「考える」カテゴリーアーカイブ

大事なことを見落としていませんか?

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

多くのフィットネスクラブが3月の初旬から、休業やスタジオレッスンの休止などの措置をとっていましたが、先週あたりから通常営業を再開したところも少なくありません

これまで以上に施設の衛生管理を徹底し、ジム内に消毒スプレーを常備したり、こまめにマシンを消毒したり、定期的に窓を開けて換気を行ったりと、スタッフの方々の努力に頭が下がります
また、施設内での人の密集、密接を防ぐために、マシンを一台おきに使用不可にしたり、スタジオレッスンの定員を参加者同士の間隔が2m以上とれるように設定するなど、いずれのクラブでも、通常時よりも運動施設のキャパシティーに制限を設けています

ただ、ここで一つ疑問が

マシンにしろスタジオにしろ、通常営業時に比べてそのキャパシティーは確実に少なくなっています
なのに、来館人数に制限を設けないのはなぜ?

もし、今のように施設の利用に制限を設けた状態で、平常時と変わらない人数の会員さんが来館されたら、スタジオには入れなかった方々は行き場を失います
また、レッスンに参加したい方々が、スタジオ前に並んで待つため、そこで人が密集します
ジムでも、マシンが空いていないため、ストレッチコーナーなどに人が密集してしまいます
お風呂や更衣室などでも、同様の混雑が生じるでしょう

運動エリアでいくら工夫をしていても、館内全体で受け入れ可能な人数を考えないと、密集状態は避けられないかもしれません

例えば、チェックインした人数が一定数に達したら、それ以降のチェックインを一時的に停止し、一人チェックアウトしたらお待ちの方にチェックインしていただくようにするのはどうでしょう

館内全体にいる人数を一定数以下に出来れば、特定の場所に会員さんが密集するのはある程度防げるでしょう
なお、その場合、一人の方が長時間滞在すると、その分利用できなくなる方が出てしまいますから、滞在時間に制限を設ける必要があると思います

また、せっかく来たのに、いっぱいでチェックインできないという状況を避けるため、来館人数をリアルタイムでウェブサイト等に反映させる必要があります

入退館システムの変更などを伴い、簡単なことではないかもしれないけど、フィットネスクラブでクラスターを発生させないためにも、必要なのではないかと思います

当然、この様な対処をすれば、会費を払っているのに好きに使えないのか!というクレームもたくさん出るでしょう

今、そんなこと言っている場合ですか?

日本どころか、世界が大きな危機に直面しているのです
世界中の人々が、いろいろなことを我慢して、この危機を乗り切ろうとしているときなのです

それでも、フィットネスがカラオケやテーマパークなどの遊興施設とは異なり、営業することが出来ているのは、私たちの健康維持に運動が大切ということが認知されているからなのです
その運動を提供する施設からクラスターを発生させないためにも、ある程度の我慢はしなければならないと思います

と言う、一人のフリーインストラクターのつぶやきが、どうかクラブの経営陣の方々の耳に届くよう、どうぞシェアしてください

頑張れフィットネスクラブ!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

コロナウィルス感染の拡大、なかなか収束が見えてきませんね

私も、2ヶ所のクラブからレッスン休止を言い渡されて、一週間が経ちました

予定では15日までですが、連日の報道内容からは、あと一週間で世の中が通常営業モードに戻れるとは思えなくなってきました

長期化の覚悟はできています

今日は、同じインストラクター、パーソナルトレーナー、特にフリーランスで働く方々に読んでもらいたいことを綴ります

 

契約先のクラブの休館や縮小営業で仕事を失い、生活に不安を覚える気持ちはわかります。

私もその一人ですから。

そして、その補償をクラブや政府に要求したい気持ちも理解できます。

 

でも、今一番大変なのはクラブです。

 

昨日もかろうじて営業しているものの、連日休会手続きの対応に追われ、頭を抱えている社員の姿を目の当たりにしてきました。

例の報道の影響で、会員さんが次々と休会や退会していけば、やがてクラブの経営も苦しくなるでしょう。

特にこれから春の入会キャンペーンを企画していたタイミングなので、期待していた入会数も獲得できず、赤字となる店舗は少なくないはずです。

仮にこのウイルス騒ぎでなくなったレッスンフィーの全額または一部を、クラブに補償するよう求めたとしても、今の窮状ではクラブにとってそれほど酷な要求はありません。

また、クラブによっては契約書に自然災害等によって業務が停止した場合、乙(インストラクター)はその損害を甲(クラブ)に請求できない、というような文面があります。

今回のケースもそれに相当するでしょう。

なので、インストラクターの皆さんも一度契約書を熟読すべきだと思います。

 

