「考える」カテゴリーアーカイブ

あったらいいかも

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

コロナの感染者数にようやく収束の兆しが見えてきました
緊急事態宣言も、まもなく解除になるようです
それでもまだ当分は、感染対策をしながら社会生活を送らなければならないでしょう
フィットネスクラブも同じで、当面はマスク必須でのエクササイズと、スタジオの人数制限は続くでしょう

スタジオの収容人数は、施設にもよりますが、多くのところがコロナ前の定員の5~7割ほどに制限されています
そして、参加者同士の距離を保つために、立ち位置を指定しているところが多いです
その方法は、テープで印をつけたり、一人分のスペースを枠線で囲ったり、場所指定のための番号をつけたりと様々です
そして、レッスンに参加する人は、並んだ順に好きな場所をとるか、あらかじめ予約で場所を指定しておきます

この方法で時々疑問に感じることがあります

参加人数が定員に達するか、それに近い場合は、このマークに従って並んでもらうことで、最低限必要なソーシャルディスタンスが保てます
ところが、定員の半数にも達しないような人数の場合、スタジオの中に人が密集するところと、まばらなところができてしまうことがあります
もちろん、密集とはいっても最低限必要なソーシャルディスタンスは確保できていますが、そういう場面を目にするたび、何のための場所指定なのだろうと感じてしまいます
人数が少ないときには、立ち位置マークにこだわらず、スタジオ全体にまんべんなく広がって参加していただいた方が、感染リスクをより低くできます

とはいえ、テープを張り付けて示した床のマークを、参加人数に応じてその都度変えるのは無理ですね

そこで思いついたのが、プロジェクションマッピングです

スタジオの床に投影できるプロジェクターを設置し、そこから参加人数に応じて等間隔にポインターのような光をフロアに投影するのです
参加人数は、フロントで予約を受け付けその人数が投影システムに反映されるようにするか、参加者自身がスマホの専用アプリで予約をするなどの方法が考えられます
また、すでに導入しているクラブもある、ロッカーキーをスタジオ入り口のセンサーにかざすと、集客人数がカウントされるシステムと連携させることもできるでしょう

当面スタジオの人数制限は続くでしょうし、もしかしたら、コロナが完全に収束しても、以前のような過密状態のスタジオには戻れないかもしれません
私自身も最近そう感じています
今のように距離をしっかりとった状態でのエクササイズでは、感染のリスク軽減だけでなく、周りの人に気を遣うことなくのびのび大きく動けるのです
それにすっかり慣れてしまった今、以前のようなすし詰め状態のスタジオには戻れないような気がします
そのような将来を見据えて、どこかの企業がこんなシステムを開発してくれないでしょうか

いや、私が思いつくくらいだから、もうどこかが考えているかもしれませんね(笑)


ワクチン接種に思うこと

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

毎日のように、SNSのタイムラインで目にする、ワクチンの話題

皆さん着々と接種が進んでいるようですね

良いことです

そして、接種後の体調についての詳細なご報告ありがとうございます

一方で、なかなか予約が取れないという声や書き込みが少なくないのも事実です

職域接種などを除けば、基本は居住している自治体やかかりつけ医での接種になるので、地域による差が非常大きいのを感じています

なかなか接種が進まない地域にお住まいの方々や、接種したくても予約すら取れない人がいるということに、SNS上での配慮が必要だと感じています

まだ予約すら取れていない方は、連日のように

2回目接種終わりました!

などという書き込みを目にすると、焦りや不公平感を感じてしまうかもしれませんね

ちなみに、私はまだ一回も接種していませんが、レッスンに参加してくださる会員の方々の多くが、すでに二回目の接種を終えていることで、以前よりも安心してレッスンしています

まだ予約も取れていないという方も、焦らず待ちましょう

接種済みの人が増えていけば、接種していない人の感染リスクも下がるはずですから

 

 


真夏の恒例行事2021

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今年もお盆はCPRとAEDの継続講習でした

昨年の講習では、コロナ感染予防のために、人工呼吸の実習はすべて口と鼻を覆うマスクを介して行いました

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2741

その時は、これもまたとない貴重な経験と、新鮮な気持ちで臨んだのですが、まさか今年もそうなるとは・・・

そして、今は一般市民が行う救命救急では、マウストゥマウスの人工呼吸は行わないことが推奨されています

心肺停止の人が目の前にいても、胸部圧迫のみで救命を試みるということです

新鮮な酸素が供給されないまま、胸部圧迫だけで血液を循環させても、いずれは脳をはじめとする組織の機能が損なわれ、命を救える可能性が極めて低くなります

今回の講習で用いたポケットマスクがあれば、感染のリスクを抑えてCPRを行うことができますね

 

