穂積 典子 のすべての投稿

ムダの美学

フィットネスインストラクターの穂積典子です

つい先日、篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』が最終回の放送を終えました
ドラマの詳細は、こちらをどうぞ

https://www.ntv.co.jp/haken2020/

最初に放送されたのが2007年で、それから13年の時を経て、また同じ会社に派遣社員として戻ってきた、篠原涼子演じる”スーパー派遣”大前春子の働きっぷりはさておき、さすがドラマは今の社会をリアルに反映したストーリーになっていました
AIに仕事が取って代わられるような社会で、なんとAIが会社のリストラ候補を選出するという、笑えないブラックな出来事も

その最終回で大前春子が言った言葉が、ものすごく胸に刺さります

AIにはなく、人間だけが出来ること、それは『ムダ』

その言葉の裏にあるのは、無駄があるから人間で、究極的に無駄を省いて行ったら、人間のすることはほとんどAIに取って代わられるのではないか?と、勝手に考えてしまいました

折しも今、新型コロナウィルス感染予防のための『新しい生活様式』が推奨されています

移動を控えて仕事は出来る限りテレワークで
ヨガや筋トレはオンラインで
ネットショッピングを活用

等々、なるべく自宅で出来ることは自宅で、人と直接接触しなくてもできることはオンラインでと、これは要するに、移動という無駄を省いた生活ですね

感染予防という観点では、確かに大切なことです
人を宿主とするウィルスは、人と一緒に動き、人から人へと感染します
人の動きを止めれば感染拡大を抑えられるのは明らかです
事実、4月に出された緊急事態宣言後は、全国的に新規感染者が減り、そして宣言解除後人が動き出したとたん、再び感染拡大が起こっています

だから、このコロナ禍を切り抜けるまでは、ある程度移動を制限した生活を送る必要はあるでしょう

ただ、この生活が長く続くと、それが当たり前になるのを私は危惧しています
今、一時的にテレワークで働いている企業の人たちの中には、

なんだ、わざわざ会社に行かなくても仕事できるじゃん

と感じている人が少なくないでしょう

オンラインレッスンでヨガやダンスを楽しんでいる人の中には、

わざわざ大きな荷物を持ってクラブまで足を運ばなくても、好きなレッスンが受けられるなんて楽

と思っている人もいるでしょう

感染予防という大義名分によって、移動という無駄を省いた生活がどんどん浸透していくと、ムダの対象は移動だけでなくなっていきそうです

その先に見えてくるのは、AIに支配された社会
人間だけが持っている『ムダ』なのに、それを放棄した人間は、やがてAIにその役割を全て奪われ存在価値を無くす

そこまで想像力を働かせたら、なんだか背筋が寒くなります

ちなみに私は、テレワークともオンラインエクササイズとも無縁
移動という『ムダ』を、愛車とともに楽しみながら生活しています
もちろん、手洗い消毒マスク着用、感染対策をしっかりしながら、このコロナ禍の真っただ中でも、AIにはできない『ムダ』にあふれた生活をエンジョイしています


『サイエンス』な訳

フィットネスインストラクターの方穂積典子です

 

さて、今回ブログのタイトルを

『フィットネスはサイエンス』

と変更した理由について、今日は語りたい?と思います

 

大学時代、教育学部で理科の教員を目指していたものの、陸上競技中心の学生生活を送っていた私は、いつのまにか体育、それも運動生理学について学びたい、と考えるようになりました

そして、その思いを実現するために、卒業後は大学院に進み、運動生理学の研究室配属となりました

大学院修了後の進路は全く考えていなくて、ただ研究が面白くて、修了後も学生時代にお世話になった都内の医学部の研究室の先生の元に、専攻生という立場で居着いてしまいました

ただ、実家で親元暮らしとは言え、もう学生の身ではないので、いつまでもすねかじりというわけには行かず、医学部の先生の紹介で、中野のフィットネスクラブ、東京アスレチッククラブ(TAC)にほぼ契約社員並みの待遇でアルバイトとして就業しました

学生の頃に始めた東京体育館の健康体力相談室のお仕事と、週3日TACで働く、ここが私のフィットネス業界への入口となったわけです

でも、TACとの契約は1年限りで、その後も更新されることはなく、これはなんとか自力で仕事を探さなければならない事態に

それなら、これが自分の専門と自信を持って言えるスキルを身につけなければと考えた末に、思いついたのがエアロビクスでした

それから実行に移すのは早かったです

すぐに養成コースを探し、いくつか見学したり体験レッスンを受けて決めたのが、今はなくなってしまったボーイボー・ライジングアカデミーです

昼間は研究室で実験、夜は養成コースという生活が半年以上に及び、翌年春からインストラクターデビューしました

それから約10年、研究者とインストラクターの二足の草鞋を履く生活が続いたのです

その頃の研究テーマは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の運動療法と薬物療法で、ほとんどが疾患モデルのラットを用いた研究でした

昼間はラットの世話や血圧測定、時には採血や解剖を行い、実験動物施設特有の消毒剤の匂いが全身に染み付いたまま、夜はスタジオに立ちレッスンしていましたね(笑)

そんな二重生活に終止符を打つきっかけとなったのは、デビュー3年目からフリーのインストラクターとしてレッスンを担当させていただいていた、東急フィットネスクラブAXIA取手のチーフインストラクター就任のオファーでした

これを機に、フィットネスの仕事に専念しようと決意し、ラットの飼育や実験の手順などを若手の大学院生に引き継ぎ、研究室を卒業?しました

でもこれはけっして研究活動から足を洗ったわけではなく、これからは実験動物相手の実験室での研究ではなく、現場発の、インストラクターでなければできない研究に向けての、スタートでもありました