そして、目先の自分の収入がなくなる恐怖よりも、働く場所がなくなる恐怖に目を向けてください。

このままの状態が長く続けば、経営が立ち行かなくなり、潰れるクラブが出てもおかしくありません。

そのためにも、今はクラブに頑張ってこの窮地を乗り切ってもらうことを第一に考えませんか?

 

幸い、私たちは健康です。体力があります。

その気になれば、様々な業種であり余るエネルギーを生かすことができるはずです。

 

自分たちのことは自分たちでなんとかするから、とにかくクラブが立ち直れるように応援する

 

少なくとも私はそういう立ち位置でいたいです。

 

猫時間

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

もうあと40分ほどで2019年が終わりますね

この一年を振り返ってみると、さほど大きな出来事、変化はなかったと思います

その中で一番の大きな出来事と言えば、この子がうちにやってきたことですね

 

 

 

 

 

 

平八です

年が明ければ、間もなく1歳を迎えます

大学の研究室にいた頃は、さんざん実験用のラットを飼育しましたが、個人的に動物を飼うのは初めてです

だからと言って仕事に対する姿勢や取り組みはこれまで通り変わらず、車が大好きなことにも変わりはなし

好きなもの、大切なものが2台と一匹に増えただけ(笑)

ただ、毎日の生活の中で、時間の費やし方に変化が現れました

以前の私は、やりたいこと、やらなければいけないことを、一日の限られた時間をできるだけ無駄なく有効に使ってこなしていました

そこには、何をするでもなくぼんやり過ごすなんてことは、あり得なかった

そんな、24時間いっぱいいっぱいに中身を詰め込んだ生活に、平八が来てから変化が・・・

何をするでもなく、平八と戯れる、あるいは、寝ている平八を眺めてるだけ

そんな、これまで過ごしたことのない時間が、生活の中に現れるようになりました

以前の自分が客観的にそんな時間を過ごしている私を見たら、

『時間の無駄遣い!』

と、叱咤したかもしれません

でも、今の私は不思議とそうやって無為に過ごす時間を無駄だとは思わない

そして、その時間を

『猫時間』

と名付けました

2019年の一番の出来事、一番の変化は、平八との出会いと、猫時間を得られたことかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉の一人歩きその②

フィットネスインストラクターの穂積典子です

今日はちょっと長文ですので、お暇な方、お付き合いください

で、その②ということは、その①があるはずですね

はい、だいぶ前になります(笑)

https://yumeblo.jp/norimon/2016/archives/1397

 

さて、今日の一人歩き言葉は

骨盤=ぺルヴィック

 

 

 

最近のフィットネス、トレーニングのキーワードの1つと言っていいかもしれません

 

ペルビックストレッチ

骨盤体操

 

フィットネスクラブのレッスン名にも、当たり前のように登場する言葉になりました

 フィットネス指導者や愛好者ばかりでなく、多少なりとも健康や美容に関心のある方なら、この言葉に興味を示す方が多いようです

 ただ、その言葉ばかりが注目されだすと、おかしなことが起こるのも事実です

 

以前勤めていたクラブで、確かそのときはストレッチポールを使用したコンディショニング&リラクゼーションのクラスを始める時のことでした

初めてそのクラスに参加する会員さんから、こう質問されました

 

これって、骨盤に効きますか?

 

答えに窮する質問です

そのとき何と答えてその場を切り抜けたのか、今では忘れてしまいましたが

(笑)

 でも、これが一般の方々の骨盤に関する認識なのです

 

骨盤がよくなると、ぽっこりお腹が解消するとか、骨盤を鍛えると、スポーツパフォーマンスが上がるとか、専門家からしたら???な言葉が巷では飛び交っています

 

そもそも、骨盤は骨の集合体です

そう簡単にその形を変えたり、筋肉のようにトレーニングしてその働きを高めたりすることはできません

ペルビックストレッチと言っても、骨盤自体を伸ばしているわけでは無いのはわかりますね

骨盤の動きを引き出すために作用する、周辺の筋肉をストレッチしているのです

 

