「考える」カテゴリーアーカイブ

2020のキーワード

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

2020年も間も無く終わりですね

今年は世界中の誰しもが、忘れることのできない一年だったと思います

 

そんな2020年を振り返ってみると、一番の出来事は異業種、物流との出会いです

 

4、5月のおよそ2か月間は、緊急事態宣言でフィットネスの仕事がなくなりました

その間、私の収入源となったのが、派遣で就業していた食品物流センターでの仕事です

他にも数ヶ所の派遣先で就業しましたが、一番多く就業し、今も時々シフトに入らせていただいているのが、自宅から車で40分ほどの、埼玉県三郷市にあるその物流センターです

私たちが日常口にする調味料やレトルト食品、缶詰などが、スーパーやドラッグストアなどの小売店へ発注通りに出荷されていく、その一工程に関わったことは、とてもよい社会勉強になりました

そして、この作業はいわゆるエッセンシャルワーク、人々の暮らしに欠かせない仕事であることを実感しました

緊急事態宣言中も食品物流は途絶えることなく、盆暮れもありません

そしてそれは同時に、私が専門とするフィットネスの仕事は、このエッセンシャルワークとは対極にあることも痛感させられたのでした

 

エッセンシャルワーク

 

コロナ禍に見舞われて、初めてこの言葉を知った人も少なくないでしょう

私もその1人です

お店に行けば当たり前のように生活に必要なものが手に入る

その当たり前を、年中無休、24時間支えている人々がいることに、平和な時には気づかないものですね

そして、その平和な日常が脅かされるような事態に直面すると、エッセンシャルワークではない私たちのような業種は、真っ先に切られるということも、平和な時には忘れているものです

健康のための運動なのだから、生活に必要なことはでは?

という主張も、生死に関わる事態に直面すれば、あっという間に説得力を失います

そのことを思い知らされた一年でした

それでも、フィットネスインストラクターという仕事が大好きで、誇りを持っています

その本業のレッスンは一昨日で仕事納め

明日の大晦日は朝から夕方まで、物流センターで働きます

 

このお仕事も、楽しいのです(笑)

 

今日のうちに大掃除を済ませ、玄関に花を飾り、あとは一日労働して新しい年を迎えます

 

 


可動域の話

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は関節可動域について考えたことを、少々綴らせていただきます

少々長文となりますので、お忙しい方は、Bookmarkして時間のある時にじっくりお読みください

 

関節可動域とは、文字通り関節が動く範囲を表します

身体の各部位の関節ごとに、正常な可動域の範囲というものがあって、例えば、肘関節なら伸びた状態を0度として、そこから150度くらい曲げられるとされています

この可動域には、実は2種類あるのです

能動的可動域受動的可動域です

聞き慣れない言葉かもしれませんね

能動的可動域とは、自分の意思で他の力を借りずに動かせる範囲を示します

この自力というのは、その関節に関わる筋肉以外の力は借りず、という意味なので、例えば太腿の前側をストレッチするときに、足をつかんでかかとをお尻に引き寄せますが、これは手で足をつかむという、膝関節運動には関係のない部位、筋肉の力を借りでいるので、自力ではなくなります

そう考えると、私たちがやっているストレッチのほとんどは、受動的可動域を広げるものです

それはそれで柔軟性の維持や筋の疲労回復などに効果があると思います

ただ、能動的な可動域に全くフォーカスしなくていいのかな?という疑問を常々感じていました

例えば、変形性膝関節症などの障害がない限り、健康な方なら正座ができますね

この時、踵はお尻についています

では、片脚立ちになり片方の膝を曲げていき、踵がお尻についた状態をキープできますか?

おそらくほとんどの方ができないと思います

私の場合、エアロビクスのステップの一つ、レッグカールをやる時などは、膝を曲げて勢いよくかかとを後ろに蹴り上げるので、一瞬かかとがお尻につきますが、つけままキープするのはなかなか難しいです

正座ではかかとがお尻につくくらい膝が曲がるのに、空中で膝を曲げて踵をお尻につけようとすると届かない

この違いがまさに受動的可動域と能動的可動域の違いなのです

正座をするときは、下腿を床にそろえて、その上から体重をかけた状態で膝を曲げていくので、踵がお尻に食い込むくらいまで曲がります

これは、自分の体の重みという、直接膝関節の屈曲には関与しない力が働いたためです

ところが、レッグカールのように立ったまま片脚の膝を曲げるときは、このような外力が作用せず、膝関節の屈曲筋群であるハムストリングスの力だけで曲げるので、正座の時ほどの可動域が得られません

筋肉には、長さー力関係というものがあり、関節運動が何も起こっていない状態の長さ(静止長)よりも引き伸ばされた方が強い力が発揮できます

(社団法人全国柔道整復学校協会監修 生理学 改訂第3版 南江堂 より引用)