今はほぼすべての運動施設にAEDが設置されていますが、ぜひ、AEDと一緒に、このポケットマスクを常備してもらえたらと思います

また、心停止まで至らなくても、溺水による呼吸停止が起こりやすい、スイミングプールにも必要ですね

 

これ、大事と感じた方は、どうぞこのブログをあちこちでシェアしてください

 


ダイエット≠エクササイズ

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日、朝の情報番組の中で、10代や20代の若い女性の摂食障害が、昨年以降急増していると言うことが取り上げられていました

その理由の一つと考えられているのが、コロナ禍による自粛、自宅で過ごす時間が増えたことがあるようです

匿名、顔出しNGで語る少女の一人は、緊急事態宣言で学校が休みになり友達と会うこともなくなると、唯一のコミュニケーション手段であるSNSで、友人の多くがダイエットを始めたことを知り、自分もやらなければと思ったと語っていました

確かその子の身長体重は、153cm、43kgと、番組で紹介されていたと思います

全く減量の必要がない、むしろ痩せ気味の体型です

そんな子が、友達がみんなやっているから自分もやらなければ、と勘違いしてしまうSNSの恐ろしさを改めて感じました

そして、その番組では多くの若い女性が、SNSで拡散されている誤ったダイエット方法に走りがちと伝えていました

その「誤ったダイエット法」に言及した時に、なぜか画面にはスクワットをする女性の動画が映されていたのです

思わず

それは違うでしょ!

とつぶやいてしまいました

 

そもそも、エクササイズはダイエットではありません

ダイエット=Diet

この本来の意味は、

食事 治療や減量などのための規定食 食事療法

あるいはそれらを実施することを意味します

そこには運動の要素は全く含まれていないのです

たぶん、ダイエットと聞いてエクササイズを思い浮かべるのは、日本人だけでしょう(笑)

先の番組内でのイメージ映像は、まるでスクワットをすることが誤ったダイエット法の一つのような誤解を招きかねないもので、公共電波に乗せて発信するのはやめてほしいと思いました

スクワット自体は、ダイエットに関係なく、特に家に引きこもりがちな自粛期間中は、若い人たちにもやってほしいエクササイズです

そんな報道を平気でしてしまう番組でしたが、コメンテーターとして出演していた女性タレントの一言が、心に刺さりました

綺麗になるためにやるのがダイエットではなくて、健康になるためにやるのがダイエットでしょう

先程示したDietの単語の意味からすれば、当たり前のことですが、多くの人が忘れていた、あるいは知っているようで知らなかったことが、彼女の一言に集約されていました

健康になるために食事の内容や食べ方に注意を払うこと、コントロールすること

それが本来のダイエットです

そして、そのやり方はその人の健康状態や目的によって様々です

肥満によって健康を害しかねない方は、体脂肪を減らすためのダイエットをするでしょう

糖尿病であれば、血糖値を抑えるためのダイエットが必要です

アスリートが激しいトレーニングでもコンディションを崩すことなく、トレーニングの成果を最大限に引き出すためのダイエットというものもあります

もちろん、なんの健康上の問題がない人が、その健康状態を維持するために、栄養バランスやエネルギー量、そして心の満足感を満たす美味しさを求めて、食事に気を配るのも、立派なダイエットです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットという単語一つを検索すれば、膨大な情報が玉石混交となって溢れ出す時代ですから、情報を発信する側も受ける側も、今一度『ダイエット』という言葉の正しい意味を理解しておきたいですね


ワクチン接種

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

最近仕事先のフィットネスクラブでよく耳にする会話に、新型コロナウィルスワクチン接種の話題があります

そこで気づいたことが

皆さん思いのほかご高齢

自治体によって接種の進み具合に差はあるものの、今現在接種が行われているのは、医療や介護に関わる職種の方々と、65歳以上の高齢者です

さらに遡り、高齢者の接種が始まったばかりの頃は、おそらく多くの自治体が75歳以上に限定していたと思います

その頃すでに

昨日ワクチン打ってきた

と、ダンベル片手にお話されていた方は、おそらく後期高齢者ですね

そして、いつも私のレッスンに参加してくださる方の中にも、いついつ予約したから、その次のレッスンは休むかもと、欠席届?を出してくださる方も

普段のお元気なご様子、おしゃれなウェアでレッスンに参加する様子からは、高齢者のイメージが全く感じられなかった方々が、意外にもワクチン接種の対象年齢だと知り、驚くことが多い今日この頃です

 

日本では他国に比べてワクチン接種が進まないと、連日のように非難めいた報道ばかりが耳に入りますが、私が身近なところで感じているのは、少しずつだけど確実に前に進んでいるということです

まだまだ私たち世代にワクチン接種が回ってくるのは先ですが、日本が感染収束に向けて前に進んでいるのは確かです

 

会員さんの何気ない会話が、少なからず希望のようなものを感じさせてくれます