温度差

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

コロナ第7波はピークを越えたようですが、まだまだ東京都では連日1万人弱の新規感染者が報告されています

今年の春先あたりの6波に比べたら,ピーク時にはその倍近い感染者数が報告されていますから、いつ誰が感染してもおかしくない状況のはず

ですが、不思議と第7波と言われるこの夏以降、あまり身近なところで感染したという話を聞きません

第6波のときは、仕事先のクラブのスタッフやインストラクターなどにも感染者が出て,連日代行依頼の連絡が絶えない状態でした

私自身も、自分は感染を逃れたものの、2月の後半にはダンナが陽性となり,2週間近くレッスンをお休みせざるを得ませんでした

あの頃は本当に感染が身近なところに迫ってきているのが肌で感じられ、嫌な緊張感のある毎日を過ごしていました

あの時に比べたら,今は数値上はそれを上回る感染状況なのに、不思議と周りに感染したという話をほとんど聞きません

第6波の時のように、インストラクターの陽性が判明して急遽代行要請、という連絡もほとんどありません

そんな中、最近気になるのが、感染予防のためお店の入り口などに置かれた手指の消毒剤です

ちゃんと手指を消毒して入店する人が減ったような気がします

コンビニの入り口やスーパーなどに置かれたものは,おそらく半数以上はスルー、そのまま消毒もせずに入店していますね

コンビニのトイレから出てきたと思ったら、そのまま手も洗わずに店内に向かう人を何人も目撃しました

お店の人もそれに気づいても見て見ぬ振り

明らかに社会全体の感染に対する危機意識が薄れているのを感じます

その一方で、私たちが働くフィットネスクラブはというと、入館時の検温と手指消毒、さらにはスタジオ入場時にも消毒、そしてマシンやスタジオで使用したステップ台やマットなどの消毒が徹底されています

スタッフや私たちインストラクターはもちろん,お客さまである会員さんの皆さんが、少しの不満も漏らすことなくご自身で率先してやってくださっています

その感染対策に対する意識は、おそらく2年前の緊急事態宣言による休業が解除されて以来、全く変わらないか、むしろ高まっているかもしれません

だから、私の周りにはほとんど感染者がいないのだと思います

クラブの内外での温度差を感じてしまいます

感染の収束を政府先導のワクチン接種や新薬開発に頼るばかりで、個人でできる感染対策がおろそかになっていては、収束はまだまだ先になりそうな気がします