モノづくりその6

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日はマーチで、茨城中央サーキット走り初めの予定でしたが、緊急事態宣言が出てしまったので、不要不急の県外への移動は自粛

ステイホームの一日でした

 

元旦から我が家のベランダにはこれが

 

干し柿です

元旦にダンナの実家にちょっとだけあいさつに寄ったら、庭にこれが3本吊るしてありました

近所の方から、すでにこうやって吊るされたものをいただいたそうです

その一本をおすそ分けしてくれました

もらったときはまだ干し柿というほど乾いていなかったので、そのまま我が家のベランダに吊るして1週間以上放置していました

 

夕暮れ時には、干し柿とスカイツリーのシルエットが楽しめました(笑)

年が明けてから、まとまった雨もなく乾燥した日が続いていたので、いい感じに乾燥が進み、表面にも干し柿独特の白い粉が吹いてきました

そこで、今日収穫?しました

約1kgの大収穫

保存のきく干し柿とはいっても、二人で食べるには多すぎるなと思ったので、半分以上はジャムにしました

ヘタと種を取って、大雑把に切った後、1時間ほど水につけてふやかし、たぶん柿の重量の4割ほどに相当する砂糖を加えて(超テキトウ・笑)、30分ほど弱火でトロトロと煮込みました

それだけだと、まだ果肉の形がはっきり残っていて、さらには取り残した種が所々に見えたので、種を取り除きつつ、マッシュポテトをつぶすときに使っていたポテトマッシャーで手当たり次第に固形部分をつぶしていくと、だんだんドロッとしたペースト状になってきました

味見をしてみると、かなり甘い!

柿自体の甘さがかなりあったようで、もう少し砂糖を控えてもよかったかもしれません

それに、柿の風味と甘さは十分だけど、今一つ果物らしいさわやかさが足りない感じ

そこで、お正月に使った柚子の残りの皮を細かく刻んてレンジで加熱してカリカリにしておいたものがあったので、それを全部、さらに製菓用のブランデーがほんの少しビンに残っていたので、これも全部投入!

アルコールを飛ばすためにさらに煮込んで、再度味見すると、

OK\(^o^)/

 

洗ってしまってあった空き瓶に詰めて30分間煮沸して終了

スーパーではなかなか見ない柿ジャムの完成です