ケアすると軽くなる

ジュニアアスリートの選手と一緒に体幹トレーニングに励んでいますが

ケアをしていない傾向に

体幹トレーニングの成果も出てくると

動きに切れ味が増します

今まで以上の能力を出すために

筋肉も疲労します

選手たちはケアをしていないので

体が重い状態で試合、練習に臨んでいる傾向があります

【ケアすると軽くなる】

ジュニアアスリート体幹育成塾では

セルフケア

を学んでもらっています

専属トレーナーを雇えるまでは自分でケアするのです

そこで有効になる

『ストレッチポール』

選手たちも効果を実感すると

「軽〜い」

「これ家でもやろう」

と声が上がります

怪我予防に

パフォーマンスアップには

体幹トレーニングも必要ですが

ケアも大切です

結婚式から1年

昨年の2016年5月26日は

ハワイで結婚式を挙げました

【結婚式から1年】

 

1年って早いな〜

 

 

色んな事が起こった1年でしたが

ここまで一緒にいてくれて本当にありがとう

 

 

 

3月には待望の長男誕生

息子も生後2ヶ月

すくすく成長してくれています

笑顔も増えてきました

 

 

1年後の今日息子の大地は初の予防接種に

泣いていましたがすぐに泣き止みました

 

 

結婚された方は結婚記念日も記念日ですが

結婚式挙げた日も大切な記念日ですね

目醒める!大腰筋

今年すごくいい本に出会いました

『強める!殿筋』

この本を読んでいると筋肉の繋がりを感じ

新鮮な気持ちで読めた1冊でした

同じところから出している

【目醒める!大腰筋】

大腰筋ってどんな役割をしているか?

上半身と下半身を唯一繋いでいる筋肉

大腰筋の近くには内臓や大きな動脈が通っている

大腰筋は階段登りでも鍛えられますが

動いて使うだけでなく

保持しながら使う筋肉(スタビライゼーション)

そこで紹介していたのが

ピラティス

ヨガ

ピラティスの動きはどの動きでも大腰筋は働いているので

すごくいいエクササイズであることをこの1冊は教えてくれています

是非ご興味のある方は読んでみてください

ズルしても勝ちたい

ジュニアアスリート体幹育成塾では

色々なルールを塾生で決めています

その中に

掃除は罰ゲーム制を導入しています

その罰ゲームは先生(自分)が決めるという事で決定しました

【ズルしても勝ちたい】

掃除は絶対嫌という塾生

掃除なら俺がやるよという塾生

掃除が嫌と言う塾生は

どうすれば相手に勝てるか?

考えるのが得意です

おまけに相手のズルには徹底的に厳しく指摘します

ズルしても勝ちにくる選手もいます

もしドーピングをした選手が優勝したら・・・

〇〇級に500g重い体重で臨んだら・・・

最低限のルールって必要

ルールに縛られすぎてもいけないのですが

正々堂々と戦って

相手に勝つんだと言う気持ちを出してもらえるといいな〜

 

 

出版感謝講演会

水曜日の夜は磐田グランドホテルにて

【出版感謝講演会】

『子どものやる気を引き出す7つのしつもん』

著者の藤代圭一さんの出版感謝講演会に

夫婦+息子で参加させていただきました

ジュニアアスリート体幹育成塾でも

しつもんメンタルトレーニングを導入させてもらっていますが

実際に講演会を聞くと色んな気づきがありました

その前に自分自身がまだ完全にわかっていない事もわかりました

効果的なしつもん

尋問になっていないか

改めて自分がジュニアアスリートに伝えている

目標設定の大事さ

振り返りの大切さ

計画する事

実行する事

この4つのサイクルの流れで成長もしていく事もわかってきました

親御様に是非お伝えしたい内容です

興味のある方は本の購入をオススメします

本にサインもいただいてきました

それにしても息子の大地も泣かずに頑張っていました