「未分類」カテゴリーアーカイブ

平城遷都1300年④最終

いよいよ、今回の目的のひとつ「奈良ホテル」です

興福寺の国宝館からホテルサンルート奈良へ預けていた荷物を取りに行き、
近くの裏道を抜けて奈良ホテルの裏門へ

ここから車は入れませんが、この入口の入ってすぐに聖ラファエル教会があります
教会や神殿を備えたホテルはけっこうありますよね

後にホテル内ツアーというのに参加します
ホテルの歴史やそれにまつわる話などが聞け、館内を案内してくれます
そこで聞いた話にホテルサンルート奈良から歩いてきた路地の話がありました

赤丸拡大↓

歩いて行くと、こんな感じ

つきあたりが、奈良ホテルの裏門です

このあたりを「不審ケ辻子町」と言い、「元興寺の鬼と不審ケ辻子」という伝説があります

ホテルは小高い丘の上に立っているので、表からも裏からも歩いて行くとけっこう大変です
少しずつ建物が見えてくると、その歴史を感じさせる作りに感動します
・・・とここで、感動の外観をお届しようと思ったのですが、
なーんと外観を一枚も撮っていないことに気付きました
ホームページをご覧ください(爆)

正面入ってすぐにフロントがあります
その真ん前のスペースはさほど広くなく、
その代わり大階段横に桜の間というのがあって、ラウンジになっています
残念ながら大階段は耐震工事中

よーく見ると・・・

シャンデリアの上に鳥が乗っています

今は見れない大階段のところには、こことはまた違ったシャンデリアがあります
春日大社本殿の釣灯籠をイメージしたと言う六角型のシャンデリア
1983年に小さな子供を連れて宿泊に来たオードリ・ヘップバーンが
「ビューティフル!!ワンダフル!!」と言った話は有名
その後、子供が急に熱を出し滞在期間を伸ばしたのだそう・・・

シャンデリア以外もそうですが、当時の特注品で和洋折衷のとてもモダンな作りになっています
写真では窓のガラスも普通に見えますが、古いものなので厚みにムラがあり
それが逆にモダンさを引き立てていますね~

今では綺麗なガラスしか製造してないので、割れてしまったら普通になってしまうそうです
*館内ツアーでの話

この桜の間は凄いものがたくさん置かれています

福田平八郎の絵

ここには無いですが、レストランをはじめとする主要な場所には
横山大観など著名作家の作品がたくさん

アインシュタインが弾いたというピアノもあります

そして、こちらは美智子上皇后さまがお気に入りになられたという、平成の大時計


ここにも書いてありますが、当時の天皇、皇后両陛下がお見えになった際
美智子さまがこの時計のメロディをとても気に入られたという逸話があります

廊下はこんな感じ

私の右側につるはしがかかってるのがわかりますか?
昔は今のようにオートロックやスペアキーなど無い時代
内側からカギをかけたら開きません
もしもの時は、従業員がつるはしで扉を破り救出する方法が取られてたそうでう
*館内ツアーでの話

ココが私の泊まった部屋

まあまあ広くて、とてもゆったりできました
お値段もまあまあですが・・・
部屋の中はホームページでどうぞ!!

館内ウロウロしてるうちに、もう夕食時です
館内の「花菊」に予約

窓際の席に案内され、まだ日も長かったので奈良の優美な景色を堪能しながらの食事です

ちょうど眼下にあるのが、不審ヶ辻子町のあたり

それでは、板さんの優美で繊細な料理の数々をどうぞ!!


ドリンクを頼めば、コースターもオリジナルです

まずは、先付けから


ほうじ茶は普通でが、ここでもコースターが凄い

奈良と言えば、やっぱり鹿

どれも、とても美味しい料理でした
ホテルはどこも普通に美味しいですが、ここは私が食べた中では上位の方
すごい日本料理をそんなに知ってるわけではないですけどね~

夕食も済み、この日もライトアッププロムナードへ出かけることにしました

奈良ホテル正面入り口からの坂沿いに雪洞が並んでいます

正面側の入り口

ここまでは良かったのですが、5分と歩かないうちに雨がパラパラと・・・
前日夜にも降って、晴れ男返上か?!

