ボーカロイド

アクティブグランマ

Fitnessインストラクタ-のNutsです。

『ボーカロイド』

この言葉普通に知ってる方ばかりだとは

思いますが、私はキッズダンスの子供たちに

言われるまでしりませんでした。

ボーカロイドで踊りたい!!

と目をキラキラさせていってくれた子。

ithunsで検索しながら聞くと

ん~?これをどう振付しようか・・・。

音がまるでエレクトーンでつかうようなストリングス。

それでいて裏のビートがピンとこない。

久しぶりに悩んでます。

かれこれ1週間ほど考えてます(笑)

自分が好きじゃないのかビビッときません。

イントラになって4年目に入るわけですが

1週間で踊ってる曲数は

zumba/zumbagold/DIO/シニア/キッズダンス

全部で38曲。

zumbaはとくに毎週1曲は新曲を

いれていかないといけないので

(あくまでもB1でのテキストどおりの

慣れてきたクラスの話ではありますが)

 

そんなこんなで私の作ってきたコリオノートは

5冊目がついにいっぱいいっぱい。

もうすぐ300曲に突入。

 

先生よくそんなにポンポン思いつくね~と

いわれますが、最初はそうではなかったです。

zumbaはほぼZINを覚えて踊る程度。

でもFDEC養成に入ってからはこれを克服できました。

コリオを作るのが楽しくてしょうがなくなりました。

コツをつかんだというか。

高校生の時にエレクトーンの検定で

編曲がありました。

特に忘れられないのは

スターダストというバラード曲を

16ビートのアップテンポで考えたこと。

もちろん音やパーカッションのリズムもすべて考えるわけで。

今でも大好きな曲です。

そのせいかA判定ももらいました。

だからコリオを作ってるときは

あの時と同じような感覚にとらわれます。

そんなせいもあるのか今ではZINもMegaも

配信されたら1~2曲は入ってます。

ほんとに自分の人生って無駄にはなってないんですよね♡

経験がいきるというのはこういうことかもしれません。

ボーカロイド・・・。

子どもたちが教えてくれた自分へのチャレンジかも。

挑戦してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