新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます🐉
2024年が始まりました🙌

2023年を振り返ると、
【学びの整理の年】でした。

4つの組織を跨ぎながら
今まで学んできたことの全てを再確認し、
正否を問うてわかったことは
『もう知識は要らない』ということ。

技術は増やしていきたいと思いますが、
もう知識を増やす学びは必要ないのだと
そう確信できた一年でした。

それだけ世の中に溢れたものからアンテナを張り
選別して学んでこれたのだと誇らしく思います。

2024年は、
知識の山を独り占めせずに
伝承することに力を注ぎます。

以前、世間を賑わすほど人々にご迷惑をおかけしている会社に勤める友人が、こんなことを話していました。

「いろんなことを思って会社から離れることを選択する人もいるけれど、自分には全くそういう気はなくて、むしろ会社に貢献したいと思ってる。辛いのは三役で、気丈に振る舞っているけれど、相当きついと思うし、それに比べたら業務に多少の影響はあっても日常ががらりと変わるわけでもなく、先々の保証ももらえている社員が今すぐどうのってことは必要なくて。どうしたらお客様の信用を取り戻して会社の収益が回復するかとか、自分にできることを見つけて貢献したいんだよね。一社員が一人でできることなんて限られるけどさ」

社員の鑑です。

これまでずっと、その会社その職業にすごく思い入れがあるようには思えなかったのですが、役職付きの人間としての責務と社会人としての生き様のこだわりを強く感じました。

男女問わず山下真司さんや松岡修造さんのような熱血タイプのリーダーもいますが、それとは真逆のような友人が果たしてその胸に秘める熱い想いを周囲に吐露できているのかと心配になります。

ひとつ言えるのは、
『共に働く人たちは、きっと働きやすい』
ということ。

誰かに負担が偏らないように配慮して、
各々が背負うべきものを背負うことで
平等に痛み分けをしながら支え合う

そういう組織を作ろうとする友人を見て、
友人としてとても誇らしい気持ちになりました。

同級生の集まりで仕事の話をすることは実はほとんどないのですが、聴いてみると、熱い想いが込み上げ、自分の未来MAPが洗練されていきます。

2024年はたくさんの友人・知人に会い、とにかく話をすることを第一目標にしたいと思います🐉

本年もどうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️

mana

関連記事一覧