卒業!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

早いもので、あの事件から3年が経ちました

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1646

受傷した方の右肘関節の可動域は、完全には戻っていないけど、日常生活には全く支障を感じないし、筋力も十分回復し、以前と変わらない重量でのウェイトトレーニングもできるようになりました

それでも、この3年間定期的な通院は継続していました

昨日は数ヶ月に一度の診察日

ちょうど3年ということもあり、X線とMRI検査を受けました

 

右が3年前、受傷直後のMRI画像で、丸で囲んだ部分の黒いくの字状に見えるのが、切れた内側側副靭帯を含む組織です

左が昨日撮った手術後、3年経過した画像です

その黒い帯状の線が、しっかり上腕骨に向かって伸びています

断裂した靱帯を手術で縫合したのですから、当然と言えば当然ですが、改めてこうして画像で比較すると、回復したんだなぁ、と実感

そして、昨日で3年間にわたる通院が終了となりました

長かったですね

まさかこんなに長くなるとは予想もしませんでした

でも、リハビリで支えてくださった先生方のおかげで、一度も通院を苦に感じたことはありません

だから、この『卒業』も、嬉しさの中に、ほんのわずかにさみしさが混じります

船橋整形外科クリニックの先生方、事務の方々、長い間お世話になり、ありがとうございました