オンラインで市民と市政をつなぐ実例

あなたの頼れる御用聞き  北浦一郎です。

熊本市教育委員会、また、
最先端の取組みです。

保護者や地域の方々等と
教育長及び教育委員が
直接意見交換を行い、
今後の教育の進め方の参考にする
という「広聴事業」。

今回は、現在の校則や生徒指導のあり方
について考えるために、
生徒、保護者そして教職員の皆さんと
教育長及び教育委員が
現在課題はあるか、
見直す必要があるか、
をオンラインで意見交換を
行う取組み。

私が、今回のやり方で良いと思ったのは、
教職員が教育長、教育委員に
オンラインで意見が言えること。

また、10人程度のグループで
教育長、教育委員が進行役となって
意見交換を行うのも良いです。
参加者が自由に意見を言える、
参加者が教育長や教育委員の
考えを拝聴するのでは無い。

各務原市でもぜひ、やりたいです。
私のテーマです。
「オンラインで市民と市政をつなぐ」
すでに熊本市では始まりました。

 

 


----------------------------------

市議会議員選挙と市長選挙

各務原市では
来年、2021年2月に市議会議員選挙が
同じく、2021年4月に市長選挙が
行われます。

市議会議員は市民の代表者です。
今から、候補者の活動をご確認頂き、
市民の代表者にふさわしい候補者を
市議会に送り込んで頂くよう、
宜しくお願い致します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。