュラムも徹底しました。

からだジャンプ®のレッスンをしていていつも思うのですが

終わったあと、楽しかった~だけでなく、

あー――!痛くなくなってる!

 

脚がかるい~(^^♪

という声が爆発的に多いんです。

だから、また来ないとからだの調子が悪くなる・・・と。

 

これはもちろんその声が上がることを目的に

全て一つ一つの動作に意味と目的をもって細かく作ったのですが

 

予想以上にその影響は大きく、

 

それが継続率に繋がっているようです

 

指導者様がそれを実際に感じられる。

床ばかりのレッスンで足や腰に負担がかかり

 

長く続けられるか不安・・・というインストラクターの方に

是非からだジャンプ®を取り入れてほしい

 

貴方のインストラクター寿命が確実に伸びます

 

そしてお客様の健康能力が確実に伸びます!

からだジャンプ®2級講習会4時間でからだが皆さん

いい感じになりました!

 

 

 

 

 

 

 


月イチ 土曜日ジャンプ倶楽部お知らせ

苫小牧市民17万人

北海道民560万人の

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

 

もうすぐ終わる2018年✨

月一度土曜日に開催していた

土曜日ジャンプ倶楽部

 

土曜日なら、これる!って方がいると思います✨

そんなみなさまの声に答えたくて、

 

わたしが空いてる土曜日を見つけて

来年も開催します‼️

できない月もあるかもしれないけど、

 

空いてる時はやります!

今回はキッズだけをお休みし、大人クラスを増やしました‼️

kida0331@gmail.com

または、直接声かけてください✨

効果が半端ないからだジャンプ®️✨

ぜひ!!

 


お詫び・・そしてこれからのこと

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです。

 

まずは、お詫びです。

ジョイフィットモルエ中之島

1,2,3月のプログラムに私が入っているのを今日知りました💦

 

当初、空いているのは月曜の、夜で

ただ、出張帰りでハードなのでとりあえず2ヶ月間だけ入り、それからそのあとを、

相談とゆうかんじだったのですが、

 

スケジュールにくまれたまま皆様の手元に渡ってしまったみたいで、、(>_<)

クラブさんからは最終確認等もなにもなかったので、

わたしは組まれてることも知りませんでした(>_<)

 

クラブさまがわとの連絡、相談ができていなかったことにより、皆様を残念な気持ちにさせてしまい

 

大変申し訳ありません。。

この2ヶ月担当させていただきスゴく喜んでいただけのもわかりますし、

 

私自身もレッスンをやめる寂しさもあります。

正直、からだに鞭うてば出来るかもしれないし、

わたしだけのことを言えば

3レッスンの集客もあるから

収入も増えます。

 

ただ、唯一の自分の脳内を整理し形に起こすことができる時間をレッスン往復の7時間

に費やすことは

いまの私には選択出来ませんでした。。。

 

レッスンしなけりゃ、収入はへる、、

私は3年前まで主婦をしながら

週27本レッスンをしていました。

 

レッスンの合間に帰宅し、夕飯作りまたレッスン

 

自分のレッスンをこなすこと、

新曲の時期に3つのプレコリオを夜中に覚えることに終われていました。

 

お客様は私のレッスンを楽しみにしてくださっている。。。

私が休むとお客様はこない、、

代行するスタッフさんは

嫌な想いをする、、

 

 

プログラムの価値より、

私のレッスンだから、、ときてくださる。。

 

 

あるお客様に、麻美ちゃんがインストラクターやめたら、私たちのからだは誰にみてもらえばいいの?

 

と言われました。。

衝撃だった、、。

うれしい反面、わたししかできないものと

みんながある程度共通にできる

万能な優れたものが作れないものか・・・

 

 

ずっとインストラクターでいる間、私にしかできないものを

貫き通すだけでいいのか・・・

 

 

今まで17年学んで、経験し、得た知識、知恵、そこから

考えた形を自分だけの中にしまっておくべきか・・・

 

良いものを知っておきながら

人に伝えないのは

 

もしかしたら罪ではないのか・・・

 

良いものを知っているのに教えないのは

インストラクターとしてどうなのか・・・

 

 

私が明日死んだら、頭の中のいろんなツールは

なくなってしまう・・

 

あの人や、あの人に伝えたいのに、

伝えることができる人をもっと増やして、

もっとおおくの人の笑顔を引き出したいのに

 

このまま自分にしかできないことだけに全力投球していいのだろうか・・

 

 

私は新人ではない

気持ちはいつもフレッシュだけど、

若い子たちの活躍や自分の母や父

 

子供たちを見ていると、

激しいエアロビクスだけをやり続けていいのだろうか・・

 

とずっと葛藤していました。

激しいエアロはもう、私の中では最高の趣味の域です

 

趣味をずっとやり続けたいから、そのために必要なことをする

 

からだバー®、からだジャンプ®を何もないところから

考えてきました。

仲間たちと試行錯誤し

 

行動し、

もがきながら作ってきました。

やっと自分たちの手から、

できた形が次の人たちの手に渡り世の中に広がり始めています。

私はからだジャンプ®を完全に最初一人で作ってきました。

からだバー®は仲間で作りました。

 

 

 

そしてそれも今、私以外のインストラクターおんなじように他の人に伝えられるようになってきました。

 

こうゆう取り組みをこれからは、

同時進行でしていきたい。。。

未知数で怖いです。。

 

クラブのレッスンは

そこにもうすでに会員様がいてくださるので

 

保証があります。

 

クラブのレッスンも大好きです。

元気もらえるし、皆さんの楽しそうな顔を見ると

私の方が元気になります。

 

昔はそこが基盤だったけど、

今、もう自分がその次の次のステージにいるという

自覚を持っています。

 

 

自分の役割をわかっています。

現場を離れるというわけではなく、

現場に立ちつつ、コンテンツを作る・・人を育てるということを

同時にやっていきたい・・

 

 

そのためには自分の時間の配分を考えなくてはいけない

 

楽しみにしてくださっていた方に本当に申し訳なく感じます・・

がその分、世の中に素晴らしいフィットネスプログラムと人材を輩出していきます・・

 

どうか、私の想いをご理解いただけたら嬉しいです。

 

来週が最後になります。

心を込めて代行レッスンさせていただきます