自立の気持ちを育てる

NEXTに掲載いただいた、私の顔写真をみて

子どもたちが 「誰これー?笑」

はい、都平えりです^ ^

なぜだか 咳喘息のような症状だけ1週間以上 治らず…レッスン中にはお見苦しく失礼しました。。。

写真 撮られることが苦手です。

自撮りはひとりの世界で落ち着いて撮れるからいいんですけど、照れすぎてしまったり、笑いすぎて目がなくなったり…😂😂😂

写真撮られるの苦手なんだよー、

と、子どもたちに話したら 「いつも通りニッコリ笑えばいいんだよ、こんな感じ🤗」

「でもね、笑いすぎちゃだめなんだよ」

と、みんなが丁寧に教えてくれました…♡

なんと可愛い子たちなんだ…っ😍♡

その通りだなあ、と、子どもたちにまた教わってきました。笑

昨日もtwitterでちらっと呟いたら、たくさんの賛同のお声をいただきました。

私が 子どもたちとの体操の時間を過ごす中で、肌で感じること。

まず、親子体操のような時間は どれだけ大人が本気で一緒に 遊んであげられるか。

ここが、キーポイントかな、と。

一緒に走って、一緒にバランス運動して、一緒にクマさんする。。。

「一緒にやっていてくれたからこそ」自立の心が育ち、ひとりでチャレンジしていくようになります。

ずっとその繰り返し。

チャレンジできる人間になるには、周りが今までどうやって支援してきたか が 大切。

見てるだけ、言うだけ、は…

通用しないな、と ほんとに肌で感じます。

もちろん、コーチもね。

そして、チャレンジの気持ちと同居したいもうひとつの大きなポイント 「自己肯定感」

私は 訳もなく、理由もなくは 褒めません。

そして 褒める時は、感情いっぱいに伝えます。

理由や事柄をできるだけ細かく できるだけわかるように 一緒に伝えます。

なにも知らず、なにもわからず、なにも努力せず褒め続けられてしまうと…それは ワガママや勘違いを育ててしまう。

大人はよく 子どもには難しい言葉だから…と、説明することを省いてしまいがちですが

たとえ 「今」100の理解がなくとも、なんとなくその言葉の雰囲気や、空気感を読み取って子どもたちなりに解釈します。

赤ちゃんにたくさん話しかけて、いつのまにか言葉を覚えるのと 原理は一緒ですね♫

なんか厳しい顔ですけど…笑

多分 後輩になにか指示してる瞬間。

今週 土曜日、日曜日はお休みをいただき

岐阜出張です。

からだジャンプ®︎ マスター研修に行って参ります。

早く 子どもたちともジャンプしたい♡

どうぞよろしくお願い申し上げます。