Go To Gym!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

昨日の中級エアロのクラスに、数か月ぶりに参加してくださった方が

なんでも、つい最近まで、職場からジムの利用を禁止されていたとのことでした

まだそんなふうに思われていたんだ

と、悲しくなります

未だに、ジム=感染のリスク大

という誤った認識をする方がいるようです

以前にもブログに書いたように、ほとんどのフィットネスクラブは、4月の緊急事態宣言が出される前から、利用人数の制限 や施設利用者と従業員の体調チェック、施設の消毒など、万全の感染予防対策をとって営業しています
それ以来大きなクラスターは一件も発生していません

気が付けば半年以上に及ぶ『コロナ禍』と言われる状況下で、今は感染予防と経済を両立させることが重要とし、政府はGo Toキャンペーンで観光業や飲食業をバックアップしています

そのおかげか、この前の4連休は多くの観光地でかつてに近い賑わいを見せましたね

このGo Toキャンペーン、コロナでいわば濡れ衣を着せられたに等しいフィットネスクラブにも必要です

感染を恐れて施設を利用しなくなった方々の中には、一部は自分でトレーニングを工夫したり、オンラインレッスンなどでエ クササイズの機会を確保した方もいるでしょう

でも、大半はエクササイズ難民なのです

この影響は必ずこの後露わになります

メタボやロコモの増加
認知症の増加
うつ病・・・などなど

運動不足、不活動が原因で生じる心身のトラブルが、近い将来急増するはずです

コロナ太りどころでは済まなくなります

Go To Gym!キャンペーン

と称して、例えば入会金や数か月分の会費を国が補助するとか、期限を設けて月会費の50%を国が負担するとか

今のフィットネスクラブは、会費収入が激減してしまい、お得なキャンペーンを実施することすら困難な施設も少なくありま せん
それを国の補助金で補てんすればいいのです

フィットネス産業は、観光業や飲食業に比べたら市場規模の小さな業種でしょうから、そんなに大きな国家予算を必要とする こともないでしょう

観光や外食の機会が増えることは、感染拡大につながりかねません
つまり、経済への好影響と国民の健康への悪影響を両天秤にかけながらの施策なのです

でも、フィットネス産業を後押しすることは、そのまま国民の健康増進につながります
経済にも国民の健康にも、どちらにもいい結果をもたらすのです

Go To Gym!キャンペーン

実現を強く望みます

このブログ、どなたか厚労省や経産省関係者の目に留まることを祈ります(笑)