• HOME
  • お客様の声

お客様の声

①ぎっくり腰をしなくなりました。
②40肩で辛かった肩が動くようになりました。
③体が強くなり、尿漏れもなくなった。
④姿勢が良くなったと言われるようになりました。

①【ぎっくり腰をしなくなりました。40代女性】

7年前くらいからか、だいたい秋ごろにぎっくり腰になるようになったんです。
整形外科で調べたら、反り腰で背骨も少し湾曲してるらしく。改善のため、筋トレとストレッチというリハビリをするようになりました。完全に運動不足だし、とにかく毎日動けと言われまして。
だいたい2週に1回、リハビリのお兄さんとこに通って筋トレとストレッチ指導をしてもらったんですが、そのお兄さんにピラティスがオススメだと言われ、ピラティスが気になるようになりました。

ピラティスを知らない時のイメージでは、ピラティスっておしゃれなエクササイズかと思ってたら、実際のピラティスって、背骨一個ずつ動かすみたいな地味な運動で、でも普段動かさないとこ動かせるし、筋トレ要素もストレッチ要素もあって、身体作りの理にかなってると思うようになりました。
よくピラティスとヨガって同じように思われるけど、ぜんぜん違いますよね。ヨガのあの感じもいいですけど、ピラティスの方が私には必要でした。

体をメンテナンスしたい人、ずっと動けるしなやかな体を作りたい人にはうってつけの運動だと思います。
痩せたい人はこれにウォーキングとかの有酸素運動を加えればいいと思います。

ピラティスは、実はお年寄りにもできる安全な運動だと思います。

そう思って続けています。

②【40肩で辛かった肩が動くように。40代女性】

私は、四十代半ばから、右肩に違和感がありました。
肩が上がりにくい上に、回すと少し痛みもありました。
一昨年の三月、コロナが流行り始めた頃、右肩に力が入らなくなりました。
ドライヤーすら持てないのです。
整形外科へ行き、レントゲンを撮り、検査をしてもらうと、「肩の腱が伸びているので、力が入らない。ゴムが伸びきった状態。いわゆる五十肩です。」と言われました。
痛み止めをもらい、「症状が改善するのを待ちましょう。時間はかかります。」と言われた時は、軽くショックを受けました。
先生に、「ピラティスをやっているのですが、続けても良いでしょうか?」と尋ねると、「いいですね!」とのお言葉でした。
それから、右肩を意識してピラティスのレッスンを受ける事を心がけ、一年程で、症状は驚くほど改善しました。
今は、痛みや違和感もなく、スムーズに右肩が上がります。
もちろん、薬や治療の効果もあるのですが、ピラティスのおかげだと思います。
私は、右肩だけでなく、ギックリ腰も二回やっているのですが、今のところ調子がいいです。
これからも、自分の体の為に、ピラティスを続けていこうと思っています。

③【体が強く、そして尿漏れもなくなりました。60代女性】

ピラティスを受ける様になって体が強くなった気がします。この歳になると、だんだん老いていくしかない。何とかしなくちゃと、思いレッスンに入らせて頂いてます。良く分からないのですが、体全体が、スッキリして丈夫になった様に思います。正直言って尿漏れもなくなったし、少々我慢も出来るようになりました。(尿漏れは風邪で咳した時何回かありました)今、常に背筋を伸ばす努力をしてます。指導を受けて頑張ってます。いつもありがとうございます。

④【姿勢が良くなったと言われます。60代女性】

自分自身では 余り分からないのですが‥‥ 娘に言わせると姿勢が以前より良くなったとの事!

若い時から体が硬く 前屈しても床から10センチ位までしか曲がらなかったのですが 今はかろうじて指先が床に着くようになりました
背骨の稼働域が伸びたのでしょうか?
今はとりたてて悪い所はないみたいですが‥‥
これからも 今の体調を維持していきたいと思っています
宜しくお願い致します🤗