シニア女性,長生きに最適な体格は?

どんなに年をとっても
ほとんどの女性は太りたくない
と願うけど・・・

 

シニア若返り体操の専門家
ねつひさこです!

 

フレイルではなく
BMIが23~24
最も死亡率が低く

 

フレイルの場合は
太っているほど死亡率が
低リスク

 

早稲田大などの研究チームが
京都府亀岡市に住む
65歳以上の1万912人について
健康状態や生活習慣を調べた結果
上記のことが明らかになりました。

 

そもそも
フレイルとは
「加齢により心身が
老い衰えた状態」
を言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また
BMI(Body Mass Index)とは
「体重と身長から算出される

肥満度を表す体格指数」です。

 

 

 

 

 

研究チームの渡辺大輝助教授
(早稲田大学・栄養疫学)
下記のようのまとめています

「高齢者では
適度に太っている方が長生きと
言われてきました。

でも今回の研究では
フレイルの有無で
状況が異なるとわかった。

高齢者の痩せすぎは
長生きの妨げになりますが

太っている方が
長生きするとは限らない

日々身体を動かし
バランスの良い食事をとり
社会参加に積極的に取り組むなど

生活習慣の見直しによって
フレイルを改善することが大切」

 

どんなに長生きしても
やりたいことや
行きたいところへ
行けないのは悲しい💦

 

日々の生活習慣を整え
身体も心も健やかにしていくこと
人生の質を維持するためにも
大切ですね。

 

 

健やかに若々しく生きていこう!
登録はこちらから
⬇⬇⬇

関連記事一覧