歩いて行くうちに雨がどんどんひどくなってきました

雨の奈良公園

でも、雨の中の鹿の様子が見れて良かったです

雨でも、夜でも、こんな風に何かを食べています
写真には収められませんでしたが、鹿は座って寝るようです
まあある種、犬や猫と同じですね

夜の公園へ行ったのは浮見堂を見るためです
ここは期間に関係なくライトアップされています

晴れていればもっと綺麗な画が撮れたのでしょうが・・・
雨が雪のように写ってます

内側はこんな感じ

昼間は行ってませんが、春や秋など気候のいい季節では気持ちよさそうです
一応、ボートもあるようです

雨でかなり濡れましたから、ここまできたらついでです
国立博物館のライトアップも見に行きました


なかなか素敵な作りです
THE博物館って感じですね
こんな夜に、こんな雨の日に、そしてこんな場所にまで鹿登場

ライトアッププロムナードもそろそろ終了時間です
繁華街のコンビニへ行って、ホテルへ戻ることに

私の現在の関心事のひとつ、地域猫を発見


興福寺の敷地内?に小さな神社があります
宮司もいない、ホントに小さな摂社?末社?
そこの軒下に、雨を避けるようにひっそりとうずくまっていました
ひとつ救われたのは、誰かが餌をやってるようです
暑い夏を乗り切ったのだから、次の冬も乗り切って欲しいです!!

そんなことを思いつつ、奈良の夜は更けていきました。。。

そして奈良3日目
最終日です
平日月曜なので、代行を立ててお休みもらいました
代行をしてくださった先生方、ありがとうございました!!
いつもご参加のみなさん、すいませんでした!!
またこのエネルギーをプログラムで放出しますね~

まずはホテルで朝食です
朝食はホテルの醍醐味の一つでもありますね
味も含め、どんなものが出てくるのか楽しみです

朝食はメインダイニング「三笠」
ここには横山大観などがさりげなく飾られています


朝食は洋食か和食が選択でき、洋食は卵とパン、フレッシュジュースの種類が選べます
和食は茶粥か白米
写真はパセリオムレツ、フレンチトースト、パインジュース、そして茶粥

朝食のあとは館内ツアーです
観光地は早くから出発される方も多いので、そんなに参加者いないかな?と思いきや
平日にも関わらず、15名ほどの参加でした
担当の方が、いつもより多いと言ってました

例の桜の間で集合し、そのまま桜の間の展示物や逸話などを紹介
その間に、ホテルの成り立ちや歴史なども交えて話してくれます

ホテルのところどころに、暖炉を埋めたものがそのまま残っています
昔の暖房施設だったそうで、木造建築ではふさわしくないと途中からスチーム暖房になったそうです
フロントにはオープン当初のこだわりの、鳥居の中に暖炉があるものが残されています
この暖炉、マントルピースと呼ぶようです
その後、今年の春までスチーム暖房が何十年も活躍したそうです
スチーム暖房では時折、「ゴン!ゴン!」と大きな音がするそうで、
騒音問題から次の冬は普通の暖房に切り替わるようです
スチーム暖房の装置は銀色や金色のとてもアンティークなカッコいいもので、
今でも廊下などにオブジェ的に残されています
マントルピースもスチーム装置も、何故か写真に収めていなくて残念です

大階段が修復中だったこともあり、旅行中に次の来訪も決めました
もちろんホテルだけでなく、奈良という町がすごく自分に合うような気がして・・・
次回は撮り逃したものをしっかり収めたいと思います

大階段ではないのですが、館内のところどころに階段があります
手すりには擬宝珠があるのですが、これもいわくつきです
戦時中に鉄もの(この場合は真鍮)がどんどん没収される中、
奈良ホテルの擬宝珠も例外ではありませんでした
そこで地元の工芸品を作っていた職人が一肌脱いだというわけです
金属がダメなら「赤膚焼」でということで、今のものになったそうです
独特な色合いと素材感は、今では奈良ホテルのシンボルの一つです

これらの話のほか、ナガサキホテルとの関わりあいや、
天皇皇后両陛下(元・上皇上皇后陛下)の逸話も紹介されました
この話は、館内ツアーを担当してくれた森田さんだからこそ話せる内容でした

天皇皇后陛下が宿泊された際、通常の部屋からすべて物を出してダイニングを作るそうです
そこでお二人だけで食事を摂られるそうで・・・
お二人の他には森田さんの当時上司だった方が1名入られているのみ
料理を森田さんが入口まで運ぶと、扉からテーブルまでは上司の方が運ぶ・・・というシステム
ところが・・・
食事があとデザートで終わりという時に、もう食事は終ったと思った天皇陛下が急に出てこられて
森田さんに向かって「私の部屋はどこですか?」と聞いたそうです
今から30年近く前の話ですから、森田さんもまだ若手社員
慌ててしまった森田さん、両手には料理
思わず顔で部屋の扉を指し「あちらです」と言ってしまったそう・・・
きっと冷や汗ものだったんでしょうね~
それを話している今の森田さんも、心なしか汗が???

色々な話を聞けて、とても楽しい館内ツアーでした
そして最後に新館側から外へ出て、本館を望みつつ防火の話
モダンな作りで有名な奈良ホテルも、木造と言う火には弱い建物
もちろん厳重な防火体制を取りつつ、防火を願うおまじないが随所に施されていました

名古屋城にもありあります、シャチホコ
屋根の一番上にある・・・とうのがポイントなんです
シャチホコは海の生き物、ということはそれより下は水
「燃えない」という願掛けみたいなものですね

よーく見ると他にもあります

これは正面玄関の屋根のちょうど尖がった部分
何かの栓のようなものが見えますよね
樽などの大きな水入ったものの栓に例えてます
こちらも同じく

そう言われてみれば、神社や仏閣、普通の家でも見たことありますよね

建物内を水に例えて、防火を願っています
普通に見ていたものでも、意味を知ると深いです

ツアー後はチェックアウトまでゆっくりして、
最終には観光せずに町中をぶらぶら歩くことにしました
・・・とは言っても、このあたりは今では「ならまち」と言って
散策しながら店に入ってもらうという観光スタイル
まんまと、それにハマってしまいました

古い作りの街並みやアーケード商店街
わき道にそれると工芸品や昔ながらの和菓子屋、今の時代の手作りショップなど
新旧入り混じった、名古屋で言うなら大須のような感じ

昼食は近鉄奈良駅から3分ほどのアーケード内の店にしました
「天丼 まきの」

丸亀製麺などを手掛けるトリドールホールディングの傘下
どうやら他の地域には、天ぷら定食専門店もあるらしい

注文したのは一番人気・・・かどうかはわかりませんが、「天丼 ロ」
イロハのロです

ゴマ油が香ばしく香り、具もたっぷり新鮮で美味しいです
とてもファストフードとは思えません
ただ調子の悪い時は匂いにやられるかも?!
まだ全国には数店ですが、見かけたら是非ご賞味あれ

引き続き街ブラ

ローソンも奈良っぽい

神社の地域猫は今日も元気!!

良かった良かった~

ホテルサンルート前の猿沢池も昼間こんな感じ

どこを切り取っても絵になります・・・奈良

夜は二日とも雨に降られましたが、昼間は晴れ男の本領発揮
この日も結構な暑さです

池のカメもずっと甲羅干し
同じカメなのか定かではないですが、行きも帰りも同じ体制のカメ

のんびり「ならまち」も散策し、楽しかったです
天丼食べたアーケード(東向きアーケード)の裏側に興味をそそるホテルを発見
後で調べたら、1室に二段ベッドが二台あって4人までなら何人でも1万円だって~
次回はここも使おうかと思ってます

さて、楽しい奈良の旅も終りが近づいています
昨年の松本、ずっと前の出雲、
日本にはまだまだ自分にしっくりくる場所があるんだと確認できました
旅上手になってきたのも一つの要因かもしれません
予定を詰め込まず、なんならその日、その時に行動を決めたりして
一つ一つをじっくり味わう時間を作る

人生もそんなもんかもしれません
こうでなきゃ、ああしないと・・・では、面白くない
旅は人に厚みを持たせてくれますね!

奈良と言えば、柿の葉すし
「たなか」で買って近鉄へ

色を見せるため柿の葉では包まれてませんが・・・

朱雀門が夕日に照らされ、どんどん遠くなっていきました


気分だけでも~

一旦はおさまったかの様に思えた気温も、台風の影響なのか残暑厳しいです
夏休みも終わり、どうせなら一挙に秋へと進んでくれた方が
気持ちの切り替えもスムーズで季節を楽しめそうなのですが・・・

そんな折、一枚のCDアルバムが届きました

竹内まりや「Turntable~ターンテーブル モアベスト&レアリティーズ&カバーズ」
パートナーの山下達郎は夏の曲が多いですが、私の中で竹内まりやは”秋”
代表曲に「セプテンバー」があるというのもありますが、
ミドルテンポやバラードの聞かせる歌が秋を想わせます

このところ何十周年という大物アーティストが多いですが、
竹内まりやは40周年
記念アルバムです!!
なので、今までのベスト、人への提供曲のセルカバー、そしてカバー曲
これらの三枚で構成されています

