コロナ禍について

日本はもともと震災、洪水など自然災害の多い国です。
コロナと言う疫病に関しても多くの人が不安に思い、今でも大きな社会不安となり経済が止まったり自殺者まで出ている状況です。
しかし、生きていれば病気になったり怪我もする、ありとあらゆる不幸の種は尽きません。そしてそれを〇〇のせいで私は不幸になった、などと被害者になっても全く状況は前に進まないし主体性に欠けると思うんです。
ここで気持ちを大きく切替えて「コロナのお陰でこんな良い事があった」を探してみるのは如何でしょうか?
私自身も大きな借金があったり、家族の病気で苦労しましたが、今思えばそれがあったからこそ本業の大切さに気付かされました。
この災害に世界中が負けてしまうのではなく、何かのチャンスと捉えて前に進んでいきましょう。