不安を最小限に抑える!

オリンピックチケット返金分で
壊れたクーラー、買おうっと!😢

 

シニアの心と身体に寄り添う
体操インストラクターの
ねつひさこです!

 

先週土曜日ワクチン接種2回目
終了しました。

 

注射自体は1回目より痛くなく
あっという間に終わり、

 

当日は腕が上がらないとか
全くなくて
かなり拍子抜けしましたが
翌日の夕方頃から熱が38℃でました。

 

でもこれも想定内で
仕事もお休みにしていたので
安心して寝ていることができ
翌日にはほぼ平熱に。

 

仲間内では私が一番早くて
「どうだった?」とみんなに
聞かれました。

 

その中の一人に
状況を伝えたところ

 

「ワクチン接種後の副反応の
症状ばかり聞いていたので
対応策がわかって安心した」と
言われ、

 

私も接種を終えた周りの人から
「熱がでた」
「身体がだるくなった」
「吐き気がした」など
副反応の症状だけを聞いていたので

 

そうならないために
出来ることはないかなと
接種前の問診で
お医者さまに聞いてみたのです。

 

すると症状を最小限に抑えるには


★水分をたっぷりとること
(脱水症状を防ぐため)

★適度に動くこと
(血栓を防ぐため)

 

これさえ気をつけていれば
熱がでても1日休んでいれば
大丈夫よ!と・・。

 

よく考えてみたら
当たりまえのことなんだけど

 

これだけでも私は安心して
過ごすことができました。

 

誰にとっても未知の
ワクチン接種、
不安があって当然です。

 

それに加えてネガティブな情報のみだと
人はさらに不安になり、恐怖を覚え
しなくてもいい心配をしてしまいます。

 

これは運動もおんなじです。

 

苦手な人や嫌いな人にとっては
運動は
きついだろうからついていけない
身体が固いから諦めている
歳だから、
あるいは
太っているからムリ

 

そんなネガティブなイメージを
持っているのです。

 

そんな心配や不安を
取り除いてあげられるかどうかは
指導者の腕にかかっているんだろうな。

 

「身体ってうごかすと気持ちいいんだ」

 

「こんなに楽しいならもっと
早く始めればよかった」

 

なんて言われたらサイコ~ですね!

 

さあ、暑い夏がやってきました。

 

水分をたっぷり摂って
楽しく動いていて
夏を乗り切りましょう!!!

最高の人生にするにはまずは体力だ!
ということでオンラインレッスンご案内中
⬇⬇⬇

関連記事一覧