ぐっすり眠るコツ!

最近、
セロトニンとメラトニンの関係が
とっても気になる(笑)

 

健康運動指導士
ヘルスケアシニアアドバイザーの
ねつひさこです!

 

世の中、こんな状況ですが
有難いことに運営する体操サークルに
ポツリポツリと新規の方が
入会してくれています。

 

その方たちが声を揃えて
おっしゃるのが

 

「ここで体操したその日の夜は
ぐっすり眠れるんです!」

 

ということ。

 

シニア世代は
現役世代から比べると活動量が
ガクッと低下してしまいます。

 

ぐっすり眠るためには身体が
適度に疲れていることが必要で

 

昼と夜のメリハリが少ないと
睡眠が浅くなります。

 

最適な睡眠時間7~8時間と
言われている現役世代に対して

 

シニア時間の最適な睡眠時間は
6~7時間。

 

年齢とともに睡眠の質や量が
減るのは自然なことですが

 

なかな寝つけなかったり
夜中に何度も目が覚めてしまうと
眠りが浅くなってしまいがち。

 

そうなると
翌日は身体がダルく、
頭もボーっとしてしまい
活動量が低下するという悪循環に
陥ってしまいます💦

 

だからシニア世代は
昼間はできるだけ意識して
外に出て活動的に過ごすことは

 

ぐっすり眠るために
とても大事なこと。

 

一日を活動的に過ごすと
セロトニンというホルモンが
たくさん分泌されます。

 

 

 

 

 

セロトニン
睡眠ホルモン「メラトニン」の
原料になるホルモン。

 

睡眠とは切っても切れない関係で、

 

セロトニンちゃんは
(いきなり「ちゃん」呼ばわり!)
夜になるとメラトニンくんに変わり
体温を下げ熟睡へと導いてくれるのです。

 

だから昼間セロトニンちゃんを
たっぷり出しておきたい。

 

そんなセロトニンを増やすには
以下のようなことが効果的。

 

★朝日をしっかり浴びる

★リズミカルな運動
(ウォーキング、深呼吸、良く噛む)

★グリーミング(ふれあい)

 

 

 

 

コロナ禍の中
家に閉じこもる日が続き
睡眠が浅くなってしまっていたら

 

感染対策をしっかりした上で
まずは外に出て
深呼吸してみることから
初めてみませんか。

 

最高の人生にするにはまずは体力だ!
ということでオンラインレッスンご案内中
⬇⬇⬇

関連記事一覧