卒業!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

早いもので、あの事件から3年が経ちました

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1646

受傷した方の右肘関節の可動域は、完全には戻っていないけど、日常生活には全く支障を感じないし、筋力も十分回復し、以前と変わらない重量でのウェイトトレーニングもできるようになりました

それでも、この3年間定期的な通院は継続していました

昨日は数ヶ月に一度の診察日

ちょうど3年ということもあり、X線とMRI検査を受けました

 

右が3年前、受傷直後のMRI画像で、丸で囲んだ部分の黒いくの字状に見えるのが、切れた内側側副靭帯を含む組織です

左が昨日撮った手術後、3年経過した画像です

その黒い帯状の線が、しっかり上腕骨に向かって伸びています

断裂した靱帯を手術で縫合したのですから、当然と言えば当然ですが、改めてこうして画像で比較すると、回復したんだなぁ、と実感

そして、昨日で3年間にわたる通院が終了となりました

長かったですね

まさかこんなに長くなるとは予想もしませんでした

でも、リハビリで支えてくださった先生方のおかげで、一度も通院を苦に感じたことはありません

だから、この『卒業』も、嬉しさの中に、ほんのわずかにさみしさが混じります

船橋整形外科クリニックの先生方、事務の方々、長い間お世話になり、ありがとうございました


リニューアル

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

すでに何度か私のブログをご覧いただいている方はお気づきと思いますが、本日ブログをリニューアルしました

以前のヘッダーの写真やデザインは、2016年、4年前に作成していただいたものでした

髪の毛が茶髪ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ運営会社、夢ブロ様からのご案内で、2月頃からリニューアルを計画していました

写真も4年前に撮影したものなので、この機会に新しくとり直してもらうつもりでした

そのスタジオの予約までした直後の、緊急事態宣言

撮影日が延期に延期を重ね、ようやく6月に入ってから撮影となりました

今回撮影をお願いしたスタジオはこちら

https://lasp-inc.com/

地元葛飾、柴又帝釈天のすぐそばにあるスタジオです

撮影時期がコロナウィルスの感染が拡大していた頃だったので、あまり遠くには行きたくないと思い、地元で探して見つけたところです

スタジオと言っても、マンションの一室に背景の白いスクリーンや照明がセットされた、コンパクトな施設で、はじめはちょっとびっくりしたのですが、いざ撮影が始まると、生まれて初めてモデル気分を味わえました(笑)

前回のブログ用の写真を撮影した時は、自分で考えたポーズをいくつかとって撮影してもらったのですが、今回はカメラマン(と言っても女性の方です)の勧めるポーズを何種類も、1時間以上かけて撮影していただきました

撮影していただいたショットは、100枚どころではないと思います

その中から悩みに悩んで選んだショットを、ヘッダーに使用しました

これまでのヘッダーのデザインとはガラッと変わり、落ち着いた雰囲気になったかな?

相変わらず車大好き人間ですが、今回は、愛車を封印しました(笑)

 

そして、今回デザインとともに、タイトルも変更

フィットネスはサイエンス!

このタイトルにしたのは、私がフィットネスインストラクターになるきっかけにあります

それは、多分長くなるので、次のブログに記そうと思います(笑)

 


オンラインバースデー

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は実家の父の82歳の誕生日でした

土曜日ということもあり、数週間前までは、姉妹と実家に集まろうか、なんていう相談をしていたのですが、最近東京を中心に新型コロナウィルス感染者が急増していることから、高齢の両親宅に集合するのは控えようということになりました

そこで姉の提案で、LINEでのオンラインバースデーパーティー

パーティーと言っても、飲み食いする訳ではありませんが、時間を決めてのグループビデオ通話で誕生日を祝いました

両親と姉妹3人が通話にそろったところで、3人で一斉にクラッカーを発射!

 

そして、用意しておいたろうそくに火を灯してハッピーバースデー!

 

あ、もちろん父本人に吹き消してもらうのは無理なので、私が代理で消しました(笑)

2か月後の9月には、母が誕生日を迎えますが、その時にはコロナ感染が収束に向かっていることを祈ります

 


フェイスシールド使ってみると・・・

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日自作したインカムマイクのヘッドセット一体型フェイスシールド

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2656

実際にレッスンで使ってみると、いくつか改善点がありますが、マスクよりもはるかに楽にレッスンできます

心配していた曇りやアクリルシートの揺れによる視界の悪さは、ほとんど気になりません

ステップのレッスンでも使用しましたが、足元が見づらいということは全くなく、不安なく昇降できます

ただ、動いているとシートの重さが加わるためか、ヘッドセットがだんだん前にずれてきて、口元に来るようにアームの長さや角度を調節しておいても、二枚目の写真のように下がってきてしまいます

 

 

 

なので、今日はこれまでよりも頭頂部にかかるアームを短くセットし、がっちり頭にフィットさせ、さらにこれまではほとんど使っていなかった、この滑り止めパッドで側頭部にしっかり固定できるようにしました

 

これが功を奏したのか、今日のレッスンではマイクの位置がずれてしまうこともなく、レッスンに集中できました

このタイプのインカムマイクを使用している方には、ぜひお勧めしたいです

とは言え、なかなか自分専用のヘッドセットを用意するのは難しいと思うので、スタジオの担当者の方にぜひ提案してみてください

インストラクターの方は、自分専用のアクリルシートだけ用意すればいいのです

クラブの方でインカムマイクにマジックテープの片方を張り付け、もう一方を各インストラクター専用のシートの両端に貼りつければ、準備完了ですから

ただし、これをつけてレッスンすると、顔汗が半端ではありません

マスクのように息苦しさこそ感じないものの、やはりシールドの中には熱がこもり、風も当たらないので、めちゃくちゃ汗をかきます

いつもしっかりメイクでレッスンされる方は、メイク崩れの対策もお忘れなく(笑)


フェイスシールド作りました

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日ブログにアップしたように、一部のレッスンはマスク着用が義務付けられています

マスクを着けてのエアロビクスやステップなどの有酸素プログラムは、予想はしていたけど、やっぱりきついです

そうでなくても、動きながらしゃべる私たちは、有酸素運動と言いながら、かなり無酸素運動寄りになることも珍しくありません

そこにさらに換気を制限するマスク装着となると、これはもう完全に無酸素運動

先日も30分の初心者ステップクラスと、45分のエアロビクスをやった後、しばらくの間頭痛まではいかないけど、なんとなく頭が重い感じが続き、これは酸欠?と思いました

この先も感染予防対策をとったレッスンはしばらく続くので、フェイスシールドの方が自分の身体のことを考えるとよさそうです

材料もクラブからいただいていたのですが、そこで問題となるのがヘッドセットマイクとの両立です

 

 

私たちがよく用いるタイプはこの製品で、今レッスンを担当している4カ所のうち二カ所はこれと同じマイクを使用しています

しかも、その二カ所のクラブでマスク着用のレッスンが義務付けられています

このタイプのヘッドセットマイクは、頭にしっかりフィットするので動き回ってもずれにくく、耳にひっかけるタイプと違って、耳の上が痛くなったりすることもありません

実は、これと同じヘッドセットマイク一式が我が家にあるのです

5年前までチーフインストラクターとして勤めていた東急フィットネスクラブAXIA取手が閉店するとき、支配人の許可を得て、スタジオで使用していたヘッドセットマイクを持ち帰っていたのです

そこで、家でヘッドセットマイクとフェイスシールドを一緒につけたらどうなるか試してみました

すると、先端にマイクがついているアームが頭の横に突き出ているため、この上からフェイスシールドをつけることはかなり難しいことが判明しました

どうしたものかと考えた末、思いついたのが、ヘッドセット一体型フェイスシールド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやってくっつけたかというと、これです

 

ダイソーで売っているマジックテープで、着脱可能なフェイスシールドにしました

ヘッドセット側にはこんな感じに

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド側には両端にこうやって貼り付けました

 

なので、当面はこの自分専用ヘッドセットとシールド用のアクリルシートをスタジオに持って行って使用することになります

インプレは後日改めて