穂積 典子 のすべての投稿

再出発

フィットネスインストラクターの穂積典子です

5月も間もなく終わり、そして6月に入るとこれまで休業していた多くのフィットネスクラブが、万全の衛生管理のもとで営業を再開します

私が契約している4カ所のクラブも、6月から営業再開です
スタジオプログラムもスタートします

ただし、コロナウィルス感染拡大前と全く同じというわけにはいかず・・・
何処のクラブもスタジオ内に参加者が密集しないよう、レッスンの定員をこれまでよりも大幅に制限し、レッスン間の換気や消毒の時間を確保するため、レッスンの本数を減らし、レッスン時間を短縮するなど、かなり規模を縮小した状態での再開になります

私のスケジュールはこんな感じに

https://yumeblo.jp/norimon/schedule

週3日だけ、合計8本のレッスンのみです

本来なら、大学の授業も含めて12本を予定していましたが、その3分の2に減ってしまいました
まだまだ平常に戻るまでには、時間がかかりそうですね
もしかしたら、完全には戻らないかもしれません

それでも、来週からのレッスンに備え、これまで45分でやっていたレッスンを、会員さんの満足度を損ねることなくどうやって30分に収めるかなど、いろいろ試行錯誤しながらシュミレーションしています

週3日しかレッスンがないので、残りの時間は週2日のペースでこれまで約2ヶ月間続けてきた、派遣のお仕事を続ける予定です
物流センターでの、商品の棚入れ作業やピッキングは、実用的な筋力トレーニングになります
これまで30年近く、フリーウェイトでトレーニングをしてきて、そこそこ筋力はあると思っていましたが、同じ10kgでも、ダンベルと、500gのパスタの束が20袋詰まった段ボールでは、全然体にかかる負荷が違います

ちなみに、今まで持った一番重い商品は、おそらく1kgパックの小麦粉15パックが詰まった段ボールですね

 

 

 

 

 

 

 

大きさは約50㎝×35cm×15㎝なので、かなりカサがあります
ダンベルの15kgといったら、私のトレーニングでいえば、ストラップを使って片手で持って、広背筋のトレーニングであるベントオーバーローができるくらいの重さですが、この小麦粉の箱はとても片手では持てません(笑)

手が滑らないようにワーキンググローブをはめて、両手で底からしっかりつかみ、膝を曲げて腰を痛めないよう腹圧をかけ、脚の力で床から持ち上げています

こういう作業を日々繰り返していると、ウェイトトレーニングだけで筋力強化しても、実用的な筋力発揮に100%つながるわけではないのがよくわかります

それもあって、この仕事をしばらく続けたいと思います
きっとその経験は、今後のエクササイズ指導に役立つはずです

アニバーサリー

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

ようやく緊急事態宣言が解除、私たちの生活にも少し光が差してきましたね

そんな今日は、この子がうちにやってきてからちょうど一年です

平八です

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、雌猫です(笑)

 

初めてのペット、初めての言葉の通じない家族との出会いは、笑いと驚きと癒しの連続です

この一年ですっかり大きくなり、閉めたドアを開けることを覚え、ご飯が欲しくなると鳴くことも覚え、パウチ容器=大好きなチャオチュールという条件反射を身に着け、すっかり我が家の住人?として欠かせない存在となっています

 

 

 

 

 

 

 

平八がうちにやってきたころは、まさか今のような自粛生活を強いられるとは思ってもいませんでした

今になってみると、1年前に平八が家族の一員となってくれて、本当によかった、助けられたと思います

家にいる時間が長くなり、先の見えない不安の中で、この子の存在がどれだけ支えになったことか

 

 

 

 

 

 

ありがとう、はち

これからもよろしくにゃん

 

モノづくりその4

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

午前中掃除をしていて見つけたこれ

 

 

 

 

 

 

 

 もう何年も前に、ダンナがペットボトルのお茶のおまけについてきたのを、コンビニ袋に入れたままにしていたものです

 

裏面がタオル地の、ガーゼの小さなハンカチで、こんな大きさなので手を拭くには小さすぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、マスク一枚作るにはいいかな?

 

ハンカチなので、縁を織り込んで縫う必要がないのが楽です

 

今回は2パターン作りました

 

 

 

 

 

 

 

 

角を折り込んで作ったタイプは、大きく作れたけど、立体構造ではありません

でも、繊維が伸びてくれるので、思ったより圧迫感無し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ちょっと手間がかかりますが、王道のプリーツタイプ

 

ただし、横を折り込んでゴム(ストッキングですが)を通すには、サイズが足りないので、今回はゴムは輪にせずに、プリーツの間に縫い込みました

 

 

 

 

 

 

どちらも裏がタオルなので、つけた時の肌触りが心地いいです

 

そして、たぶんこのおまけ付きキャンペーンは夏だったのでしょうね

金魚、縁日のヨーヨー釣り、朝顔をモチーフにしたり、涼しげな青の市松模様と、夏をイメージした和柄で、これからの季節にピッタリです

 

