「仕事」カテゴリーアーカイブ

トップアスリートは物を大事にしている

ジュニアアスリート体幹育成塾で

物を大事にする

とどこのクラスにも伝えています

トレーニングしていっぱいいっぱいになると

ツールを蹴ったり殴ったり

【トップアスリートは物を大事にしている】

自分は製造業出身なので

市販されるまでの製造業の苦労はわかっているつもりです

一生懸命作った物を粗末にする姿が

自分の中では信じられませんでした

でもその辺りは伝える必要があるんだなと

 

トップアスリートはメーカーから支給されますが

使わずにファンにプレゼントしたりしています

野球選手がデビューした当時のグローブを

引退するまで使っているってケース多いんです

物を大事にする事は

作ってくれた方への感謝の気持ち

作っている方もすごく嬉しいと思います

 

トップアスリートの心構え

物を大事に使う事皆さんは意識されていますか?


動きの多様化

キッズアスリートにも

ジュニアアスリートにも

体幹育成塾で

赤ちゃんの動き

を採用しています

なぜなのか?よく聞かれます

体幹というキーワードが世の中に出てきましたが

昔はなかった言葉ですよね?

 

最近多くなってきているのは

1つのスポーツを早くからやり始めて怪我が増えている

原因は小さな時から同じ動きの繰り返し

それも体が成長しているのにストレッチをしない・・・

【動きの多様化】

背景には生活環境があると思います

便利なものが多く

必要がなくなっているのです

遊具が安全性の為に減り

ゲームが流行り

結果運動量は激減

その中で着目している赤ちゃんの動き

皆さんは1度やっていますよね?

でもやったか覚えていないかもしれません

赤ちゃんの立つまでの過程は

親が言わなくても勝手にやります

でもその動きも最近減っているのです・・・

 

キッズアスリートにも

ジュニアアスリートにも

赤ちゃんの動きをやり続けると

動きがスムーズになり

思ったように体が動かせるようになってきます

実は

赤ちゃんの動き全て体幹トレーニング

競技に関係ない動きが

今までにない筋肉を使えるようになり

怪我予防に役立っています

動きの多様化に赤ちゃんトレーニング最適です

 


上半身で支えれる力

11月に入り新クラスがスタート

新しく入ったジュニアアスリート、キッズアスリートを見ていて感じました

【上半身で支えれる力】

体幹育成塾で採用している

赤ちゃんのトレーニング

中でもハイハイ、高這いで感じました

足の回転が早くなった時に

上半身で支えられないと

頭からぶつけたり

手首、肩に負担がかかっていたり

 

例えば手を下につかないサッカーは

手を下につけて競技を基本はしません

故に足の筋力は勝手にでも付いてきますが

上半身は何もやっていなかったというケースが多いのです

体幹は

頭、腕、足を抜いた部分

です

上半身も体幹なのです

 

上半身で体を支える力を身につけることは

怪我予防にも大切ですよ


靴ひもしばり方レクチャーとウォーキング

今日は月に1度伺っている地域でのレッスンでした

先月急なお休みをいただき

お客様が心配してくれていましたが

お客様に娘の誕生を報告したら喜んでくれました

今日は

『コアストレッチウォーキング』

の日でしたが

【靴ひもしばり方レクチャーとウォーキング】

今年こじこじボールを導入して

お客様から大変好評をいただいているので

こじこじボール後

<靴ひもしばり方レクチャー>

現状のしばり方と

レクチャーしたしばり方で比較してみると

皆さん足が軽くなるのを実感されていました

その履いた靴を利用してウォーキングへ

毎年お伝えしているので

体に染み付いている方もいますし

また教えてもらって良かったと言ってくれる方もいました

姿勢が良くなると

普段使えない筋肉が使えるようになり

コア=大腰筋が使われて

転倒予防、姿勢維持、腰痛予防にも有効です

ウォーキングするなら足に負担がかからない

靴ひものしばり方を知るのはいい取り組みではないかと思います

 


どんまい精神

ジュニアアスリート体幹育成塾を運営していて

会場内にピリッとした空気が流れることがあります

トレーニング中チームを作って対戦してもらうことがあります

ミスが起こると

「何やってるんだ!」

と叱咤するケースがあります

勝負事なので勝ちたいと気持ちがあるのはいいのですが

ミスした選手は

落ち込んでしまったり・・・

本来の動きができなくなってしまったり・・・

 

叱咤した選手がミスすると

物に八つ当たりしたり

人に文句を言っていたり

ジュニアアスリート体幹育成塾でよく見かけるシーンです

【どんまい精神】

ミスした選手はしたくてミスしたのではありません

一生懸命やって出たミスなので

周りがどうやって声をかけるかで

雰囲気は良くも悪くもなります

逆にその選手に助けられることもあります

ミスした選手への声かけは

チームにとって大きな影響を及ぼします

どんまい精神持ってますか?