「考える」カテゴリーアーカイブ

ワクチン接種

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

最近仕事先のフィットネスクラブでよく耳にする会話に、新型コロナウィルスワクチン接種の話題があります

そこで気づいたことが

皆さん思いのほかご高齢

自治体によって接種の進み具合に差はあるものの、今現在接種が行われているのは、医療や介護に関わる職種の方々と、65歳以上の高齢者です

さらに遡り、高齢者の接種が始まったばかりの頃は、おそらく多くの自治体が75歳以上に限定していたと思います

その頃すでに

昨日ワクチン打ってきた

と、ダンベル片手にお話されていた方は、おそらく後期高齢者ですね

そして、いつも私のレッスンに参加してくださる方の中にも、いついつ予約したから、その次のレッスンは休むかもと、欠席届?を出してくださる方も

普段のお元気なご様子、おしゃれなウェアでレッスンに参加する様子からは、高齢者のイメージが全く感じられなかった方々が、意外にもワクチン接種の対象年齢だと知り、驚くことが多い今日この頃です

 

日本では他国に比べてワクチン接種が進まないと、連日のように非難めいた報道ばかりが耳に入りますが、私が身近なところで感じているのは、少しずつだけど確実に前に進んでいるということです

まだまだ私たち世代にワクチン接種が回ってくるのは先ですが、日本が感染収束に向けて前に進んでいるのは確かです

 

会員さんの何気ない会話が、少なからず希望のようなものを感じさせてくれます


つぶやき(感染対策編)

フィットネスインストラクターの穂積典子です

新型コロナウィルス感染の再拡大で、東京都や関西圏に出されていた緊急事態宣言は延長されたうえ、新たに複数の道府県が緊急事態宣言の対象となり、まだまだ予断のならない状況が続いています
私がレッスンしている施設は、千葉、茨城県なので、その対象地域には含まれず、このような状況下でもこれまで通りレッスンをしています
その中で気になることが

今私が担当しているレッスンの半分以上はステップエクササイズのクラスです
なので、レッスン終了後はご参加の皆さんに、必ず使用した台を除菌液で拭くようお願いしています
これはステップに限らず、ヨガマットやストレッチポール、ダンベルなど、道具を使ったクラスではすべて行われていることです
その際に用いている除菌液は、ほとんどのところが次亜塩素酸水です
コロナウィルスの除菌というと、手指などはアルコールが用いられることが多く、厚生労働省も一定濃度以上のアルコールの有効性を、かなり早くから公にしています
コロナウィルスに対する有効性は間違いのないアルコールですが、モノの除菌にはお勧めできないケースがあります
アルコールには、プラスチックやゴムを硬化させる性質があるのです
フィットネスツールとして使用されているものの多くは、これらの素材、あるいはそれに近いもので作られているため、頻繁にアルコール除菌を行うことで製品が劣化してしまいます
適度なクッション性が求められるヨガマットがカチカチに硬くなってしまったり、ステップ台にひび割れが生じたら、使い物になりませんね
そのためにも、アルコールではなく次亜塩素酸水がいいのです
ちなみに、名前は似ていますが、次亜塩素酸ナトリウムを使ったら、あっという間に色あせてしまうし、除菌の際に手についたりしぶきを吸い込んでしまったら、人体に害をもたらします

このような理由もあってか、フィットネス施設では器具の除菌には、この次亜塩素酸水が使用されていますが、その使用の仕方について、最近気になることが・・・

私が知る限り、ほとんどの施設では、常設された次亜塩素酸水を使い捨てのペーパータオルにスプレーし、そのペーパータオルで器具を拭いています
まずここで一点の疑問が

以下、とあるサイトからの引用文です

十分な消毒効果を得るには、モノに付着したたんぱく質などの汚れをきれいに洗い流し、そのうえで表面をヒタヒタに濡らす量の次亜塩素酸水を回しかけます。そして、20秒以上の時間を置いた後にタオルやキッチンペーパーで拭き取れば消毒が完了します

引用元はこちら

https://www.38-8931.com/pharma-labo/carrer/jiaensosansui.php

ここまでやっているところはほとんどないですね
実際に、レッスン後に参加者の方が全員、それぞれが使用したマットやステップ台に”ヒタヒタ”になるほどの次亜塩素酸水をふりかけていたら、ふき取りにも時間がかかってしまうし、一度に大量の次亜塩素酸水を消費するので、今のようなせいぜい500mlくらいしか入らないようなスプレーボトルなんてあっという間に空になってしまい、実際には難しいでしょう