その後はレッスンはもちろん、スタジオの管理業務、そしてAXIAとは業務委託契約だったため、他施設での指導や大学、専門学校の非常勤講師と、あちこち動き回る多忙な日々の中で、こんなことをリサーチしてきました

 

平成21年度 JAFA特別研究基金採択 

『高齢者の認知機能に及ぼすエアロビックダンスエクササイズの影響』

 

日本体育学会第67回大会にて口演発表

『日本のフィットネスクラブにおけるスタジオプログラムの変遷 ~プレコリオプログラムの台頭とその背景および今後の展望~』

 

日本体育学会第68回大会にてポスター発表

『ステップエクササイズにおける転倒事故および障害の発生状況 ~インストラクターへのアンケート調査からの一考察~』

 

平成30年度健康・体力づくり事業財団健康運動指導研究助成採択

『ステップエクササイズの安全性と運動効果の再検証 ~高齢者におけるロコモティブシンドローム予防効果への期待~』

 

 

高価な実験機材のない中での研究は、やれることは限られますが、逆にその結果が即現場に還元できます

また、今はアンケートをサイト上で簡単にできるので、実際に現場で指導にあたるインストラクターの意見や体験をリアルに集めることが出来ます

 

身体と心によい効果があってこそのフィットネスプログラム

それならその効果をちゃんとデータとして検証したい

指導現場でよくこんな声を耳にするけど、いったいどのくらいの人がそう思っているの?

それなら、アンケートでちゃんと数字に表してみよう

 

サイエンスはとても身近なところにたくさんあるのです

 

現在調査進行中のプロジェクトです

まだ回答されていない方は、ぜひご協力ください

https://customform.jp/manage/form/info/51460/

 


卒業!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

早いもので、あの事件から3年が経ちました

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1646

受傷した方の右肘関節の可動域は、完全には戻っていないけど、日常生活には全く支障を感じないし、筋力も十分回復し、以前と変わらない重量でのウェイトトレーニングもできるようになりました

それでも、この3年間定期的な通院は継続していました

昨日は数ヶ月に一度の診察日

ちょうど3年ということもあり、X線とMRI検査を受けました

 

右が3年前、受傷直後のMRI画像で、丸で囲んだ部分の黒いくの字状に見えるのが、切れた内側側副靭帯を含む組織です

左が昨日撮った手術後、3年経過した画像です

その黒い帯状の線が、しっかり上腕骨に向かって伸びています

断裂した靱帯を手術で縫合したのですから、当然と言えば当然ですが、改めてこうして画像で比較すると、回復したんだなぁ、と実感

そして、昨日で3年間にわたる通院が終了となりました

長かったですね

まさかこんなに長くなるとは予想もしませんでした

でも、リハビリで支えてくださった先生方のおかげで、一度も通院を苦に感じたことはありません

だから、この『卒業』も、嬉しさの中に、ほんのわずかにさみしさが混じります

船橋整形外科クリニックの先生方、事務の方々、長い間お世話になり、ありがとうございました


リニューアル

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

すでに何度か私のブログをご覧いただいている方はお気づきと思いますが、本日ブログをリニューアルしました

以前のヘッダーの写真やデザインは、2016年、4年前に作成していただいたものでした

髪の毛が茶髪ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ運営会社、夢ブロ様からのご案内で、2月頃からリニューアルを計画していました

写真も4年前に撮影したものなので、この機会に新しくとり直してもらうつもりでした

そのスタジオの予約までした直後の、緊急事態宣言

撮影日が延期に延期を重ね、ようやく6月に入ってから撮影となりました

今回撮影をお願いしたスタジオはこちら

https://lasp-inc.com/

地元葛飾、柴又帝釈天のすぐそばにあるスタジオです

撮影時期がコロナウィルスの感染が拡大していた頃だったので、あまり遠くには行きたくないと思い、地元で探して見つけたところです

スタジオと言っても、マンションの一室に背景の白いスクリーンや照明がセットされた、コンパクトな施設で、はじめはちょっとびっくりしたのですが、いざ撮影が始まると、生まれて初めてモデル気分を味わえました(笑)

前回のブログ用の写真を撮影した時は、自分で考えたポーズをいくつかとって撮影してもらったのですが、今回はカメラマン(と言っても女性の方です)の勧めるポーズを何種類も、1時間以上かけて撮影していただきました

撮影していただいたショットは、100枚どころではないと思います

その中から悩みに悩んで選んだショットを、ヘッダーに使用しました

これまでのヘッダーのデザインとはガラッと変わり、落ち着いた雰囲気になったかな?

相変わらず車大好き人間ですが、今回は、愛車を封印しました(笑)

 

そして、今回デザインとともに、タイトルも変更

フィットネスはサイエンス!

このタイトルにしたのは、私がフィットネスインストラクターになるきっかけにあります

それは、多分長くなるので、次のブログに記そうと思います(笑)

 


オンラインバースデー

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は実家の父の82歳の誕生日でした

土曜日ということもあり、数週間前までは、姉妹と実家に集まろうか、なんていう相談をしていたのですが、最近東京を中心に新型コロナウィルス感染者が急増していることから、高齢の両親宅に集合するのは控えようということになりました

そこで姉の提案で、LINEでのオンラインバースデーパーティー

パーティーと言っても、飲み食いする訳ではありませんが、時間を決めてのグループビデオ通話で誕生日を祝いました

両親と姉妹3人が通話にそろったところで、3人で一斉にクラッカーを発射!

 

そして、用意しておいたろうそくに火を灯してハッピーバースデー!

 

あ、もちろん父本人に吹き消してもらうのは無理なので、私が代理で消しました(笑)

2か月後の9月には、母が誕生日を迎えますが、その時にはコロナ感染が収束に向かっていることを祈ります