最近首都圏でも夏日となる日が珍しくなく、そろそろ熱中症が心配な季節です

 

そもそも、マスクは冬の風邪やインフルエンザの流行期の感染予防を想定して作られているので、気温の高い夏につけることは想定外

マスクが熱中症のリスクを高めることが、つい最近になって盛んに取り上げられるようになりましたね

実際、暑い中でつけていると、蒸れるし、汗で湿った紙マスクはかなり不快です

でも、ガーゼとタオル地の組み合わせなら、通気性も吸湿性も良いので、紙マスクよりははるかにつけ心地が良さそうです

もちろん、医療用ではないので、感染予防効果では劣ると思いますが、飛沫の飛散防止、そして周囲の人に対するエチケットとしては、これで十分だと思います

 

余談ですが、4枚のうち金魚の柄のは、この糸で縫いました(笑)

 

 

 

モノづくりその3 ~母の日編~

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

 

昨日は母の日でした

と言っても、今年は花屋にカーネーションを求める客が密集しないよう、5月いっぱいを『母の月』として、分散して感謝の気持ちを示そう、という動きがあるようです

 

ちなみに私にとっての母の日は、毎年第2月曜日

 

なぜなら、日曜は朝から夕方までレッスンが4本、近いとはいえ、母の日のプレゼントを渡す時間がなくて、いつも翌日の月曜のオフの日に、実家の母と、やはり近くに住む義母にプレゼントを渡しに行っていたのでした

 

今年もまた、第2月曜日である今日、両家にお花の宅配に

 

地元のショッピングモール内の花屋は、母の日の翌日ということもあり、カーネーションの花束はやや少なめ

 

どれもなんだかしっくりこなくて、選びかねている時に、ふと思いついたのが

 

自分で作ろう

 

フラワーアレンジメントです

 

確か家には、以前に百均で買ったアレンジメント用の給水スポンジがあったはず

 

カーネーションとガーベラの花束2つと、添え物用のグリーンを買って帰りました

 

まずは花束をバラして、アレンジメント用に短くカット

 

 

 

 

 

 

 

土台の給水スポンジは、牛乳パックを切ったものの中にセットしました

 

 

 

 

 

 

 

あとは、完全自己流(笑)

 

フラワーアレンジメントなんて、習ったことないですからね

 

出来上がりはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

牛乳パックむき出しでは見た目がよろしくないので、これも家にあった花の写真が印刷された便箋でラッピングし、これまた家にあった、何かのプレゼントを頂いた時にとっておいたリボンで仕上げて完成

 

2人の母に同じものを作ったつもりが、それぞれ違ったアレンジになってしまいましたが、世界に1つしかないプレゼントの出来上がり、手作りならではですね

 

高齢の両親に直接会うことは、なるべく避けるようにしていましたが、こればかりは手渡ししないとダメなので、ダンナの実家と私の実家のはしごをしてお花の宅配に

 

私の母は華道をたしなんでいたので、ダメ出しされるのを覚悟していましたが、可愛いと、喜んでくれました

 

自由な時間が増えた今年ならではの手づくりプレゼントは、私自身も楽しめました

 

モノづくりその2

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日もまたまたモノづくり

今回は手作りスイーツです

きっかけは、派遣の仕事でお世話になっている物流センターでいただいたこれです

 

 

 

 

 

 

苺とブルーベリーのジャムに、白玉粉と片栗粉です

そして、そこにはこんなお手紙が添えられていました

 

 

 

 

 

 

 

コロナウィルス感染拡大の中で、多くの人が休業やテレワークで自宅待機する中、物流だけは人の手を介さないと成り立たない仕事です

それに対する労いのお気持ちを、自社製品のプレゼントという形でいただきました

派遣スタッフの私たちにもこのような配慮をしてくださり、嬉しい限りです

そして、そこにはこんなレシピが同封されていました

 

 

 

 

 

 

それで、なぜジャムと白玉粉と片栗粉なのか納得

さっそくレシピに従い作ってみました

 

 

 

 

 

 

 

いただいたジャムは、苺の粒がゴロゴロと丸ごとそのままの形で入っているタイプで、その苺一粒を餡にして包んでいるので、軟らかい仕上がりです

生地には粒の崩れた部分のジャムを混ぜて作っているので、うっすらピンク色に

白玉粉は200g入りの半分だけ使ったので、今度はブルーベリーで薄紫の大福にチャレンジしようと思います

レシピはこちらで見れますよ

https://www.youtube.com/watch?v=Bejxxmyxg_g

 

レンチンでできる超簡単レシピなので、Stay Homeの暇つぶしにお勧めです

そうそう、スーパーではホットケーキミックスが軒並み品切れ、物流センターでも、棚入れしてもすぐなくなる勢いで出荷されています

なので、穴場の白玉粉、おススメです