ちなみに、私は自分が使ったステップ台には、クラブが用意した除菌液を、ヒタヒタまではいかないものの、直接スプレーし、多少湿り気が残ってもやむなしと思いながら、数枚のペーパータオルを使って拭き取っています

さらに時々目にするのが、レッスン前にスタジオに用意してあるペーパータオルにあらかじめ除菌液をスプレーし、それをステップ台の下などにキープしている方です
レッスン後はそれをさっと取り出してご自分の使った台を拭いておしまい
実はこれが大きな落とし穴なのです
次亜塩素酸水は非常に不安定な性質の化学物質で、光に当たったり有機物に触れることで簡単に分解し、ただの水になってしまいます
レッスン前にスプレーした次亜塩素酸水だと、30~45分経過したときには、その除菌効果はすでに失われています
アルコールのように揮発性が高くないので、時間がたってもペーパータオルが湿ったままで、それでふき取れば大丈夫と勘違いしがちですが、一度容器の外に噴射されたものは、すぐに効力を失ってしまいます

クラブが示す除菌の手順をあからさまに否定はしたくありませんが、今一度、除菌方法については見直しが必要なのではないかと思います

ちなみに、FIA(フィットネス産業協会)のガイドラインでは、除菌液に何を用いてどうやって行うかなどの、具体的な方法は示されていません
各施設がそれぞれ正しい知識に基づいて、対策をとっていくことになります

長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました

ここで私が綴ったことは、一人のフリーインストラクターのつぶやきということにとどめておきます


1年後、10年後を迎えて

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

久しぶりのブログ更新なので、ちょっと長文になります

お時間のある方は、お付き合いください

 

気がつけば、コロナで生活が一変してからもう一年になります

そして、東日本大震災からは10年が過ぎました

その二つがちょうど重なる今の時期に思うこと

フィットネスインストラクターという仕事は、人々の健康づくりに貢献し、健康寿命の延伸や医療費の削減にもつながる、社会的に非常に重要な役割を果たす仕事です

しかも、それを音楽に合わせて楽しみながら行うエクササイズとして提供できる、特殊な技術を身につけたプロフェッショナルだと自負しています

客観的に見ても、いわゆる「カッコイイ」仕事です

私自身、まだ養成コースで修行中だった頃、先輩インストラクターがキラキラカッコよく見えたし、その姿に憧れました

そして、自身がインストラクターとなってからは、なにかの折に職業を聞かれた時に、エアロビクスのインストラクターと答えると、大抵の人が

 

すごーい!

とか

カッコイイ!

 

などのリアクションをしてくれました

有名タレントやミュージシャンほどではないけど、どちらかといえば、キラキラした華やかな職業に見られていました

はい、なぜか過去形(笑)

そのキラキラに少し翳りがさしたのが、10年前の東日本大震災の時でした

私はちょうどその時、茨城県内のクラブでまさにレッスン直前、前のレッスンが終わるのを待ってスタジオ前でスタンバイしていた時に、大きな揺れに襲われました

それからの数週間は、全くゼロではないにしろ、レッスンが減り、さらに、東北地方を中心に多くの方々が亡くなるという甚大な被害が生じている中、レッスンを楽しむなんて不謹慎、という空気まで流れ出しました

でもそれは一時的なもので、時間の経過とともにクラブも元の日常を取り戻し、私たちのレッスンも震災前と同じように行われるようになりました

 

 

ところが、昨年から続くコロナ禍の中で、また同じような立場に置かれています

しかも、10年前よりももっと深刻です

一年前、あの事態がここまで長引くとは、ほとんどの方が予想していなかったと思います

もちろん私もその1人です

あの頃は、契約していたクラブのレッスンが次々と中止になり、確か一年前の今頃は、週2日、5本のレッスンだけがフィットネスのお仕事でした

空いた時間は派遣のアルバイトに当てました

減ってしまった収入を少しでも補い、そして家に引きこもらず社会とのつながりを維持するためにも、これは大切なことでした

一年前の3月半ば、派遣で単発一日勤務OKの、食品物流センターの仕事に初めて就きました

たまたま求人が頻繁にあったのと、自宅から通いやすい距離だったのもあり、週に数回の頻度で勤務していたら、現場の社員の方から、定期的に入れるようなら入って欲しい、派遣会社の方にも優先的に勤務できるよう手を回すから、と言われました

単発の派遣で毎回違う人が来ると、現場の方々もその都度仕事を教えなければならないから、同じ人に続けてきてもらう方が好都合ですからね

その時に確か、今は緊急事態宣言で本業がお休みだけど、仕事が再開したら、今ほどはシフトに入れなくなると伝えました

すると、本業って、なにやってるの?

