緊急事態宣言解除

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

緊急事態宣言がようやく解除されました

あいにくその初日の10月1日は、首都圏は台風の最接近で、大荒れの天気となりましたが、週末は久しぶりの解放された気分を味わった方も少なくないと思います

私自身は、宣言期間中も、不定期で担当している介護予防運動教室の仕事がお休みになった以外は、ずっとレッスンがあり、もともと飲みに行くことなんて滅多になかったし、旅行も行かないので、それほど自粛している感覚はありませんでした

強いて言えば、県を跨いでサーキットに走りに行くことぐらいでしょうか(笑)

昨日は解除後初の日曜日

いつも通りのレッスンでしたが、久しぶりにお会いする方が目立ちました

その中には、それまで休会していたけど、緊急事態宣言が解除されたから戻って来たという方もチラホラ

待っていましたよ

嬉しいですね

思えばもう1年半以上お会いしていない方もいらして、そのままコロナがきっかけでご縁が途絶えてしまっていたら、とても残念なことです

クラブは昨年春の最初の緊急事態宣言時以外は営業しているので、戻ろうと思えばいつでも戻れたはずですが、収束と拡大を繰り返す感染状況の中で、なかなか復会するきっかけをつかめず躊躇していた方も少なくないと思います

その背中を押してくれたのが、今回の緊急事態宣言解除だとしたら、政府や各都道府県知事、そして感染拡大抑止に全力で取り組んだ厚生労働省、医療機関の方々に感謝です

そして、もう一つ感じた変化が

昨日は天気も良く、久しぶりに都道府県を跨いでお出かけされた方も多かったのでしょうか、これまでよりも交通量が多く、帰りは渋滞に遭遇しました

それなのに、いつも渋滞していた場所が空いているという不思議

マクドナルドの手前の道路です

日曜日はいつも四街道で午前中のレッスンを終えてから、次のレッスンへ向かう途中にあるマックの手前がドライブスルー渋滞しているのです

これはコロナ禍に見舞われてから起こるようになった渋滞で、店内飲食を避けてテイクアウトする人が増えたからでしょう

同じような渋滞は他のところでも、マック以外のファーストフードでも見られました

それが、昨日は全然車が並んでいなくてビックリ

思わぬところにも変化をもたらしている、今回の緊急事態宣言解除です

まだまだ感染対策をしながらの生活は続きますが、それでも何か大きく一歩前進できたように感じます