一方で筋収縮が起こって短くなるにつれて、発揮できる力は低下していきます

膝関節の屈曲筋群であるハムストリングスの場合は、股関節を屈曲して膝を伸ばした時に、静止長よりも引き伸ばされた状態になります

わかりやすく例えると、椅子に座って脚を水平に伸ばした姿勢です

トレーニングをする方なら頭に思い浮かんだかもしれませんが、これはハムストリングスを強化するレッグカールマシンのスタート姿勢と同じですね

このポジションが最も効率よくハムストリングスの筋力を発揮できるのです

一方で、膝を曲げていき膝の角度が鋭角になるにつれ、例の長さー力関係に従って発揮できる力は低下します

そして、ある程度短縮したところで、ほとんど力が発揮できなくなる、つまりそれ以上は筋力だけでは曲げられなくなるのです

この、受動的可動域と能動的可動域の差は、関節によっても異なるし、個人差もあると思います

 

で、ここからは私の考えなのですが、能動的可動域と受動的可動域の差が大きいほど、怪我のリスクが高いのではないかと思います

能動的可動域の範囲で動いている限りは、これは自分の筋肉で動きがコントロールされていると考えられます

しかし、何かの弾みでこの範囲を超えて関節運動が起こった時、関節にはかなりのストレスがかかるのではないかと思います

ストレッチでも、手で体の一部を押したり引いたり、あるいは壁や床などに体を固定させて外力を加え、受動的な可動域まで筋肉を引き伸ばすことがありますが、これはゆっくりと力を加えていくので、関節へのリスクは少なく、それを上回る筋肉のリラックス効果や血行促進効果が得られるはずです

でも、急激に可動域を広げようと勢いや反動をつけたりすれば、リスクの方が上回ります

また、誤った着地動作や転倒などのアクシデントで、思わぬ外力が関節に加わった時なども、能動的可動域を超えて関節が動き、筋や腱の損傷、脱臼などの怪我につながります

日ごろストレッチやヨガなどのエクササイズで柔軟性を高めることは、大切なことだと思いますが、それと並行して、可動域を大きく使った筋力トレーニングも必要なのだと、改めて感じます

筋力強化を伴わない柔軟性の向上は、実は危険をはらんだものだと再認識させられます

 

ちなみに、柔軟性に優れている体操競技の選手やバレエダンサーなどは、おそらく能動的可動域=受動的可動域なのではないかと思います

そうでなければ、あの演技は不可能ですから

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました


Go To Gym!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

昨日の中級エアロのクラスに、数か月ぶりに参加してくださった方が

なんでも、つい最近まで、職場からジムの利用を禁止されていたとのことでした

まだそんなふうに思われていたんだ

と、悲しくなります

未だに、ジム=感染のリスク大

という誤った認識をする方がいるようです

以前にもブログに書いたように、ほとんどのフィットネスクラブは、4月の緊急事態宣言が出される前から、利用人数の制限 や施設利用者と従業員の体調チェック、施設の消毒など、万全の感染予防対策をとって営業しています
それ以来大きなクラスターは一件も発生していません

気が付けば半年以上に及ぶ『コロナ禍』と言われる状況下で、今は感染予防と経済を両立させることが重要とし、政府はGo Toキャンペーンで観光業や飲食業をバックアップしています

そのおかげか、この前の4連休は多くの観光地でかつてに近い賑わいを見せましたね

このGo Toキャンペーン、コロナでいわば濡れ衣を着せられたに等しいフィットネスクラブにも必要です

感染を恐れて施設を利用しなくなった方々の中には、一部は自分でトレーニングを工夫したり、オンラインレッスンなどでエ クササイズの機会を確保した方もいるでしょう

でも、大半はエクササイズ難民なのです

この影響は必ずこの後露わになります

メタボやロコモの増加
認知症の増加
うつ病・・・などなど

運動不足、不活動が原因で生じる心身のトラブルが、近い将来急増するはずです

コロナ太りどころでは済まなくなります

Go To Gym!キャンペーン

と称して、例えば入会金や数か月分の会費を国が補助するとか、期限を設けて月会費の50%を国が負担するとか

今のフィットネスクラブは、会費収入が激減してしまい、お得なキャンペーンを実施することすら困難な施設も少なくありま せん
それを国の補助金で補てんすればいいのです

フィットネス産業は、観光業や飲食業に比べたら市場規模の小さな業種でしょうから、そんなに大きな国家予算を必要とする こともないでしょう

観光や外食の機会が増えることは、感染拡大につながりかねません
つまり、経済への好影響と国民の健康への悪影響を両天秤にかけながらの施策なのです

でも、フィットネス産業を後押しすることは、そのまま国民の健康増進につながります
経済にも国民の健康にも、どちらにもいい結果をもたらすのです

Go To Gym!キャンペーン

実現を強く望みます

このブログ、どなたか厚労省や経産省関係者の目に留まることを祈ります(笑)