フィットネスの仕事です

そう答えると、

フィットネスかぁ

と、なんとも哀れみを含んだ口調で呟かれたのが、今でも耳に残っています

今や、フィットネスの仕事は、カラオケボックスや居酒屋などの飲食店並みに、コロナの影響をもろに受けてしまった、気の毒な職業なのだと、思い知らされました

その派遣の仕事は、結局今も続けています

以前ほどの頻度ではないにしろ、レッスンのない日に一日、または午後だけ働いています

収入を補うという意味ももちろんありますが、この仕事自体が面白いのです

 

食品物流の仕事は、私たちのフィットネスの仕事とは対照的に、表舞台でお客様に接し、直接喜びや感謝を伝えてもらえることはありません

でも、消費の底辺を支える、影の立役者、縁の下の力持ち的な仕事です

電気や水道などのライフライン同様に、食品の物流が途絶えてしまったら、人々の生活が成り立たなくなります

最近その役割のほんの一部を果たせることに、やりがいと誇りを感じるようになりました

仕事そのものも、単調といえば単調なルーティンワークですが、そこには経験に裏打ちされた効率の良さや正確さが必要で、まだまだ自分は成長途中です

毎回何かしら学ぶことがあり、気がつけばこの一年、この仕事に行くのを嫌だと感じたこと、早く辞めたいと思ったことは、一度もありませんでした

それどころか、自分の価値観を大きく変えるような仕事と出会った、と言っても過言ではないでしょう

もちろん、私はフィットネスインストラクターです

フィットネスの仕事はこれからも自己研鑽しながら続けていきます

でも、それとは別にもう一つ自分には「できる」仕事があってもいいですね

 

 

 


2020のキーワード

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

2020年も間も無く終わりですね

今年は世界中の誰しもが、忘れることのできない一年だったと思います

 

そんな2020年を振り返ってみると、一番の出来事は異業種、物流との出会いです

 

4、5月のおよそ2か月間は、緊急事態宣言でフィットネスの仕事がなくなりました

その間、私の収入源となったのが、派遣で就業していた食品物流センターでの仕事です

他にも数ヶ所の派遣先で就業しましたが、一番多く就業し、今も時々シフトに入らせていただいているのが、自宅から車で40分ほどの、埼玉県三郷市にあるその物流センターです

私たちが日常口にする調味料やレトルト食品、缶詰などが、スーパーやドラッグストアなどの小売店へ発注通りに出荷されていく、その一工程に関わったことは、とてもよい社会勉強になりました

そして、この作業はいわゆるエッセンシャルワーク、人々の暮らしに欠かせない仕事であることを実感しました

緊急事態宣言中も食品物流は途絶えることなく、盆暮れもありません

そしてそれは同時に、私が専門とするフィットネスの仕事は、このエッセンシャルワークとは対極にあることも痛感させられたのでした

 

エッセンシャルワーク

 

コロナ禍に見舞われて、初めてこの言葉を知った人も少なくないでしょう

私もその1人です

お店に行けば当たり前のように生活に必要なものが手に入る

その当たり前を、年中無休、24時間支えている人々がいることに、平和な時には気づかないものですね

そして、その平和な日常が脅かされるような事態に直面すると、エッセンシャルワークではない私たちのような業種は、真っ先に切られるということも、平和な時には忘れているものです

健康のための運動なのだから、生活に必要なことはでは?

という主張も、生死に関わる事態に直面すれば、あっという間に説得力を失います

そのことを思い知らされた一年でした

それでも、フィットネスインストラクターという仕事が大好きで、誇りを持っています

その本業のレッスンは一昨日で仕事納め

明日の大晦日は朝から夕方まで、物流センターで働きます

 

このお仕事も、楽しいのです(笑)

 

今日のうちに大掃除を済ませ、玄関に花を飾り、あとは一日労働して新しい年を迎えます

 

 


可動域の話

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は関節可動域について考えたことを、少々綴らせていただきます

少々長文となりますので、お忙しい方は、Bookmarkして時間のある時にじっくりお読みください

 