私がユーミンファンだということは周知の事実ですが、
若い頃は派手目のワクワクするような曲が好みでした
しかし、それなりに人生を送ってくると地味目の曲が心に沁みます

その曲がその時代に無くても、何となくある時代を思わせる曲
時代の一部分を切り取って、その時の情景がパーっと浮かび上がってきます

どこまで続くのか・・・この残暑
秋の夜長は上質な音楽で心癒されます


夏の贈り物

8月31日、まだまだ残暑は続きそうですが、何となく夏が終わるような気がします
そんな夏休み最後の日に、夏の贈り物が届きました

「SOUTHERN ALL STARS   YEARBOOK   40」


ファンクラブ限定品は個人の名前が入ってます
「Thank you」の下のネームストラップが名前と会員番号入りです
私の名前も見えますかね~

本の内容は40周年期間に出演したTV番組の収録風景や昨年のNHK紅白歌合戦、
40周年ツアーの様子からバンドメンバーの対談などなど。。。
そして最後に、メンバーの40周年を迎えての言葉
盛りだくさんの充実した内容です!!
おまけに新曲の「愛はスローにちょっとずつ」のCDも付いてます

昔は普通にサザン好きでしたが、コンサートに行くたびに桑田佳祐という男が好きになります
そしてその男を支え続けているメンバーやスタッフがまたいい!
作品はもちろんのこと、人間性がより音楽の質を高めてくれるような気がする

そして私自身もこの10年くらいで、横浜、鎌倉、湘南と随分回数行くようになり
サザンの音楽と重なることもあり、その世界にハマっています

大好きな夏は過ぎていきますが、2019年・素敵な夏の足跡が
そっと本棚に並びます


熱い一枚!!

まあまあ長かった私の盆休みも終わりを告げようとしています
墓参りやお寺さんなど盆の行事がところどころにあり、
これと言って何か大きなことはしませんでしたがゆっくりできました

昼間は何かと忙しいので、夜に好きなことを時間を気にすることなくダラダラと・・・
録りためたビデオを連続で見たり、仕事でない音楽を聴いたり気ままな休みです

少し前にラジオから流れて一発でハマってしまったCDを取り寄せました
久々に ”しびれる カッコいい” 曲たちです

マイケル・ジャクソンをラテンでトリビューとしています
暑い夏にピッタリの一枚
「THE LATIN TRIBUTE TO MICHAEL JACKSON『UNITY』」

TONY SUCCARという人がプロデュースして、色々な人に歌ってもらってます

特にお勧めなのが、「ビリー・ジーン」
You tubeでも見られます
是非、視聴してください!!

仕事でない音楽を楽しむ・・・とか言っておきながら、
ついつい「この曲使える!」とか思ってしまうんですよね~
これもイントラの性か。。。

夏の後半戦もがんばります!!


初めてのフラ鑑賞~

知り合いの知り合いがフラの発表会に出ると言うので、
付き合って見に行ってきました

久しぶりに行きましたね~
豊橋市公会堂

行くまでは、どうせすぐに飽きるだろうな・・・と思っていたのですが、
ところがなかなか見応えもあり、暑い夏にハワイアンが心地よく見とれてしまいました

素人さんでもプロ級に踊れる方もいます
正直、そこまでの技術ではなかったと思いますが、
それは問題ではないんです
フラの世界も奥が深いので、技術的なものに終わりはありません
しかし、現代フラのアウアナは踊りで物語を表現するもの
気持ちがこもっていることが大切です
周りの家族や友人、自然に感謝し、それを音楽や踊りで表現しさえすればいいんです!!
そんなみなさんの穏やかなエネルギーが伝わってきました

ちなみに・・・
古典フラのカヒコは神や王家に捧げる時や戦いに勝利するために踊ります
衣装も地味で神聖なものです
カネ(男性)のカヒコは、力強く迫力があって日本で言ったら武道のような感じです
圧倒されるというか、アウアナとはまた違って引き込まれます

なぜ初めてフラを見に行ったような人が詳しいの?
・・・と思われたでしょう
昔、習ってみたいなーと思い、調べたりビデオを見たりしてたので知ってます
インストラクターの仕事が忙しくなってきた頃で、
結局機会もないままにここまで来てしまいました
実際にYoutubeなどで見ていただければわかりますが、
女性のアウアナと違って、こればかりは若くないとちょっとできません
残念ですがあきらめてます

夏らしいイベントが堪能できました!!