「未分類」カテゴリーアーカイブ

大事なことを見落としていませんか?

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

多くのフィットネスクラブが3月の初旬から、休業やスタジオレッスンの休止などの措置をとっていましたが、先週あたりから通常営業を再開したところも少なくありません

これまで以上に施設の衛生管理を徹底し、ジム内に消毒スプレーを常備したり、こまめにマシンを消毒したり、定期的に窓を開けて換気を行ったりと、スタッフの方々の努力に頭が下がります
また、施設内での人の密集、密接を防ぐために、マシンを一台おきに使用不可にしたり、スタジオレッスンの定員を参加者同士の間隔が2m以上とれるように設定するなど、いずれのクラブでも、通常時よりも運動施設のキャパシティーに制限を設けています

ただ、ここで一つ疑問が

マシンにしろスタジオにしろ、通常営業時に比べてそのキャパシティーは確実に少なくなっています
なのに、来館人数に制限を設けないのはなぜ?

もし、今のように施設の利用に制限を設けた状態で、平常時と変わらない人数の会員さんが来館されたら、スタジオには入れなかった方々は行き場を失います
また、レッスンに参加したい方々が、スタジオ前に並んで待つため、そこで人が密集します
ジムでも、マシンが空いていないため、ストレッチコーナーなどに人が密集してしまいます
お風呂や更衣室などでも、同様の混雑が生じるでしょう

運動エリアでいくら工夫をしていても、館内全体で受け入れ可能な人数を考えないと、密集状態は避けられないかもしれません

例えば、チェックインした人数が一定数に達したら、それ以降のチェックインを一時的に停止し、一人チェックアウトしたらお待ちの方にチェックインしていただくようにするのはどうでしょう

館内全体にいる人数を一定数以下に出来れば、特定の場所に会員さんが密集するのはある程度防げるでしょう
なお、その場合、一人の方が長時間滞在すると、その分利用できなくなる方が出てしまいますから、滞在時間に制限を設ける必要があると思います

また、せっかく来たのに、いっぱいでチェックインできないという状況を避けるため、来館人数をリアルタイムでウェブサイト等に反映させる必要があります

入退館システムの変更などを伴い、簡単なことではないかもしれないけど、フィットネスクラブでクラスターを発生させないためにも、必要なのではないかと思います

当然、この様な対処をすれば、会費を払っているのに好きに使えないのか!というクレームもたくさん出るでしょう

今、そんなこと言っている場合ですか?

日本どころか、世界が大きな危機に直面しているのです
世界中の人々が、いろいろなことを我慢して、この危機を乗り切ろうとしているときなのです

それでも、フィットネスがカラオケやテーマパークなどの遊興施設とは異なり、営業することが出来ているのは、私たちの健康維持に運動が大切ということが認知されているからなのです
その運動を提供する施設からクラスターを発生させないためにも、ある程度の我慢はしなければならないと思います

と言う、一人のフリーインストラクターのつぶやきが、どうかクラブの経営陣の方々の耳に届くよう、どうぞシェアしてください

好きを極めたい人集まれ!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

エアロビクスインストラクターとしてデビューしてから、気付けばもうすぐ24年

その間、フィットネスを取り巻く環境は大きく変化しました

そんな時代を経ても、未だにエアロとステップ中心でレッスンしている私は、ある意味流行に乗れていない人なのかもしれません

でも、25年前、養成コースの門を叩いた私が目指していたのは、まぎれもなくエアロビクスインストラクター

その初志を貫いて今に至ります

 

なんて、格好いいことではなく、ただ好きなだけです(笑)

その『好き』を極めた結果、このような機会をいただけました

http://www.jafanet.jp/event/forum/

3月28~29日に開催されるJAFAエキスパートワークショップで、講師を担当します

テーマは

『サステナブルエアロ~参加者も指導者も続けやすいエアロの勘どころ~』

24年間を振り返ると、それはいろいろ苦労することもあったけど、でも、一度もエアロを嫌になったことはなかった、レッスンはいつだって楽しい

だから、ここまで続いてきたし、これからも、体が動く限りは続けたいと思える

もしかしたら、そんな私流のエアロビクスへの取り組みが、指導の行き詰まりやプログラムを考える苦労、参加者の期待へ応えようとするプレッシャーに苦しんでいるインストラクターの方の助けになるのではないかと思い、提案しました

絶賛申し込み受付中です!

 

紅葉ドライブ

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

毎週火曜日は、國學院大學のエアロビックダンスの授業ですが

今日は学園祭の片づけ日ということで、授業はお休み

そのことを先週初めて知り、思いがけないお休みをもらった気分で今日を迎えました

この一週間の間に考えていたプランを本日決行!

今が紅葉のピークを迎えつつある、栃木県塩原市と日光市を結ぶ、日塩紅葉ラインドライブです

 

 

 

 

 

 

 

今日の相棒は2号車マーチです

またまた、ナビなし号での地図を片手のドライブです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が良くて、紅葉も真っ盛りで、青空に映えます

塩原温泉郷から日光までのドライブの後は、そのままいろは坂経由で中禅寺湖まで行くつもりでしたが、日光市街に入ると渋滞にはまり、全然進みません

3連休明けの平日にもかかわらず、やはりこの季節は紅葉目当ての観光客が多いみたいですね

しかも、日光東照宮をはじめとする『日光の社寺』が世界遺産に登録されたからでしょうか、外国人観光客がすごい!