関節可動域とは、文字通り関節が動く範囲を表します

身体の各部位の関節ごとに、正常な可動域の範囲というものがあって、例えば、肘関節なら伸びた状態を0度として、そこから150度くらい曲げられるとされています

この可動域には、実は2種類あるのです

能動的可動域受動的可動域です

聞き慣れない言葉かもしれませんね

能動的可動域とは、自分の意思で他の力を借りずに動かせる範囲を示します

この自力というのは、その関節に関わる筋肉以外の力は借りず、という意味なので、例えば太腿の前側をストレッチするときに、足をつかんでかかとをお尻に引き寄せますが、これは手で足をつかむという、膝関節運動には関係のない部位、筋肉の力を借りでいるので、自力ではなくなります

そう考えると、私たちがやっているストレッチのほとんどは、受動的可動域を広げるものです

それはそれで柔軟性の維持や筋の疲労回復などに効果があると思います

ただ、能動的な可動域に全くフォーカスしなくていいのかな?という疑問を常々感じていました

例えば、変形性膝関節症などの障害がない限り、健康な方なら正座ができますね

この時、踵はお尻についています

では、片脚立ちになり片方の膝を曲げていき、踵がお尻についた状態をキープできますか?

おそらくほとんどの方ができないと思います

私の場合、エアロビクスのステップの一つ、レッグカールをやる時などは、膝を曲げて勢いよくかかとを後ろに蹴り上げるので、一瞬かかとがお尻につきますが、つけままキープするのはなかなか難しいです

正座ではかかとがお尻につくくらい膝が曲がるのに、空中で膝を曲げて踵をお尻につけようとすると届かない

この違いがまさに受動的可動域と能動的可動域の違いなのです

正座をするときは、下腿を床にそろえて、その上から体重をかけた状態で膝を曲げていくので、踵がお尻に食い込むくらいまで曲がります

これは、自分の体の重みという、直接膝関節の屈曲には関与しない力が働いたためです

ところが、レッグカールのように立ったまま片脚の膝を曲げるときは、このような外力が作用せず、膝関節の屈曲筋群であるハムストリングスの力だけで曲げるので、正座の時ほどの可動域が得られません

筋肉には、長さー力関係というものがあり、関節運動が何も起こっていない状態の長さ(静止長)よりも引き伸ばされた方が強い力が発揮できます

(社団法人全国柔道整復学校協会監修 生理学 改訂第3版 南江堂 より引用)

一方で筋収縮が起こって短くなるにつれて、発揮できる力は低下していきます

膝関節の屈曲筋群であるハムストリングスの場合は、股関節を屈曲して膝を伸ばした時に、静止長よりも引き伸ばされた状態になります

わかりやすく例えると、椅子に座って脚を水平に伸ばした姿勢です

トレーニングをする方なら頭に思い浮かんだかもしれませんが、これはハムストリングスを強化するレッグカールマシンのスタート姿勢と同じですね

このポジションが最も効率よくハムストリングスの筋力を発揮できるのです

一方で、膝を曲げていき膝の角度が鋭角になるにつれ、例の長さー力関係に従って発揮できる力は低下します

そして、ある程度短縮したところで、ほとんど力が発揮できなくなる、つまりそれ以上は筋力だけでは曲げられなくなるのです

この、受動的可動域と能動的可動域の差は、関節によっても異なるし、個人差もあると思います

 

で、ここからは私の考えなのですが、能動的可動域と受動的可動域の差が大きいほど、怪我のリスクが高いのではないかと思います

能動的可動域の範囲で動いている限りは、これは自分の筋肉で動きがコントロールされていると考えられます

しかし、何かの弾みでこの範囲を超えて関節運動が起こった時、関節にはかなりのストレスがかかるのではないかと思います

ストレッチでも、手で体の一部を押したり引いたり、あるいは壁や床などに体を固定させて外力を加え、受動的な可動域まで筋肉を引き伸ばすことがありますが、これはゆっくりと力を加えていくので、関節へのリスクは少なく、それを上回る筋肉のリラックス効果や血行促進効果が得られるはずです

でも、急激に可動域を広げようと勢いや反動をつけたりすれば、リスクの方が上回ります

また、誤った着地動作や転倒などのアクシデントで、思わぬ外力が関節に加わった時なども、能動的可動域を超えて関節が動き、筋や腱の損傷、脱臼などの怪我につながります

日ごろストレッチやヨガなどのエクササイズで柔軟性を高めることは、大切なことだと思いますが、それと並行して、可動域を大きく使った筋力トレーニングも必要なのだと、改めて感じます

筋力強化を伴わない柔軟性の向上は、実は危険をはらんだものだと再認識させられます

 

ちなみに、柔軟性に優れている体操競技の選手やバレエダンサーなどは、おそらく能動的可動域=受動的可動域なのではないかと思います

そうでなければ、あの演技は不可能ですから

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました