症例報告(笑)

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1639

↑から3日目を迎えました

まだ右腕はシーネで固定されたままですが、左手でキーボードを打ち、マウスを操作することにだいぶ慣れてきました

受傷直後のX線画像はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

上腕骨が明らかに尺骨後方にずれています

肘関節脱臼の大半を占める後方脱臼です

そして整復後のX線画像

 

 

 

 

 

 

 

きれいに尺骨のくぼみに上腕骨がはまっています

そして、整復後に撮ったCT画像から合成された肘関節の3D画像です

 

 

 

 

 

 

 

すごいですね、こんな鮮明にわかるなんて

これを見て、細かなひびも含めた骨折がないことを確認したようです

ちなみに、こんな詳細な撮影をし、CDRに焼いてもらい、紹介状をいただいた上、時間外診療だったため、健康保険を使ってもかなりの出費となりました(笑)

診断技術の向上は、医療費の増加につながるのを痛感!