キッズのうちに身に付けたい事

体幹トレーニングを指導していて

どの年代に伝えるかで伝え方

どんなトレーニングをするか変えます

久しぶりにキッズ指導をして感じた事です

【キッズのうちに身に付けたい事】

体幹トレーニングも重要ですが

色んな経験をさせる事

最近は小さなお子さんも一つの種目に絞ってしまう子が増えました

色々な経験は

できるできない関係なくして

今まで使った事ない筋肉を使う
脳に刺激が入る

競技を絞った時に色んな経験が多い選手が怪我が少ない傾向あります

メジャーリーガーの前田健太投手は

水泳をやっていたそうで

水泳で肩周りの柔軟性を身に付けていたんでしょう

キッズアスリートには

色々な動きをしてもらうように意識しています

体幹トレーニングで固めるだけでなく

スムーズな動きにもこだわっています

キッズアスリートで上を目指している、他の子と差をつけたい

キッズアスリート体幹育成塾でお待ちしております


キッズアスリート体幹育成塾スタート

今日は磐田市ゆめりあで新講座スタート

【キッズアスリート体幹育成塾スタート】

小学1〜3年生対象の競技をやっている子のクラスです

はじめに自己紹介してもらい

目標を語ってもらいました

キッズは難しいことを言うより

動いてもらった方がいい世代です

赤ちゃんの動きでどんどん動いてもらいました

 

赤ちゃんの動き最後は

スパイダーマン

体の連動性を高めるトレーニングです

最初は難しそうでしたが

コツを伝えるとどんどん動きが出てきました

アダプテーショントレーニング

簡単なルールだけ言って動きました

KOBA式体幹トレーニングも5種目

大変そうでしたね

鍛える価値ありました

ストレッチポールを使いセルフケア

怪我しない体作りに必須ですね

次回は2週間後

成長が楽しみです