教員の質、どう維持する

あなたの頼れる御用聞き 北浦一郎です。

公教育、命の大切さ、環境、女性活躍
について、
最新の情報、
皆様がお気づきでない可能性のある情報
をお届けしています。

皆様のご意見も
是非、お寄せいただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国新聞の昨年、12月31日(木)の社説です。

「小学校35人学級
 教員の質、どう維持する」

「ただ、少人数化したからといって、
 豊かな学びが担保されるわけではない。

 いかに優秀な人材を確保するかが、
 35人学級の成否を左右する。

 文科省によると、
 35人学級の導入に伴い、
 今後5年間で計14,000人の教員が
 あたらに必要になるという。

 だが、近年、
 教員のなり手不足が深刻化している。

 教員採用試験の倍率は低下傾向にあり、
 とりわけ小学校で顕著だ。

 受験者数そのものが減り続けており、
 20年ほど前には
 10倍を超えていた競争率は
 全国平均で2倍台まで落ち込んでいる。

 意欲ある人材を確保するには、
 現場の働き方を見直し
 教職の魅力を高めることが
 求められる。」

私は競争率の数字上の低下は
気にする必要はないと
想っています。

教員の過重労働が
問題化している中で、

それでも教員になりたいと目指す
学生さんや社会人の方々の
意欲は敬意を表します。

私が、今の学校で
変化が必要なことは、
1.教員の働き方改革
2.新入及び若手の教員の
 育成方法
だと、想っています。

「多様化する現場と向き合いながら、
 いじめや不登校にも
 対処していかねばならない。

 日々の仕事に忙殺されている
 現状を改め

 教員一人一人が
 時間と気持ちに余裕を持って
 働ける環境を整える必要がある。

 国や自治体は処遇の改善はもちろん、
 教員養成や免許制度の抜本的な見直しを
 急がなければならない。

 専門知識のある外部人材
 IT機器の活用など、
 業務削減に向けて検討すべき課題は
 山積している。」

私も、
ご指摘の通りだと想っています。

教員が生徒と向き合う時間を
確保するためには、
様々な改善策が必要だと
想っています。

教員以外でもできる仕事を
抽出して、外部にお願いする
仕組みの創出を希望します。

私たち市民が、その仕組みづくりに
参加できる仕組みも
必要だと想っています。

----------------------------------
あなたの頼れる御用聞き 北浦一郎の活動計画
こちらから

---------------------------------

市議会議員選挙と市長選挙
各務原市では
来年、2021年2月に市議会議員選挙が
同じく、2021年4月に市長選挙が
行われます。

市議会議員は市民の代表者です。
今から、候補者の活動をご確認頂き、
市民の代表者にふさわしい候補者を
市議会に送り込んで頂くよう、
宜しくお願い致します。

プッシュ通知を
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。