無駄の美学その2

フィットネスインストラクターの穂積典子です

最近気になるCMが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=1B_OhdF0Wo8

洗濯用洗剤の新製品のCMなのですが、その中で謳っているのが『脱・水洗剤』

従来の液体洗剤の7割は水で、要は洗浄成分を多量の水で薄めたのが売られていたわけです
我が家でも、その『水洗剤』を長いこと愛用しています
CMでは大容量の重たい液体洗剤を買わなくても、少量で高い洗浄力が得られる新製品をアピールしたいがあまり、従来の洗剤を、あたかも水で薄めたかのように表現し、消費者はこれまで中身の薄い重たい洗剤を苦労して運んで、まるでバカを見ていたかのように揶揄しているのが、ものすごく気になります

そもそも、従来の液体洗剤が洗浄成分を希釈して販売されているのには、相応の意味があるはずです
研究開発を重ねた結果、洗浄力を十分発揮でき、かつ日常での使い勝手のよい濃度にしているのではないでしょうか

我が家で使っている液体洗剤はこれです

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のように、我が家は夫婦2人の割には洗濯物の量が多いです
ほとんど私のウェアなのですが(笑)

そのため、オフの翌日以外は、最大水量55リットルの洗濯機をほぼ満水位で回しています
その時に使用する洗剤の量は、計量用の容器のキャップ1杯です
もし、これが例の新製品になれば、おそらく計量用のキャップも3分の一程度になり、キャップ1杯でOKということになるのでしょうね

そんな我が家でも、たまに洗濯物の量が少なく、水量も半分くらいで済むことがあります
また、通常の洗濯とは別に、洗車した時などに使用したタオルやセームを、それだけ単独で洗うこともあります
そうなると、使用する水の量は洗濯機の最低容量の15ℓになることも
洗剤のキャップには、このように大雑把な目盛りしかふっていませんが、少量の洗濯ものであっても、目分量でどの位の洗剤を入れればいいのか見当がつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこれが、洗浄成分の濃度を高めて容量を減らした新製品のような洗剤だったら、少量を正確に測るのはかなり難しくなりますね
もともと液体洗剤って、水よりもだいぶ粘性が高いので、必要量をキャップで計って洗濯機に投入しても、キャップに少し洗剤が残ってしまいます
これがさらに高濃度になり、しかも使用量が少なくなれば、キャップ内に残ってしまう割合も高くなります

つまり、大量の洗濯物を洗う時には都合がいいけど、少量を少ない水で洗いたい時には、使いにくいのではないかと思うのです

水で薄めることを無駄なように批判していますが、少量の洗濯物を洗いたい時に、必要量を正確に計量することが出来なければ、それもまた無駄を生み出しかねないですね

なので、我が家ではこれからも『水洗剤』を使い続けると思います

ちなみに、実はこんな新製品をすでに購入しています

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで使用していたものと同じメーカーで、さらに洗浄力をアップしたものみたいです

これからもよろしく、『水洗剤』くん


○○感

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

数日前、新聞の折り込み広告の中に、某衣料品チェーン店の広告が入っていました
あまり折り込み広告が入っていることがなかったので、珍しいな、と思いながら見ていると、ふと目に留まった文字が

 

 

 

 

 

 

 

 

表面感?

初めて目にする言葉、表現です

表面とは、ご存知の通り物体の一番外側部分、目で直接とらえることができ、手で触れることのできる部位を示します

その見た目や質感は、ものによってさまざま、ツルツルと滑らかなものもあれば、ざらざらしたもの、ふわふわ柔らかいもの
そう、この「ツルツル」や「ざらざら」や「ふわふわ」が、物体の表面の質感を表してるのであって、そうなると、『表面間』とは何ぞや?と考えてしまいます

結局、この広告のコピーでは、この商品の写真でわかる色や形以外は、何も伝わってこないですね(笑)

ここ数年ですが、○○感という言葉がやたらと使われている気がします

この『表面感』と同じくらい不思議な表現が『空気感』です
今となってはけっこう普通に使われていて、テレビ番組のMCなんかが平気で言ってたりします
なので、違和感を感じている人はほとんどいないでしょう

でも、私は初めてこの『空気感』という言葉を耳にした時、

え、何?『感』はいらないでしょう

と思いました

空気=air

別名大気ですね
私たちの周りを取り巻く気体を表します
これが転じて、その場の雰囲気=空気と表すようになったのは、分かります

空気を読む

と言うのは、この使い方のいい例です

この、空気=雰囲気という場合の本来の使い方は、

「緊迫した空気」

などという表現で、その場の状況を表します
つまり、緊迫感が漂う時、『感』の代わりにこの『空気』が使われるのではないかと思います

感≒空気

と言えるのではないでしょうか

だから、『空気感』というと、意味が二重になってしまい、この『感』は必要ない文字となります

「頭痛が痛い」

と同じですね(笑)

そんな表現が平気で活字や音声になって公の場に現れてくるのが、面白おかしく感じます