かみさまとのやくそく

今日観てきた映画です。

みなさん、胎内記憶ってご存じですか?文字からだいたいどんな事なのかは想像できますよね。

胎内記憶

そう、胎内➡母体の中での記憶です。子供は母体での記憶を残していて、2~3歳になると、お腹の中にいた時の事を語る子供もいるそうです。

そんなドキュメンタリー映画を観てきました。「かみさまとのやくそく」

胎内記憶の事は以前から知ってはいたけど、映画を観るのは初めてで、作られたような、でも本当の話が子供達の口から語られます。

胎内に居たときの記憶。中には前世の記憶を持ったまま生まれて来る子もいるようで…。

また、生まれる前はかみさまの元にいて、どのお母さんの子供になりたいかを選びます。そして、かみさまにお願いをして、選んだお母さんのお腹の中に宿るそうです。それとエレベーターみたいな滑り台みたいな物に乗って〝シュ~〟と降りていくそうです。

っていう同じような話が、違う子違う子の口から語られます。

そして、みんなに共通しているのが、人の為になりたいと思って、この世に生まれて来るという事。また、お母さんの笑顔がみたいという事。

そう、

子供はお母さんを笑顔にする為に生まれてくるんです。

そして、映画の中でより記憶に残ったのは、羽生すみれちゃんという女の子。胎内記憶はもちろんだけど、お腹の赤ちゃんと対話を出来たり、もっともっとスピリチュアルな能力を持った女の子でした。

赤ちゃんは、もともとテレパシーを使えるそうで、でも言葉というツールを手にいれることで、だんだん退化していくんだとか…。

だから、すみれちゃんは赤ちゃんとも対話を出来るそうです。

にわかに信じがたいけど、本当の話…。

すみれちゃんは今、全国を回って講演してるそうです。その時の、すみれちゃんと障害をもった子供との対話のエピソードを主催者の方が話されてましたが、母と子の関係性についても深く考えさせらる内容でした。

子供にとって、お母さんの笑顔が一番。そして、どんな小さい赤ちゃんでも、自分の人生を受け入れるべく生まれてきた、それだけの能力と可能性を持っているという事。大人が思っている以上に、赤ちゃんはいろんな事を理解しているという事。

他にも衝撃的な話もありましたが、それまで語るには、私のもつボキャブラリーでは足りない。

胎内記憶のキーワードで検索してみてください。このすみれちゃんの事も是非知ってほしい。

映画の中では、小学生の子供も胎内記憶を語っていたので、家に帰ってから我が子に聞いてみた。

母「ねぇ、生まれる前は何処にいた?」

子「う~ん、忘れた」

母「どうして、お母さんの所に生まれてきたと?」

子「え〰(笑)、わからん」

こういう子もいる!我が子やもんな(笑)

Ito女子キレイ塾 お役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

<スケジュール>

zoomオンラインはこちら

レッスンスケジュールはこちら

ピラティスサークルはこちら

<お問合せ>

お問合せはこちらから

関連記事一覧