骨盤は日常生活動作の中では、骨盤だけが単独で働くとはほとんどありません

歩いたり走ったりする時の下肢の動き、つまり股関節の動きに連動して動いたり、身体を捻ったり前屈したり反ったりと、脊柱の動きに連動して動くのです

これらの動きをスムーズに、そして大きな可動域で行えるようにするために、一緒に骨盤が傾いたり、回転したりするのです

 なので、他のトレーニングを何もせずに、ただ骨盤に関わるエクササイズだけをやっていても、身体機能の向上は望めません

有酸素運動や、脚や体幹の筋力トレーニングをしっかり行った上で、骨盤に関するエクササイズをやってこそ、意味があるのです

 

また、骨盤のエクササイズには大きく分けると二種類あります

 

①骨盤の動きを円滑にするもの

②骨盤の安定化を図るもの(骨盤がブレないようにすること)

 

一言で骨盤のエクササイズと言っても、実は全く正反対の作用を持つものがあるのです

先ほど説明したように、骨盤は下肢や脊柱の動きに連動して、前後や左右に傾いたり、回旋したりします

例えば、大きなストライドで全力疾走する時、右脚を大きく前に降り出したとします

その瞬間、骨盤の右側だけか前に引っ張られ、骨盤は左方向に回転します

左足を前に降り出した時は反対方向の回転が生じます

 

骨盤がこのような動きをするおかげで、大股で歩いたり走ったりすることができます

だから、骨盤がよく動いてくれることは、私たちの日常動作やスポーツのパフォーマンスには大切なのです

 その一方で、競技エアロビクスのハイキックでは、股関節を屈曲させて、同じように足を大きく前に蹴り出しますか、その時の股関節の動きにつられて骨盤が大きく後傾してしまうと、背中が丸くなり、全身のアライメントが崩れてしまい、見栄えが良くありません。当然、審査でも低く評価されてしまいます。どんなに勢いよく股関節を屈曲させて足を高く蹴り上げても、ブレずにニュートラルな状態が保てる骨盤、これが安定化です。

 これらはアスリートとしての競技パフォーマンスの例であり、そのために選手は、実施種目に合わせて骨盤の可動性を高めたり、安定性を高めるためのトレーニングを、他のトレーニングと合わせて日々行なっているのです。

 

日常生活を健康に、アクティブに送れるように体のコンディションを整える目的の、フィットネスで求められる骨盤の機能も、これに準ずると思います

 元気よく歩くための骨盤の可動性や、正しい姿勢を維持するための骨盤の安定化を目指した、『ペルヴィックエクササイズ』なのです

 だから、それだけやってもダメなんです

 

ウォーキングやランニングのような有酸素運動に、骨盤の可動性が生かされて、より効率よく動けたくさんのエネルギーを消費できるようになります

 脚や体幹の筋力トレーニングを補う形で骨盤のエクササイズを行うことで、骨盤が安定した状態で強い力を発揮できるようになるのです

 

『ペルヴィック=骨盤』という言葉だけが一人歩きをしないよう、私たち指導者も、気をつけなければなりませんね

 

パーソナルトレーニング、予約受付中

 

珍表現?

フィットネスインストラクターの穂積典子です

ラグビーワールドカップ、盛り上がっていますね
これまで無敗の日本の活躍は、連日のようにテレビで取り上げられています

その中で、どうしても気になる言葉遣いが

『フィジカル』という言葉の使い方です

physicalって、そもそも形容詞ですよね

辞書には

 

 

 

 

 

 

 

 

と示されています

単語の横の”a”が形容詞であることを示しています

ところが、連日テレビで耳にするのは、

フィジカルが強い
フィジカルを強化
フィジカルで負けない

これってみんな、physicalという言葉を名詞として使っていますね

私はこれに違和感を感じて仕方ないのです

選手やコーチが使っているのはともかく、某局アナウンサーまで平気で言うから滑稽です

そういえば、メンタル(mental)も形容詞ですが、今や日本では当たり前のように名詞扱いされています
これも、誤用と言えば誤用ですが、あまりにもこの使い方が浸透しすぎて、誰も異を唱えなくなったのでしょう

physicalも、いずれ名詞として使われるのが当たり前、私が感じる違和感も、自然消滅してくれるのでしょうか(笑)