これでは、いろは坂も渋滞でドライブを楽しむどころではなさそう

なにせ、マーチはマニュアル車なので、上り坂の渋滞は地獄です(笑)

早々に計画変更、渋滞の道をそれ、とりあえず北上しました

そこで出会ったのが霧降の滝

 

 

 

 

 

 

 

日本100名滝の一つです

そして、こちら

 

 

 

 

 

 

マーチの後ろの看板にご注目ください

もう40年近く前に、小学校の移動教室で宿泊した林間学校の施設です

バスに揺られてきた場所に、今度は自分の運転でやってきました

 

霧降高原を後にすると、最短のインターから高速には乗らず、日光例幣使街道を通って鹿沼インターへ向かいました

日光例幣使街道とは、江戸時代に京都の天皇家の使いが、日光東照宮に奉られた初代将軍家康公の法要のために通った道とされています

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの杉並木が何キロも続いています

そこで、今日のお土産、梨をゲット!

もう千葉や茨城の直売所は店じまいしてしまい、都内のスーパーでも見かけなくなった梨ですが、このあたりの『にっこり梨』という品種は長持ちするので、今が旬だそうです

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな顔はしていませんよ

私が落書きしただけです(笑)

予想外のお休みと、晴天と、紅葉が見事にマッチして、満足な一日を過ごせました

本日の総走行距離、約400㎞

 

 

夏の恒例行事2019

今年も心肺蘇生とAEDの資格更新講習に行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に国際救急救命教会のCPRライセンスを取得したのは、もう15年以上前

それから、毎年8月は必ず更新のために、実技講習と試験を受けています

蘇生のためのガイドラインは、最初の頃とずいぶん変わりました

以前は、胸部圧迫、いわゆる心臓マッサージでは、胸の中央部、胸骨が4~5㎝沈むくらいがちょうどいいと言われていて、トレーニング用の人形を用いた練習でも、38~51㎜のところが至適範囲とされていました

それが、今はもっと強く、5㎝以上は圧迫しなければ、十分な効果が期待できないとされています

 

 

 

 

 

 

これは、今日の練習の一回目の結果です

以前のガイドラインであれば、38~51㎜の範囲に入っているので、合格レベルですが、今はこれでは不十分、不合格となってしまいます

これを見た講師の先生に、大きな声を出せば、圧迫も強くなるかも、とアドバイスされて、チャレンジした二回目の結果がこれ

 

 

 

 

 

 

 

1回目よりも圧迫の強さが増して、人形の胸部が深く沈んでいるのがわかります

CPRは、1分間に100回のリズムで胸部圧迫30回と、2回の人工呼吸を1セットとし、それを心拍が再開するか、救急隊が到着するまで続けなければならないのですが、この胸部圧迫30回を規則正しいリズムで必要な回数を行うために、必ず

1と2と3と4と・・・28、29、30

と、声に出して数えながら行います

その声が大きいと、なぜか押す力も大きくなるようです

十何年間、毎年受けている講習ですが、毎回新しい発見、学びがあります

 

そして、

CPRのガイドラインも時代とともに変化しています

特に、AEDが普及した今は、CPRとAEDの相乗効果で救命率が上がると言われています

ずっと昔に、資格取得のためにCPRを受講したけど、それきり一度も更新していない

何てことでは、いざという時に全然役に立ちません

そもそも、体がその手技を忘れてしまっているでしょう

 

毎年同じことをまた言わせていただきますが、

 

CPRの講習を受けていない

もう何年も更新していない

 

そういう運動指導者の方がいたら、今すぐ受講してください!

インストラクター、トレーナー、運動指導者を名乗るなら、なくてはならない知識と技術です

上総城めぐり

先月末は、ダンス発表会、研究助成報告書の提出と、怒涛のごとく時間が過ぎていきました

この二つを全力で乗り切った自分へのご褒美は、ドライブ(笑)

昨年秋に乗り換えた2号車マーチで、春の房総半島へ

そう言えば、この子で遠出をするのは初めてかもしれません

今度のマーチもナビがついていないので、数日前から地図を見ながらドライブ計画を立て、iPod のメモにこんなふうに道順を記しておきました

 

 

 

 

 

 

 

 

私のいつもの作戦です(笑)

このメモのおかげで迷うことなく最初の目的地、久留里城に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場の桜はほぼ満開

そこから天守閣まではかなり歩くのですが、ルートは2つ、舗装された道か、未舗装の遊歩道

迷った末に後者にしました

雨上がりなので、土の上に落ち葉が積もった山道は滑りやすく、誰もこのルートを昇ってこないのがよくわかりました(笑)

汗ばみながら登っていくと、こんな風景が

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてようやくお城とご対面

 

 

 

 

 

 

復元された天守閣は、3重の造りでやや小ぶりですが、青い空に白い壁が映えます

久留里城を後にした後、次に向かったのは大多喜城

お腹が空いていたので、登城前に腹ごしらえ

 

 

 

 

 

 

駐車場の隣の茶屋で、とろろ定食をいただきました

季節の筍の木の芽和えとわらび餅が美味しかった(*^_^*)

ここからまた5分ほど急坂を昇り、天守閣へ

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと曇ってきたので久留里城のような写真は撮れませんでしたが、やはりここでも桜は満開

 

 

 

 

 

 

この大多喜町は、まさに房総半島のど真ん中

ここからさらにまた東に向かっ走り、いすみ市に向かいしました

外房の海はもう目の前

内房の君津市から外房のいすみ市まで、まさに房総半島のど真ん中横断ドライブです

ここまで来ると、海を見ずに帰るのはもったいない

当初のドライブプランにはなかった大東灯台や一宮の海岸に寄り道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、マーチが主役になっていますが(笑)外房沿いを九十九里まで北上し、千葉東金道路経由で家路につき、トータル245㎞走破

ひさしぶりにバッテリーと自分に充電できました